読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄修学旅行 1日目

こんちは!
今日から3、4日分の記事は、僕がこの前に行ってきた沖縄修学旅行の報告でお送りしたいと思います。
とても楽しかった修学旅行だったので、その楽しさがみなさんにも伝わるように書いていくつもりです!
では、今日はまず、1日目の報告に行きます!
ではどうぞ!
 
 
修学旅行の当日・・・僕は午前4時前に友達のウケ君に電話で起こしてもらいました。
目覚まし時計などでは、寝坊してしまう可能性が高いので友達に頼んだわけです。ハイパー他力本願男なのです。
ウケ『おはよう。朝だよ!』
俺 『結局全然寝れてないよ!!!』
ウケ『俺もwwwww』
俺 『俺、昨日の夜、何時に寝たと思う?』
ウケ『うーん・・・1時?』
俺 『正解だよ馬鹿! 馬鹿じゃねーの!?ドスケベ!」
ウケ『とにかく起きろよ。もう連絡しないからな。』
遠巻きに嫌われました。
実は、次の日が修学旅行ということで興奮し、全然寝れなかったのです。寝付けたのが午前1時頃でした。
あと30分くらい寝ようかと思ったのですが、ここで寝たら3万%寝坊するのでとりあえずリビングへ。
ギガ寝起き
もう寝不足すぎて、クラクラします。
眠気のせいで笑いのツボが恐ろしく下がってしまい、
ついには、朝食の肉まんの後ろ紙の模様だけで大爆笑してしまいました。
星柄
俺 「肉まんのwwwww後ろ紙がwww星柄wwww『美味しく食べて星い(欲しい)の』ってかwwww」
馬鹿じゃねぇの。と思いました。
んで、歯を磨いたり、顔を洗ったりして、着替えることに。
高校生にとって修学旅行の服装はとても重要です。
普段は学生服なだけに、皆、私服には気合を入れてきます。
自分のファッションセンスを皆に見せるチャンスですからね。これで異性のハートをゲットのチャンスなのです。
と、いうことで、今回の沖縄へ修学旅行に行く服は、こんな感じにかっこよく決めてみました。
俺と沖縄2008
半袖、半ズボン、麦わら帽子に、2007年のお正月にもらった、いのししタオルでコーディネートしてみました。
沖縄は僕の住んでいる千葉よりも、もっと暑いですからね! 先を見越してみました。
では、さっそく修学旅行に出発です!
馬鹿寒い
外へ出た瞬間に寒さにやられました。千葉と言えども午前4時頃の気温は殺人的でした。
が、寒さなんてただの「感覚」だと自分に言い聞かせ、自転車に乗って近くの最寄り駅に。
ちなみに虫取り網は、飛行機に乗せられるかが不安だったので置いていくことにしました。
電車待ち
寒すぎて吐きそうになりました。
途中、昔同じ中学校だった友達に会いました。
温度差が酷い
出合った瞬間、大爆笑されました。なんのこっちゃ。
 
ちなみに学校で決められた集合場所は、8時に羽田空港でして、
僕は、一人で羽田空港へ行けるのかが心配になってきたので、友達と一緒に羽田空港へ行くことにしていました。
んで、電車に揺られ、友達との待ち合わせ場所へ・・・
同じ電車の車両の向かいの席に、同じクラスの女子が乗っていましたが、普通に長袖の厚着でした。
んで、一緒に羽田へ行く友達と合流。
3人
右から、シモ君、ウケ君、バナナ君の3人です。そういえば3人とも日記でお世話になっています。
そんで、3人で一緒に羽田空港へ・・・
羽田に行くまではとても時間がかかった上に、アホ丸出しな会話しかしていないので省略させていただきます。
時を加速させるハグ
そして、約2時間後、羽田空港へ到着しました。
ウケ、シモ、別の友達
バナナ君は途中、腹痛でドロップアウトし、後から到着しました。 かっこいい男です。
少し気になって、自分のファッションと他の人のファッションを比較してみたのですが、
浮く浮く
僕以外10割は長袖でした。 麦わら帽子をかぶっている人は0人でした。夏野菜。
んで、色々な人に笑われたり、写真を撮られたりしながら、先生の指示で飛行機へ。
友達のガユ君
金属検査では、普通にパスできました。
正直、鳴ってほしいな。と思っていたので、少しガッカリです。
 
そして飛行機に搭乗・・・
麦わらヲタさん
ヲタさんが麦わら帽子に興味津々だったので、貸してあげました。
飛行機に乗るのは、2歳の頃以来なのでドキドキです。
離陸時なんて、
俺 「お!?お!?早い!!超早い!!死ぬ!!Gで死ぬ!!座席に埋まる!!埋まって死ぬ!!!」
友 「うるせぇよwwwwww」
俺 「でも!!!早い!!!え?あ、飛ぶ!!?飛ぶのか!!?うおおおお!!飛んだ!!」
友 「うるせぇよwwwwww」
俺 「こんな鉄の塊が飛ぶんだから凄いよね。 ダチョウでさえ空を飛べないのに。」
友 「りんご」
俺 「ごりら!!」
友 「ラッパ!」
俺 「パンツ!!」
大騒ぎでした。
んで、離陸後10分で
降ろせ
酔いました。
どうしようもないので、友達と話したり、音楽を聴いたり、お弁当を食べたりしていました。
うまかった
座席についている穴にイヤホンを突っ込んで音楽を聴いていたら、自然と寝てしまいました。
ヤエル・ナイムさんの「パリ」という曲を聴いた瞬間に、寝てしまいました。素晴らしい曲でした。
〜睡眠中〜
 
そして沖縄に到着。 素晴らしい暖かさです。むしろ暑いです。
皆、汗びっちょり
皆「暑い・・・」「汗びっちょりだよ・・・」「何この暑さ・・・」「日差しが強い・・・」
適温
俺「天国!!」
あざ笑ってやりました。ざまあ味噌田楽。
そして、すぐさまバスに乗り、第一観光の「ガマ」へ行きました。
「ガマ」というのは、沖縄戦争時に沖縄の方々が隠れた自然の防空壕のようなものです。
ガマの中はとても暗く、じめじめしていて、滑り、当時の物もたくさん残っていました。
当時の大変さがよくわかりました。
 
その後は、姫百合平和資料館や、そういう関連の場所に行きました。
平和資料館
他の資料館
もう絶対に戦争はしちゃいけないんだな。と、思いました。
 
途中、休憩場所のお土産屋さんで休憩をしました。
一休み
露店で、人生初のスターフルーツを食べました。
100円
熟す一歩前のビワのような味でした。さっぱり酸っぱいという感じでした。
俺 「恋の味ですね。経験したこと無いけど。」
友 「そうだね。俺も経験したこと無いけど。」
友2「あー、本当だ。経験したこと無いけど。」
皆 『ねー☆』 
妙な連帯感が生まれました。
あとは、牛の顔はめを発見したので、記念写真を撮りました。

位置が低過ぎでした。なめてんのか。
僕が友達と一緒に写真を撮ろうとしたら、ガイドさんがこっちに来てくれ、
ガイド「写真なら撮ってあげようか?」
と、言ってくれたので友達と一緒に写真を撮ろうとしたのですが、
友 「俺は恥ずかしいでやんす!! 一人で撮るでやんす!」
と、どこかに行ってしまい、僕が一人でポーズをとっていたら、ヲタさんが助けてくれました。
ありがとうヲタさん
一人のポーズをガイドさんにとってもらうのはとても寂しいんです。九死に一生を得ました。
 
そんで、一通り回ったら、今度は今晩泊まるホテルに移動です。忙しいですね。
んで、1時間くらいバスに揺られてホテルに到着。
うっほほい
ホテルが大好きな僕は、部屋に入るなり、テンション馬鹿上がりです。
俺 「お邪魔しまs・・・・・ぎゃああああああああああああああああああああ」
ぎゃああああ
俺 「あああああああああああああああああ」
カメラじゃ追えない
俺 「ぎゃあああああああああああああああああああ」
皆 『ぎゃああああああああああああああああああああ』

ぎゃあああああ
俺 「ぎゃああああああああああああああああ」
皆 『うっぎゃああああああああああああああああ』

ぎゃああああああ
俺 「ああああああああああああああああ」
皆 『ほげぁあああああああああああああああ』
俺 「そろそろやめよう。死ぬから。」
皆 『そうだね。』
その後は、夕食の時間まで、落ち着いてテレビを見ていました。
ほう・・・
落ち着いていたのにクラクラしました。
 
では少し、これから僕が沖縄で一緒に行動する班のメンバーを紹介したいと思います。

左奥が、ラユ君(新登場)、真ん中がガユ君、右手前がゴヒ君です。
ラユ君 大人しい感じの人。でもハッチャける時はもう大変。
ガユ君 空気が読めない人。常に方耳にイヤホンをつけていて、どうなのそれって感じ。でも頑張り屋さん。
ゴヒ君 素晴らしいギャグセンス。独特な裏声を使ったギャグはもはや敵無し。
俺   カス。
この4人で、沖縄では行動を共にします!
 
そして、夕食をたくさん食べました。美味かったです。
他の班の人達と
その後のお風呂は、ゴヒ君とガユ君が部屋にある小さいお風呂へ、
僕とラユ君は、大浴場へ行きました。
大浴場は、初めは人が3人いたのですが、僕達が来た瞬間に出て行ってしまいました。そんなに嫌か。
そして、僕とラユ君だけで貸切になった大浴場で、僕達は好きなだけ騒ぎました。
俺 「腰にタオルを巻く必要なんて無いんだよ!!おちんちんをオープンセサミ!!」
ラユ「ウヒャあああああおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」
俺 「飛び込めえええええええええあああああぁぁっぁぁあ」
ラユ「うひょっひゃあああああああああああああ!!!」
ドボシャ
俺 「熱すぎだろおおおおおおおおおおあああああ」
ラユ「ぎぃやあああああああああああああああ」
地獄を見ました。
その後、自分の身体にボディソープを塗りたくり、人間カーリングをしたり、
ジャグジーを独り占めしたり、叫び、血沸き肉踊るような踊りを全裸でしていました。
そして、のぼせるほど遊び、後片付けをして大浴場を後にしました。
部屋に戻ると、就寝時間までのんびりしていました。
ゴヒ「大浴場はどうだった?」
俺 「大浴場で大欲情してきた。」
ラユ「大欲情はしてないけど、貸切だったよ。」
ゴヒ「まじで!?俺も行けばよかった!ピャピャピャピャァ!」(裏声
俺 「っwwwwっwっwwwww(ツボ)」
ゴヒ「金 萬福ダヨ!!」(裏声
俺 「wwwwwwwwwwwwwwww(ツボ)」
文字ではわかりにくいですが、面白すぎて放尿しそうになりました。
 
就寝時間になたったら、みんなでお約束の暴露タイムになりました。

俺 「みんなは彼女とか居るの? 俺は居ないけど。」
ガユ「俺は居ないよ。」
ラユ「俺も。」
ゴヒ「俺も。」
俺 「じゃあ、玉ネギの話でもするか。」
暴露タイムは5秒で終わりました。
 
んで、たくさんお喋りをし、就寝したのは午前2時頃。
おやすミンチ
1日目はとにかく色々あって、疲れた1日でした。 
明日は2日目のことを書きます!
では、今日はこのへんで!
ではまた!
 
2日目へ