読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルリレロ〜!

こんちは!
みなさん・・・知っていますか?
マクドナルドでマックフルーリーを注文するとき「フルリレロ〜!」と言うと、
マックフルーリーの割引クーポンが1枚もらえるのです!!(5月7日まで)
お財布の中身が大変なことになっている俺にとって、このチャンスは逃せません!
と、いうことでやってきました!マクドナルド!!!
すごい目がしぼしぼする。
原因不明の目のしぼしぼにも僕は負けません。クーポンのためならば!(撮影Ajelくん)
負けない!
いざ、マクドナルドへ!!
うへへ・・・ってあれ?
なんか店員がいませんでした。これは予想外ですw
でも呼びます。
俺「しーましェーン!!」
声を出したら来てくれました。
ちょwww
でも僕のいるカウンターの横のカウンターに店員さんが来ました。僕の嫌われ方は異常です。
しょうがないので、店員さんの目の前に行き、注文をします。
マックフルーリー1つ
俺「マックフルーリー1つください。」
店「はい!マックフルーリーをお一つですね?☆」
店員さんはすごくハキハキしていて、元気いっぱいでした。
俺「んで、マックフルーリーを頼むとき『フルリレロ』と言えば、クーポン券がもらえるんですよね?」
店「あ、はい!そうですよぉ☆」
俺「んじゃ、今から言いますね。」
店「え?・・・はい。」
精神集中
俺「あ゛ー・・・あー・・・よし。」
一般の人にとっては、ただ『フルリレロ』と楽しく言ってしまえばいいのですが、僕は違います。
僕の財布には金はもうほとんどありません。しくじれば・・・死にます。
真剣。
俺「んじゃあ、行きます。」
店「・・・・・」
ズバッ!
俺「フッル!!」
シュババ!!
俺「リッレ!!!」
シュバババ!!!!
俺「ロッ!!!!!!」
シュバン!!!!!!
俺「フルリレロォォォァァァァ!!!」
気付けば結構な大声で叫んでしまいました。一瞬空気が死んだのを今でも覚えています。
・・・・。
店員さんは苦笑いをしています。
尻を痛めた。
変な動きをして尻を痛めてしまい、尻を押さえていると、何だ何だと店員さんがもう一人きました。
ごめんね。
なんか泣いてしまいました。ごめんなさい。
店「えっと・・・お味は?」
俺「お味はオレオで。」
店「少々お待ちください。」
んで、注文したマックフルーリーとクーポン券をもらいました。
2枚もらった。
店「言い方が上手かったから2枚あげるねー☆」
と言って、2枚くれました!勝った!!!(何かに)
でも、結局財布の中身はヤバイままです。わーい。
ではまた!
 
 
 
おまけ
帰り道、盛大にAjelくんの自転車に突っ込みました。
尻をまた痛めた。
負けた。(何かに)