読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人でも大丈夫!

こんちは!
今日はなんと、ある発明をしてしまいました!
実は僕、とても寂しがり屋なんです。
ウサギは寂しいと死んでしまうといいますが、僕は爆発してしまうんです。
そんな、寂しがり屋な僕が発明したもの、それは「一人でも大丈夫装置」です!
これは、一人でも決して寂しくならない。そして楽しめる装置なんです!
まあ、百聞は一見にしかず。見てみましょう。
素晴らしい
見てくださいよ!この完璧なボディ!指ですけど。
構想2秒。建築時間16年!物凄い超大作です。指ですけど。
この装置は簡単に作れるんで、作り方を紹介しますね。
1.手に家族の顔を描く。
2.完成
すごいですよね!ツーステップですよ!
ちなみに、左から、弟、母、僕、長女、次女です。
完璧
父親は人数の関係で描きませんでした。指が6本でも6本目にはうんことか描くので、父は描けません。
遊び方、というか、この装置の使い方は、「指を家族だと思って会話させる。」これだけです。
説明だけじゃわからないと思うので、実演してみますね!
ショートストーリーっぽくしたので、見てみてください。
 
 
1.自己紹介

母「はじめましてー。母ですーよろしくお願いします〜」

俺「どうも!ARuFaです!ブログやってますー!」
長女
長「はじめましとぃ!長女です!ARuFaの妹ですー!!」
次女
次「こんにちはっ!次女です><・・・特技はブリッ子ですぅ!」

弟「うんこぶりぶり!」


 
 
2.おこづかい
ねー!
俺「おこづかいくれよー!」
母「だめー!」
俺「いいじゃんよー!30万!せめて5000万!!」
母「ぶっ殺すぞ」
なになに!?
長「なになに!?おこづかい!?お兄ちゃんだけずるいよ!私も!!」
母「だからあげねぇっつってんだろ。」
俺「じゃあくれよ!逆に。」
なあに!?
次「おこづかいぃ?私も欲しいなっ!」
母「ブリっ子してんじゃねぇよ。」
俺「ブリ子が。」
長「ブリ大根が。食うぞ。」
次「正直、すまんかった。」
俺「つかよー!おーこーづーかーいー!金ー!!」
くれ!
母「だから、あげねぇよ。」
俺「ケチ!ケチ野郎!」
長「ゲリ野郎!」
次「太郎!!!!」
母「お前等ちょっと表ろ。」

弟「なに!?おこづかい!?うんこぶりぶり!ぶり夫!」




 
 
3.空気
あぁ?
母「つかよ!お前空気読めよ・・・なんだよいきなり『うんこぶりぶり夫、うんこ美味しい!』ってよ・・」
弟「ごめんね!でも止められない!うんこ大好きなんだもん!」
この野郎
母「この野郎!!!」
俺「やめろって!」
ガシッ
母「はーなーせー」
俺「そんなに怒るなよ!」
母「・・・・・・・」
俺「俺達はいつも一緒に笑っていようよ!!争いなんていけないよ!」
母「・・・・・・・」
俺「毎日楽しく生きようよ!楽しんで!笑ってさ!!」
母「そうだね・・・・」
弟「うん・・・・・・・・・・・・・・こぶりぶり!!!」
母「あっはっは!」
俺「わっはっはっはっは!!」
長「なになに?どうしたの?何かよくわかんないけど、あははははは!!!」
次「わたしもー!仲間に入れてー!!!」
あはははは!
こうして、ARuFa家に笑顔が戻ってきたのであった・・・・
 
 
なんか、涙が止まらないので、もうやめます。
ではまた