読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しいジャンピング講座

こんちは!
今日は、みなさんに、正しいジャンピングというものをお教えしたいと思います。
まず、ジャンピングとは「ジャンプ」のことなんですが、
みなさんはどんな時にジャンプしますか?嬉しいとき、悲しいとき、色々あると思います。
僕は、特に何も無いときにジャンプをします。ジャンプに意味はないんです。
では何故、人は何の意味も無く「ジャンプ」ということをするんでしょうか?
それは、 気 持 ち い い か ら で す 。
ジャンプをすると、自分が空中に浮きますよね。それが気持ちいいんだと僕は思います。ひひひ。
が、普通のジャンプは、ピョン!って跳んで、「わぁい☆」って感じで終わりですよね?
・・・。
こんなのジャンプじゃないです!ただ飛んでるだけですこんなの!
なので、今日は僕が皆さんにお教えする。という訳です。
簡単なので、是非試してくださいね!
まずは「跳び始め」です。
「跳び始め」とはジャンプをするための動作であり、とても重要な役割をもっています。
ジャンプする時の「跳び始め」は思いっきり姿勢を低くし、腕を振りましょう。
こうです!
これを「基本の跳び始め」といいます。
もっと発展した跳び始めはあるんですが、今回はこれだけでいきますね。
では、技を紹介したいと思います。
 
 
1.大の字
この技は難易度が低めになっています。ジャンプを極める人にとっては朝飯前ですねw
基本の跳び始め
基本の跳び始めから・・・思いっきり・・・跳ぶ!!!
ボイーン!
と、こんな感じです。
あ、いい忘れましたが、ジャンプをする瞬間に叫んでみると、ストレスが発散されますよ!
が、近所のおばちゃんが「どうしたのどうしたの!?」といってこっちに来てしまう可能性もあります。
 
 
2.エビ反り
この技は・・・腰に来ます。準備運動をしっかりしてやりましょうね!
やり方は・・・・
基本の横跳び始め
横を向き・・・そして、ジャンプ!!
ァアン!!
こうです。このポーズです!
思いっきり反りましょう。
たまに腰からなんか変な音がなりますが、リスが木の実を食べている音だと思ってください。
 
 
3.エイト・フォーム
これは、結構難易度高いです。レベル2くらいでしょうか。
やり方は、
思いっきりためて・・・
んほぅ!!!
この形です!この形なんです!
「8」の字に見えますか?正直どうだろうと思います。
 
 
4.モザイク殺し
モザイクとは、お見せできない部分を隠すものです。
例えば、お風呂上りにジャンプをしたくなったとします。
裸だし、はずかしいよぅ!!と、いう方もいるでしょう。そんなときはこの飛び方です。
ん〜・・・
はいっ!
こうすれば、モザイクをかける必要がありません。
なんという素晴らしい考え方!!
服着りゃいいんです。
 
 
5.跳び蹴り
これは難しいです。
強力な脚力と、気合と、秘めたる力、それと邪気眼があったほうがいいでしょう。
基本の横跳び始め
そして思いっきり飛びましょう!
そいや!
これで、無条件で勝てます。優勝です。
が、「ジャンプ」は人を傷つけるものじゃないので、やめましょう。暴力って怖いですよね。
 
 
6.「ガードごと吹っ飛ばしてきやがった・・・っ!!」
これも結構な難易度です・・・・
思いっきり苦しそうに、なおかつ美しくやらないといけないんです・・
バチコーイ!
俺「そんな攻撃・・・ガードで・・・」
ドゴォッ!!!
!!!!!11
ちゃんと吐血しないと、ルール上失格なのでご注意を・・・
 
 
7.空中浮遊
これは結構難しいです。少なくとも10年はかかります。
つまり、僕はこれを6歳のときから練習していたということです。
と、いうか、これはもう「ジャンプ」ではなく、もう「浮遊」です。
こんな感じです。
どっかで見たことある。
「跳ぶ」というより、「飛ぶ」のほうが正しくなるような、そんなジャンプを心がけましょう。
これができたら「神」になれるかもしれません。
 
 
はい!こんな感じでした!
が、ここで紹介したジャンピングはほんの一例。
世界にはもっとさまざまなジャンピングがあるんです!!
そういえば、僕、明日中間テストがあるんです。勉強全くしてません。
ひゃっほぉぉう!!
どうにでもなれ。
 
 
 
ではまた!