読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おさんぽ

こんちは!
俺の家の隣には、ばあちゃん家があります。
ばあちゃんの家には犬の「サチ」がいるんですが、最近サチは太り気味なんです。
なので、サチのダイエットのため、今日俺はサチと散歩にでかけました。
行くぞおら
サ「つかwwww今時ウォーキングダイエットとか流行らないだろがwwwww」
俺「あのな、楽してダイエットするとリバウンドしやすいんだよ。」
サ「えー・・・・アブトロニックとかがいいんですけど・・・」
俺「体毛が多すぎなんだよお前。」
最初は、近くの広場に行きました。
全体写真撮るの忘れましたw
広場全体の写真撮るの忘れたんで、前使った写真でw
俺「すげー!桜満開じゃんー!」
ふぅ
サ「・・・・じゃ、帰るか。」
俺「はえぇよ。走ったりしないと痩せないよ。」
サ「えー・・・だって・・・腹減ったしさー。」
俺「もう腹減ったのかよwwww」
サ「それよりさ、俺、すげぇあのテンションの高い女の子が気になる。」
えびぞり
俺「すげぇ、叫びながらえびぞってるwwwwwww」
サ「腰悪くするぞあれwwwwwwwww」
俺「まあいいや、とりあえず、むこうの公園行こう。」
サ「腹減って死にそうなんだけど・・・・まあいいや・・行こう。」
そんで近くの公園へ。

サ「階段登るのでもう・・・疲れた。」
俺「ダメ犬が。」
サ「ん?・・・あれ?すっげぇ良い匂いがするんだけど!!」
俺「匂い?・・・全然しないけど。」
サ「犬は人間より鼻良いんだよwwwすげぇ美味そうな匂いが・・・あ、あっちだ。」
公衆便所
俺「便所ですね。」
サ「なんかもう、生きていく自身を無くした。」
?「あ!おーい!ARuFa〜!」
俺「ん?誰だあの人は・・・・・あ、同じ学校の女子じゃんw」
サ「なんだお前、彼女かよwwww」
俺「ミンチにすんぞ。」
サ「すまん。」
友達
A「キャー!かわいいー!・・・この犬噛むー?」
俺「腕を引きちぎられるよ。」
A「うそ・・・・・」
B「いやwww冗談だろwwww」
A「じゃあ撫でちゃおー!」
ナデナデ
俺「いけ!噛み殺せ!」
A「え?・・・・・」
B「いや、冗談ですよねwwwww」
んで、友達と別れ、その辺を歩きました。
俺「さっきの友達どうだった?」
サ「もう、腹が減りすぎて食おうかと思った。」
俺「つか、さっきも言ったけど、桜凄いよね。」
トンネルみたい
サ「もうね、この際、僕桜でも何でも食べる。」
俺「あ、桜の花びらだ!」
うおおおおお
サ「うめぇ!何この桜!うんめええええええええええ!!!」
俺「さっきそこでどっかの犬がうんこしてたよ。」
サ「どうりでさっきの便所に似た匂いが。うん。」
サチのテンションが下がったところで、道を進んで行くと、変なテントとテーブルがありました。
なにこれ。
サ「もうね、腹減ってる僕には、ホットドック大会でもあるんじゃねぇかと思っちゃいます。」
俺「お前がドックじゃねぇか。」
いいツッコミをしたところで、サチが他の犬と会ってしまいました。
勃発
サ「おんどりゃ!俺のナワバリに入ってんじゃねぇぞオラ!!!!」
犬「デブwwwwwwwwwwwwwww」
サ「てめぇ早く俺のシマから出て行かないと痛い目見んぞコラァ!!」
犬「すげぇデブwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
飼い主「まあ、元気なわんちゃんねー。でもちょっとおでぶねw」
俺「どうみてもデブですよねこの犬。」
サチのテンションが下がりまくったところで、家に帰ることに。
サ「やっと帰れるのか・・・・今日は疲れた・・・」
俺「まあ、今日はよく運動したから、この調子でいけば痩せるんじゃない?」
サ「うん。俺頑張って痩せるよ!」
ただいま
サ「今帰りましたー!」
俺「ただいまー!」
サ「ばあちゃん!から揚げくれ!あと、その何かよくわからない物も食いたい。それと牛乳。」
俺「お前は馬鹿野郎か。」
多分、コイツ痩せる気ありませんよ。
ではまた!
 
 
 
おまけ
こんな会話もしました。
サ「知ってる?アイドルってトイレ行かないんだぜ。」
俺「ああー、よく言うよねー」
サ「そうそう。俺的にあれは本当にトイレ行ってないよ。」
これはダメですね。
俺「今の状況じゃ説得力が無さ過ぎるけどね。」
サ「俺も言いながら思った。」