読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日をスポーティに過ごす

 
 
〜朝〜
 
朝。携帯電話のアラームで私は起床する。
7:50
俺「あれぇぇぇぇ!? なんでこんな時間になるの゛ぉぉ゛ぉぉ!!!?!!?遅刻じゃああああああ」
ガバッ
ピャー!!
俺「ってなんじゃこりゃあああああああああああまたかあああああああああああああ」
Tシャツを着て寝たつもりが、なぜか母親の水着を着ていた。なんとスポーティなことであろうか。
母「朝っぱらからうるせぇええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!」
俺「ごめえええええええええええええええええええんんんん!!!!!!!」
母「早く朝食食えぇええ゛え゛ぇぇぇええぇぇ゛えええええ!!!!!!!!!!!!!」
俺「わかったあああああああああああああああああああ」
そして俺は、朝食を豪快に牛乳で流しこみ、学び舎へと大急ぎで向かった―――
 
 
〜学校〜
結局遅刻してしまい、嫌味な先生から軽く叱られる俺。
先生「なんで遅刻したんだ!?」
俺 「土曜日かと思ったら木曜日でした。」
先生「お前っ・・・土曜日だと思ってたってお前・・・お前wwwwwwwwwwww」
何とか助かった。
今日の学校での活動は大掃除だけらしく、俺はゴミ箱洗いだった。
なんという担当であろうか。今日一日はスポーティに生活しようと思っていたのにこの担当は。
ホウキを扱う担当だったらスポーティに空を飛び、雑巾を扱う担当だったら滑って一回転でもしようかと思ったのだが、
ごみ箱掃除ですか。なんかごめんなさい。
しょうがないので言われた通りにごみ箱の内部を水ですすぎました。
アグレッシブにゴミ箱を洗った水でも飲もうかと思ったのですが、友達に本気で止められたので断念しました。
なんかケンカしている人を止めるように脇の下から腕をガシッとされました。夏野菜。
そして、大掃除が終わり部活が始まった―――
 
 
〜部活〜
俺の部活はトイレでの排尿行為から始まる。

通常こういう場所では小便用の便器で排尿をするのだが、今日はあいにくスポーティDayだ。
なので俺は大便用の個室に入り、アグレッシブに踊りながら用を足した。
するとどうだろう。なんとも大変なことになってしまった。こぼれたどころの騒ぎではないレベルだった。
大便個室で腰をかがめ、的を外したMyミネラルウォーターをティッシュで拭く作業はとても惨めだった。
が、そんなハプニングにも負けず、俺は部活を始めることにした。
学校でのスポーティな事といえば、スポーツ系の部活が一番だろう。
俺は所属しているのは「卓球部」。
世間一般のイメージだと、卓球というスポーツはそこまで激しいとは思われていないようだがそれは間違いだ。
卓球というのはとても動く。それはもう気持ち悪いくらいに動く。細かくキョバキョバと。
そして、最高時速200km/h の玉を打ち、0.2秒の攻防戦を繰り広げる卓球がスポーティで無いわけがない。
そんな卓球を、今日もこの暑い中3時間行った。なんと素晴らしいことだろう。
凄い飛ぶ友達
浮く俺
そして、部活を終え、私は家路についた。
 
ガションガション
ホッピングで。 
 
 
〜帰宅〜
家に帰った俺は、風呂を沸かすことにした。
ぬおおおお
俺「俺はあああああああああああ風呂を洗っているぅぅぅううううううううううううう!!!!!」
母「うるせぇぇええええ!!!風呂で大声出すと響くんだよおおおおおおおおおおお!!!!」
俺「ごめええええええええええええええええええんん!!!!!!!!!」
母「いいよおおおおおおおおおおおあああおああおおあああああああ!!!!」
大量にかいた汗を風呂で流す時間がとても幸せ。という人も多いだろう。俺もその一人だ。うふぅ。
あの気分は、今までの悪い思い出や失敗なども忘れさせてしまう。まさに水に流してしまうのだ。野田。
こすりーの
秘密の薬いれーの
みなぎりーの
俺「あっわあーわわー きょっおは楽しい泡曜日ー!!!!!!」
風呂であろうとも、スポーティでなければいけないのだ。と、いうのは単なる後付けで、
実際は泡風呂がただ単に好きだからだ。
いえーい
俺「いっくよおおおおおおおおおおおおおおおおん」
スフォ
大爆発
溺れた
うふふふふ
この泡につつまれる感じがたまらなく気持ちいい。まるで天国だ。
ふふふ
消える


犬神家
やはり泡風呂にこのポーズはかかせない。 白米にシャケみたいな。
新技:海坊主
スポーティな新技も作り上げてしまった。
90年代グラビア風
泡風呂は様々なことができる素晴らしい入浴法なのだ。
そして、風呂から上がり涼んでいると、なんと机の上にスイカがあるではないか。
初スイカ
早速いただくことにした。
あーん
ぎゃあ
スポーティに鼻から食ってみたのだが、鼻にスイカのタネが入り込んで本気であせってしまった。
なんかもう、どんどん「スポーティ」の定義がおかしくなっている気がするがもう正直どうでもよくなってきた。
 
 
〜就寝〜
定義も甘くなってきたところで、そろそろ寝ることにする。
これ以上続けると、ただ尻をかくだけでもスポーティ判定がついてしまうかもしれない。どんなスポーツだ。
いえやああああ
俺「もーうねーるよおおおおおおおおおおおおおお」
ひゃおおおお
ギャッホーゥ!!
・・・・
おやすみなさい。
すごいへばりつく
スポーティに寝るココさん。
 
 
→ そして次の日