読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会にあふれる「嘘」に喝を! 2

 

やあ、みなさんこんにちは。
私の名前はウキツネ。「嘘」や「偽り」が大嫌いな男だ。
私はこの世にあふれる「嘘」や「偽り」を無くすため、日々努力している。
今回の嘘、偽りの対象は・・・・「ロウソク」だ。
ロウソク・・・と、いったら、まあ、ケーキに立てるロウソクを想像する者が多いと思うが、
今回の対象は、「SM用ロウソク」だ。ふふ。
ロウソクといったら・・・炎を灯せば、溶ける。当たり前のことだ。
その溶けたロウソクはとても熱い。それも当たり前のこと。
だが、聞くと、SM用のロウソクは、低い温度でも溶けるらしいのだ。
なんだそれは?・・・何なんだそれは?・・・そんなの偽りじゃないか!
熱くないロウソクだなんて、ロウソクではないと私は思う。
だが、まあ、「ロウソク」という名前で販売していて、低温で溶けるロウソクだったら問題だが、
「SM用ロウソク」という名前で販売しているので、別に嘘でも偽りでも無いわけだ。
だが!!
そこは私的に譲れない何かがある・・・・なんというか・・・言葉では説明できない何かだ。
と、いうことで、今回は本物のロウソクを使い、「本物の熱さ」をみなさんにお教えしようかと思う。
今回使うロウソクは、低温で溶けるSM用ではなく、普通に市販されているものを使う。
残り物
家にこれしかなかったので、サンタさんのロウソクを使う。
サンタさんも「こんなことされるために生まれて来たんじゃないのにな」という感じだろう。ふふっ
そして、同時に私はある発明をしてしまった。
でーん
名付けて『自分で熱々ロウソク立て』だ。
一人きりでも、自分に溶けたロウソクを垂らせられる、素晴らしい道具である。我ながら最低かもしれない。
これをセットし、早速、検証(?)開始だ!
ふふふ
正直言ってしまうと、これをしたかっただけなので、嘘なんぞどうでもいい。
ただ、この私に熱々のロウソクが垂れればそれでいいのだ。
でもまあ、ロウソクの熱さなんて、たかが知れている。どうせ大したことは無いn――
クソ熱い
私「オッフゥ!!!」
何なんだこの熱さはっ・・・・これは・・・イイッ・・
うう・・
だが・・・こんなものに負ける(?)私ではない!!
ポト・・
ビクンッ
私「ィヒッィアッ・・・・・・熱いっ・・・」
だが熱すぎる・・・・これではさすがに楽しむことは出来ないかもしれない。
はぁはぁ・・
ゥウッ
私「ンゥッハぁ!!!」
ィイッヒッヒ
こんなことを繰り返すこと数回・・・私の中の何かのテンションが上がってきた時、事件は起きた。

弟が来た。
唖然
なんというか、空気が死んだ。
ドアを開けたら、仮面をかぶり、カメラをセットし、アブノーマルな事をしている兄がいたのだ。無理はない。
弟「あ・・・ちょ・・・・え?」
私「・・・・やぁ。私はウキツネ・・・・嘘、偽りが大嫌いな男さ。」
弟「おかあさーん!!・・・お兄ちゃんがぁー!!」
私「!!!!!!!!!!!!!!」
仮面を外してマジ説明
こればっかりは、母に見られたら私は東京タワーから飛び立つ覚悟だ。
さすがの私も、死にたく無いので、弟に真剣に説明した。
弟「じゃあ、お兄ちゃんは、世のため、人のために、ロウソクをあびてたの?」
私「ああ・・・そうだ。」
弟「本当は?」
私「趣味。」
弟「おかあさーん!!!!!!」
結局言われた。死のう。
 
 
 
 
・・・どうだったでしょうか?
と、言っても、何が「どうだった」のかわかったもんじゃないですね。すんません。
とりあえず、言えることは、「もっと低温の方がよかった」ということです。これは厳しい。
そして、背中に貼り付いたロウソクが取れません。どうしよう。
取れません。
もう絶対にしません。熱いの嫌いだもん☆
実は、僕の日記、僕と同じ学校の人が結構見てるんですよ。
同じクラスでは、9人くらいが見ています。(内、5人が女性)
今度の学校が楽しみで仕方ありません。悪い意味で。
ではまた!