読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕 VS ボール

こんちは!
ボールそれは・・・・丸いもの。
丸いものは、一つも平面がありません。つまり、どんな攻撃をしてもまともにダメージを食らわないんです。
そして、今日は俺の長女の誕生日です。関係ないですけど。
つまり、僕はボールと闘わなきゃいけないんですよ。残酷な運命ですね。
そんなわけで、公園に行きました。
楽しそうな親子。仲良く遊ぶ子供達がいます。のんきな人達ですね!!!
僕はボールと闘う運命なのに・・・遊んでるなんて・・・悔しいです・・・・
その悔しさをボールへぶつけるべく!いざ勝負!
おらぁ!
俺「あのなぁ、お前なぁ、勝てると思ってんの?この俺様に。」
が、ボールは喋りません。シカトなんていい度胸ですよ全く!!!!
ぶぉっ!
俺「フライング・・・」
エルボモドキ!
俺「エルボァ!!」
先手必勝!と、いうことでいきなり仕掛けてみました。ボールも驚いてます。
が、その代償は大きい
腰というか、背中というかどこかの骨をうちました。
ボール・・・なかなかやる相手です!
んだらっしゃ!
叩き付け
ボインッ!
怒りに身をまかせ、ボールを地面へ叩きつけます。
そして落ちてきたボールを・・・・
ダダッ!
まさか!
俺「オーバーヘッド!!!!!」
サーセンwwww
俺「あっふんっ!」
チキンな僕にはオーバーヘッドキックなんてできません。セクシーキックになってしまいました。
肩が\(^o^)/オワタ
手をついた拍子に肩が外れかけました。何かもうどんどん体がボロボロになっていきます。
自分でもびっくり
肩を外したのがよかったのか、物凄い飛びました。大ダメージです!
HEY!
そして、その落ちてきたボールを空中でキャッチし・・・そのまま地面へ!!
ガフッ!
俺だけ大ダメージですよもう。もうすぐ死にまーす☆
おらぁ!
が、すぐに起き上がり!
ボーン!
最後の一撃です!!
クリティカル!
コケてM字開脚してる僕はいいとして、ボールは物凄いダメージを受け、飛んでいきました!
・・・・
俺「・・・・・・・。」
なんかもういいや。
勝ちました!
 
あの四天王の一人、ボールに勝ちました!!!
最後のほうは何かもう凄い事になりましたが勝ちました!
明日は、四天王、残りの三人のうちの一人と戦ってきます!
公園の王者になるのはこの僕です!
ではまた!