読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギャグの王道をやってみる

こんちは!
最近は何やらお笑いブームみたいじゃないですか。
オリエンタルラジオや、にしおかすみこ、小島よしおなど色々な芸人さんがブレイクしています。
が、僕が思うに最近の芸人さんは昔の笑いを取り入れてないと思うんですよ!
まあ、新しい笑いを発見するというのも大事だとは思います。
が、やはり昔からの王道の「笑い」も大事だと思うんです。
今回は僕が昔からの笑いの王道だと思っていた「ダチョウ倶楽部」さんがよく昔やっていた
「熱湯風呂」
に、挑戦したいと思います。
デロデロデーン
これはもう結構有名ですよね!
最近は、小島なんとかさんが下手こいてしまったので余計に有名になりましたよね。
そうです。ホニャララよしおさんです。
が、今回の俺は本気です。
60℃
60℃の熱湯に突撃したいと思います。
風呂の温度は48℃までしか上がらないみたいなので、シャワー温度を60℃にしてその湯を浴槽に入れました。
なので、現在の浴槽の中の湯の温度は60℃というわけです。
突入後、熱くなった身体を冷やすため、ちゃんと氷も用意しました!
1つ
多分死にます。
では!早速!挑戦です!!
凄く怖い
正直、メチャクチャ怖いです。60℃の風呂なんて初めて入るんですもん。
湯気も結構
湯気さえも結構な熱さです。
お約束
ここでお約束のあの言葉を叫びます。
俺「押すなよ!?絶対押すなよ!!!!絶対に押すなよ!!!?絶対押すな―――
ザップンヌ
俺「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
!!!!!!!??!?!?
俺「熱わあああああああああああああああああああああああああああい!!!!!!!!!!」
なんか頭でかくなってる
ジャンプしないと死ぬ
何ですかアレは本当に!!!何ですかあの温度はまじでほんとんぢsdsdjsdjhしぽぬっそklm;
やばいマジでやばい
服が熱湯を吸い上げて大変です。熱いとかそういうレベルじゃないです。
急いで水を浴びました。
無理無理無理無理無理
なんか身体中が痛いです。日焼けのときの10倍くらい痛いです。

そういえば氷を忘れてました。
が、氷を肌につけても全然冷たくありません。
ボシャ
結局役に立たちませんでした。
・・・・
正直まだ熱いです。
湯船に使った瞬間、身体に激痛が走り、反射的に身体が跳ね上がりました。
あの一瞬なのにこんなに死にそうになるなんて恐るべき熱湯です。
まっかっか
ちょっと画像ではわかりにくいですが、肌がまっかっかです・・・・
ほかにも、太ももや、肘裏など、肌の薄い部分が真っ赤になりました。
俺「もう、絶対やりません。」
これが本当の『真っ赤な誓い』です。
書いてる今でも太ももが痛いです。あとでアロエでも塗っておきます。
ではまた!
 
 
 
おまけ  Wikipediaウィキペディア)で「熱湯風呂」を調べてみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E6%B9%AF%E9%A2%A8%E5%91%82 
熱湯といっても、煮えたぎるような熱湯ではやけどをしてしまうので、
45〜50度前後の「入るのがつらい」程度の水温で実施される。
 
60℃は やりすぎだったみたいです。そりゃそうです。