読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジカル〜マジカル〜本気カル!

こんちは!
え・・・え〜と、いきなりですが・・・
なんか、最近和田がイリュージョンを起こしますw
前から俺から逃げるために特訓してきたみたいです。
イリュージョンと言ったら魔法!
魔法と言ったらマジカル!
マジカルと言ったら、本気と書いて「マジ」と読む・・本気カル!
・・・すいません。何も考えずに言ってましたw
とにかく!和田がイリュージョンを使いうんで困ってますorz
これは昨日の事です・・・・
〜昨日の事〜
俺「ジャンプ面白れぇ〜!!」
和「なに読んでるの?」
和田登場
俺「ん?ジャンプだよw」
和「ジャンプってさ〜少年漫画!!!って感じの週刊誌だよね〜wwww友との友情・・・・・知恵・・・・そしてバトル・・・・。そんなのが詰めこまれた漫画だよねぇww俺が特に好きなのは〜・・・「脳噛ネウロ」と・・・・「ムヒョの魔法相談事務署」かな〜wwアレはどこが面白いっていうと(ry」
ウザ過ぎ
俺「・・・・・・・・セイ!!」
封印!!
和「うっひゃあ!!!」
完了!
俺「はっはっは!!そんなにジャンプが好きなら、しおりになれれば本望だろ!!」
俺「さて・・・・様子でも見てみるか・・・・」
パカ・・・・・
アフロ
俺「!!!!っ!!っっ!!っ!!!!!!!っっ!っ!!」
和「は〜はっはっははっはっはははっはっははhゴホゴッホ!!」←むせた
俺「どこだ!!!」
和「ここだよ!」
イリュージョン
和「見たかね?僕の実力を!!!はははははh―――――
少し黙ってろ
和「いや・・・・すんません・・・・ちょっとふざけ過ぎました・・・」
その時は、まあ許してあげましたよw
うはwwwwwテラヤサシスwwww
〜それから1時間後〜
俺「エッビマヨマヨエビマヨ〜♪エッビマヨマヨエビマヨ〜♪エッビマヨマヨ〜♪」
俺が歌いながら俺の部屋に入ろうとすると部屋から和田の声が・・・
俺は、こっそり聞いてました。
和「ピザのCMの曲あるじゃん?」
㌧「エッビマヨマヨ〜♪ってやつ?」
和「そうそうwwwアレダサくね?www」
㌧「そうか?俺結構好きなんだけどww」
和「それを歌ったりしてる奴ってありえねぇよなww」
あははははは☆
そうでございますか(♯^ω^)ビキビキ
㌧「あ!俺ちょっとTUTAYA行ってビデオ返してくる」
和「そっかwじゃあね〜」
俺「聞い〜ちゃった☆
俺「てめぇなんか・・・・こうしてこうだ!!!!」
和「やめ!!!!!ちょ!!止めろ!!!」
封印!!
和「なにする気だよwww」
俺「ふぇっふぇっふぇwwwww」
和「ちょwwwwその鉛筆はまさかwwwwww」
くらえ!!
破裂
俺「この瞬間が面白い。こんにちはARuFaです。」
俺「ってんん!?」
和『はっはっはっはっはっは!!』
増えてどうする
俺「ちょwwwwwwキタコレwwwww」
和『これで俺達は無敵さ!!はっはっはっはっはh――――ガシ!
PS2の刑
んで、そのまま下に降りて飯食ってまた戻って来たら・・・居なくなっているorz
怒りのボルテージが上がっていきましたw
俺「コレはどうしても捕まえなければ・・・・そうだ!!」
ハロー!
この人(?)は俺のK,Kさんの友達の読者の方がくれました!ありがとう!!!
名前は「メカ沢」らしいですw
そして、早速の出番w
俺「と、言う事で和田をおびき寄せてくれ!!」
メ「わかりました!!」
では早速!作戦開始!
暗闇
暗闇に女の人(?)・・・・・あまりにも危険ですw
だがコレで和田も来るはz―――
キタ―――!
和「僕と、いっしょにお茶でもしないかい〜?」
何ナンパしてんだよwwww
メ「いえ・・・私・・・メカなんで、オイルのほうが・・・」
和「ははははww面白いねぇ〜ww」
カッ!
俺「そこまでだ!!!!!!!!!!!!!!!」
和「ちくしょう!!!逃げるか!」
メ「待って!!!私を置いて行かないで!!」
和「フォ・・・・・・・フォーーーーーーーーーーーーーー!!!」
俺「今だ!!!」
和「フォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!」
・・・・こうして和田は無事、捕獲しましたw
メカ沢さんの演技のおかげですなw
和田は今、机の引出しの中で反省していますwww
この罪は、いつか償ってもらいます。ふっふっふっふwww
では、お楽しみに・・・・
ではまた!!!