読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のお友達

こんちは!
いきなりですが、僕、新しいお友達ができました!!
こんちは
この方です!
安「ビニール袋でできているので安田っていいます!!よろしく!」
俺「よろしく!!!」
なぜ、ビニール袋=安田なのか、そしてなぜ素っ裸なのか・・・・
そんな些細な疑問は、安田くんの優しい顔を見れば吹き飛びました。
色々吹き飛んだ。
そして、安田くんと一緒に外で話している時に、事件は起きてしまいました。
ねぇ
俺「最近どうよー?」
安「え?俺?・・・俺はまあ普通かな・・・」
俺「まじで?なんかさ、悩みとかないの?俺が相談にのってやるよ!」
じつは・・・
安「そっか・・・実は俺、体が軽いだろ?」
俺「まあ、ビニール袋だしね」
安「だから、風が吹くと倒れちゃうんだよ。」
俺「そうなのか・・・」
安「だから、それを笑われるのが辛くて・・・悔しくて・・・・」
俺「大丈夫!俺は絶対笑ったりしないよ!友達だろ!?」
ぱぁぁ
安「そっか!そうだよな!!ありが――――
パサ
俺「ちょwwwwwwwwww言ってるそばからwwwwwwwwwwバカヤロwwwww」
安「笑ったな!!!!!!」
俺「だってwwwwwwおもしれぇwwwwwww」
安「この野郎!ARuFa野郎!!糞野郎!!!死ね!!!」
俺「なんどでもいいなさーいwwwwwwwwwwwwwwww」
安「この 犯 罪 者 予 備 軍 ! ! ! ! !」
んだこらぁ!
この、「犯罪者予備軍」と言う言葉は絶対に言われたくなかった言葉です。
僕は我を忘れてつかみかかってました。
うおらぁ!!
俺「この野郎!取り消せ!!今すぐ取り消せ!その言葉をぉぉぉぉああああ!!」
安「何度でも言ってやるよ!犯罪者予備軍!犯罪者!!はーんざーいしゃー!!!」
俺「この野郎おおおおおおおおおおおおおおお!!!!」
こんちは
俺「ぶっ殺してやる!!この『体重無し夫!』!!」
すごい汚い言葉を言ってしまいました。これには通行人のおばちゃんもびっくりです。
安「んだとこらあああああ!!!」
これには安田くんも大激怒。僕に襲い掛かってきました。
うおわっ!
すごいパワーでした。「体重無し夫」のくせに。
ぎゃあああ
安「取り消せ!今すぐその言葉を取り消せぇぇぇんんんんぽぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
俺「ぎゃあああああああ!!なんか角がチクチクするああああああああ!!!」
こんちは
これには、通行人のお姉さんもビックリです。僕もビックリして腰が抜けてしまいました。
が、それに怒った俺は、すごい反撃を!!
うおらぁ!
ぶおぉん!
安田を中に投げ飛ばし・・・・
安「うおわぁ!!!」
俺「ふふふ・・・お前が落ちてきたら最後だ・・・」
そして安田が落ちてきた所を、必殺!犯罪者予備軍キック!!!!!
膝の曲げ具合が犯罪者予備軍

外しました。

そして勢いのあまりコケてしまい、何か凄いヒジの打ち方をしました。
そして、俺がヒジの痛みに悶絶している隙に、安田に押さえ込まれてしまいました。
アッー!
安「俺の勝ちだ。」
俺「ごめんなさい。」
そうです。僕は負けてしまいました。
僕が素直に謝ると、安田くんは風に乗り、飛んでいきました。
今日は風が強い日でした。
きっと・・・僕はもう安田くんに会うことはないでしょう・・・・・。
でも、安田くんは僕に大切なことを教えてくれました。ええ、色々と。
もう会えなくても僕は安田くんを忘れることはないでしょう。
さようなら!安田くん!そしてありがとう!
ではまた!