読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒲焼きさん太郎

こんちは!
・・・昨日の日記を更新できず、本当に申しわけありません!
日記はちゃんと書いたのですが、日記を書いている途中にログアウトをしてしまい、
それに気付かず日記を更新。→反映されない。
んで、23時だったので、確認もせずに急いで就寝・・・という・・・なんとも僕の不注意です。すいません。
今度からは気をつけます!
はい!今日は、この前大量に買った「蒲焼きさん太郎」で、色々してみたいと思います。
こちら
昨日より枚数が少ないのは、僕が食ったからです。我慢できませんでしたw
寿司にしました。
なんか、美味いんだか不味いんだか、とにかくグレーでした。
まるで、僕がやる部屋の掃除ぐらい中途半端でした。大体隅っこにホコリがいっぱいです。
今日僕は、散乱した蒲焼きさん太郎を見て、思いました。
俺「積もう。」
と。
なんですかデジャヴとか言わないで下さいよもう。
んで、とにかく僕は蒲焼きさん太郎を積み上げることにしました。
ストローが大事
ただ積むだけだと、高さが出ないしつまらないので、ストローを挟むことにしました。
これにより、つまらなかった積み上げ作業が面白くなり、
しかも、タワーに高さが出るようになり、
しかも、今まで気になっていたあの子に告白され、
しかも、何気なく買った宝くじが大当たり、
しかも、ずっと前から欲しかったロレックスの時計が空から降ってきたりと素晴らしいことが起こるのです。
8割方嘘です。
僕は、ストローを入れたことにより、楽しく蒲焼きさん太郎を積み上げていました。
寒い部屋、孤独に耐えながら震える指先で蒲焼きさん太郎を積んでいましたが元気です。
俺「お・・・・お・・・・・うしょっ!!・・・おk・・・次は・・・ストっ・・ストロー・・・・イヒヒイヒ」
が、
パテ
10分かけたのに、半分もいっていないところで崩れてしまいました。
俺「・・・・・・・・・・・もう寝ようかな。2度と起きない眠りに。」
弱音を吐いてしまいました。が、負けません。
僕は、みなさんから頂いたコメントを思い出しました。
umekiti2「トランプタワーの様に立てるのはどうですか?」
俺「!!!!!!!!!!!!!!!」
僕はumekiti2さんから頂いたコメントを実行することにしました。夏野菜。
お ぉ ・・・
おれ「これは すごく しゅーる です ね 。」
1段目完成
1段目の完成です!なにこれ!凄いおもしろい!!!
そして、何かを悟ったような顔で、着々と2段目を作り上げていきます。ほほほ。
つか、なんかさっきからココさんが蒲焼きさん太郎の匂いを嗅ぎまくってます。大丈夫か。
そしてなんだかんだで2段目が完成。
おお!
俺「おお!!やろうと思えば出来るもんだなwwwwww」
なんかだんだん楽しくなってきましたwwwww
ココさんも楽しいのか、物凄い勢いで蒲焼きさん太郎の開き袋の匂いを買いでいます。大丈夫なのかこれ。
残りの蒲焼きさん太郎と、タワー完成までの残り枚数を計算してみると、まだまだたりそうです。
なので、ちょっと増築することにしました。
ほい
これをすることにより、より大きいタワーができるのです!
俺「うっひょおおおおお!!俺天才wwwwwwなにこれwwwモッコリコンモーリwwwwww」
寒い部屋に僕の叫び声がこだまします。
そしてランラン気分でどんどんタワーを積んでゆき、3段目の完成!
・・・!?
と、言いたいとところなんですが、3段目の床部分のところで蒲焼きさん太郎が無くなってしまいました。
あああああ
なんか、計算を間違えたみたいです。嫌だわぁ・・・(怖い事件をニュースで見たおばさん風)
うん
しょうがないので、本家(トランプ)を取り入れることにしました。
ココさんはもう寝ようとしています。
俺「よっし!じゃあもう一頑張り!!」
と、意気込んだその時。
ドボラリソ
崩れてしまいました。
ああ・・・・
でも、極小サイズのタワーが残りました!これはなんという奇跡!
バンザーイ
これはもう喜ぶしかありませんね!
ニコニコ
バンザーイ
ニコニコ
バンザーイ

ドゴムッ
舞う舞う
飛ぶ飛ぶ
ヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ
俺「ヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケケ」
楽しすぎてつい・・・ね。
ココさん大興奮
もう、寝ていたココさんが凄い勢いで蒲焼きさん太郎を食ってるので慌てて止めました。
アイディアをくださったumekiti2さん!そのほかのみなさん!ありがとうございました!
正直、蒲焼きタワーは俺的にかなりおもしろかったですw
飛び散った蒲焼きさん太郎はきちんと集めて食べました!
【証拠】
わーい
わーい
わーい
わっ・・
・・・

わーい!
わーい
俺「いただきまーす!・・・ごぇ・・・がぇ・・・ぐぁあ・・・濃い!濃い!・・・えぇええ・・・うぇ・・」
ごっつぉさん
俺「ぁあ・・えぁ・・・うべぇ・・・え゛ぇぁ・・・・うほっ・・うっほ・・・げぁああ・・・」
バイバイ
ではまた!