読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔ながらの遊び。ブンブンコマ

みなさんこんばんわ。いや、おはようございます。いんやこんにちは。

みなさんお久しぶり。ウキツネです。
いやぁ、最近の子供達は、みんな近代的な遊びしかしないなぁと、俺はふと思ったんだ!
友達の家に行っては、ゲーム、カードゲーム、漫画、チョメチョメ・・・・
俺が子供の時は、自転車の車輪を棒的なもので転がしていていたゾ。
まあ、時代の流れに逆らえと言っているわけでは無いのだが、たまには、
「昔ながらの遊び」をしてみてはどうだろう。
今回は、私の友達、ARuFa氏の妹さんと遊ぼうと思っていたのだが、
気がついたら爆睡していたので、一人で遊ぶことにした。
ふりかけをかけても起きない。
と、いうことで、この私ウキツネが、昔ながらの遊びをレクチャーしていこうと思うゾ。
今日、みんなにレクチャーする遊びは「ブンブンコマ」だ!
ブンブンコマというのは、厚紙に糸をつけて、手で回転させるおもちゃだ。
こんなの
上手くまわせると「ブーン、ブーン、」と音が鳴ることから、ブンブンコマと言われているんだ。
では、早速作ってみよう!
 
材料はこちら。
最低限
厚紙、タコ糸、はさみ、キリ、マジック
最低限の材料がこれだから、君の考え方次第で可能性は無限大だ。まさにギャラクシー。
材料の中には危険な道具もあるから、怪我をしないように気をつけてくれ!
つぉ!
いくら気持ちがいいからといっても、キリで自分の肌をつつくのはやめよう!
ではまず、厚紙をはさみで切ろう。

理想的なのは、円盤型だが、正方形でも大丈夫だ。
今回はわかりやすいように、大きく作っているが、小さいコマの方が回りやすいんだ。
正方形に切ったら、危なくないように角を切り取ろう。
心遣い
こういう心遣いができる人が将来立派な人になれるんだ。と、小さい頃言われました。今じゃこんなんです。
そうしたら、キリで中心付近に2つ、穴を開けよう!
ブスリ
綺麗に回すには、中心の点から、対象になるように穴を開ける必要があるから頑張ろう!
このとき、いくら思いついたからと言っても、自分の目をセルフ目潰しをしてはいけないゾ。
あ゛ー
決して目覚めてはいけないこの感情は、永遠に封印しておこう。
今のままでは、君のコマはとても殺風景だと思う。とても寂しいコマになっているはずだ。模様が無いからね・
真っ白
こんな寂しいコマでは、回せば回すほど寂しい気持ちになってしまう。
そんな気持ちで遊びたくは無いので、模様を描こう。

可愛い模様、かっこいい模様・・・好きな模様を描こう。
色々な色を使って描くと、回した時にキレイなんだ! 絵を描いたっていいよ!
そんな俺はこんな模様にした。
 

なんとかっこいい模様だろうか。宇宙の神秘さえ感じる。
マジックが乾くまで、少し待とう。
その時、余った厚紙で自分の顔を夢中で叩いていると、自然と時間が早く過ぎているんだよ。
これで
んはぁ
 
マジックが乾いたら、先ほど空けた穴に、自分の手に巻きつけていたであろうタコ糸を通そう。
気持ちいいんだなこれが
みんなもつい、巻きつけちゃうよね。でも、友達に自慢しちゃだめだよ?
タコ糸を通すとこんな感じになるよ。
放水
そうしたら、タコ糸を結んで、輪のようにしよう!
そうすると、タコ糸を引っ張っても取れない。素晴らしい作りだ。
高圧水流
そうしたら、試しにコマを回してみよう。ちゃんと回るかどうかチェックだ。
シューン
あれ?
なんと、穴が中心からずれていたために、上手く回らない。
横っ飛び
そのため、コマがこうなってしまう。
それを直すため、穴を開けなおそう。
もはや何だ
そして穴にタコ糸を通し直そう!
そして何だ
すると、どうだろう・・・
ブーン
ちゃんと回るのである! そしてこの音!素晴らしい!
これで、昔ながらの「ブンブンコマ」の完成だ。
そうしたら、自分なりの遊びで遊んでみよう。
ビビビビビ
自分なりの遊び方を考えるのも「遊び」の中の一つなんだ。
では、みんな!頑張って遊んでくれ!

でも決して目覚めてはいけないよ。まじで。
では、さらばだ!