読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中身はなんだろう

一日に必ずといっていい程放送される、バラエティ番組。
バラエティ番組はやっぱり見ていて楽しいですよね。
が、そのバラエティ番組から、姿を消しつつあるものがあります。
そう、それはこちら!
ケーム
この「中身は何ゲーム」用ボックスです!
これは、箱の中身を見ずに、手触りだけで中身のものを当てるゲームのための箱です。
昔は、よくこのボックスが使われていましたが、最近じゃめっきり見ません。
僕は小さい頃、これに憧れていて、芸能人になったらこれをやってみたいなぁ。と、夢見ていました。
俺 「これは・・・・あ!わかった! ニトログリセリン!!」
司会者「正解でーす!!!」
と、いうような、未来を想像してワクワクしていたのですが、最近じゃめっきりTVにこれが出ないじゃないですか!
このままでは、このゲームの存在を忘れられてしまう!
と、いうことで今回、このゲームを実際にやってみようかと思います!
こんにちは
一人でやっても中身がわかってしまってつまらないので、友達のビット君と二人で対戦することにしました。
ルールは簡単。手探りだけて箱の中身をたくさん正解した方の勝利です。
 
ちなみに、中に入れるものは近くのスーパーで購入しました。
まんじゅううめぇ
奥にいるのがビット君です。
スーパーの中では、お互い別々に箱の中身を買い、相手に中身の内容を教えないようにしました。
 
そして、公園に場所を移動し、ゲーム開始です。

ちなみに今回、この勝負に勝利したものには商品が送られます。
食いかけだけど
おいしいおまんじゅうがもらえるのです! 腹ペコの味方ですね!
では、ゲーム開始!
 
 
先攻はビット君。
僕がチョイスした箱の中身はこちらです。
鼻めがね
まあ、最初は小手調べですよね。 軽くジャブ程度な気持ちで蝶のように舞うことにしましょう。
ちなみに、この写真はビット君から見えない位置で撮りました。
では、1回表、ビット君のチャレンジです!

俺  「ビット君、スタート!!」
ビット「ひょおお!! 怖い!!!」

俺  「うおお! その角度は危ない!! 指もっていかれるぞ!!」
ビット「え、えええ!?ええ、え!?」
鼻めがねにおびえる
そして、ビット君が鼻めがねに触れました。
ツン
ガタタッ
ビット「え!? 何これ!! 何!? うほおおおおおおおおおおお!!」
鼻めがねです。
ビット「怖い!!怖いぃいい!」
俺  「頑張って! こっちから何もしなきゃ、襲ってこないよ!!」
鼻を揉む
ドガガッ
ビット「モニュモミュした!! 気持ち悪いぃいい」
俺  「それがポイントだよ!!」
ビット「あ・・・・わかった・・・これは完璧にわかった!!」
俺  「では、答えをどうぞ!!」
ビット「鼻めがね!!!」
俺  「正解です。死ね。」
万歳
ビット「ぃよっしゃああ!」
正解されると、なかなか悔しかったです。
では、次は僕の番です!
 
 
ビット君がチョイスした、箱の中身がこちら
スポンジ
台所用スポンジです。 この写真も僕から見えないところでビット君が撮った写真です。
では、早速参りましょう。
ビット「スタート!!」
おそるおそる
俺  「怖い!!怖い!!!」
ツン・・・
俺  「ぅ!!」
この速さ
光の速さで逃げてしまいました。 予想以上に怖いゲームです。
が、勇気をレモンジュースのように振り絞って触ってみると・・・
もみもち
俺  「・・・ん? なにこれ・・・」
グニグニ
俺  「え・・・?・・・・うんこ!?」
ビット「違います。」
!!!
俺  「わかった!! スポンジだ!!!」
ビット「正解です! 死んでくださいよ。」
正解!
正解すると、物凄い嬉しいです! これは快感。
でも、箱の中身が見えないと物凄い恐怖で、怖すぎてショックで死にそうです。
では、再度ビット君の番です!
 
 
今回、僕が箱の中に入れるものはこちら!
アジ
この春の味覚(多分)をビット君は当てられるのでしょうか。

俺  「スタート!」
ビット「よっしゃ!!」
俺  「今回は、死人が出るかもな・・・」
ビット「どうせ、箱の中身はパンツとかでしょ!!」
ピト・・・
ビット「ギャッ」
!?
ビット「・・・ぬれてるwwwwwww」
俺  「パンツだとしたら大惨事だね。」

俺  「さあ、頑張って!!」
ビット「そいぃぃひい」
ビクビク
ひゃあん
ビット「冷たいひゃぁぁん」
なぜか絶頂
見てる側なら面白いんですけどね。
この後も、ビット君は触ってはビビリ、触ってはビビリを繰り返していました。

あげくの果てには、アジが宙に浮きました。
編集とか無しに。
そして絶頂
んで数分後、やっとビット君が答えました。
おじさんに見られながら
ビット「お魚さん!!」
俺  「まあ、正解!!!」
ビット「やったぁああああああああああああ」

ビット「うお、手ぇ臭っ!!!!」
絶頂
てんどんです。
では、僕の2回目のターンに参りましょう!
 
 
僕の番に、ビット君が用意してくれた箱の中身がこちら。
さつまいも
さつまいもです。 果たして僕は、この大地の精霊が宿る地球の恵みを当てることができるのか。

ビット「スタートです!」
俺  「ぃよーっし!」

露骨にセコい
ビット「ズルしないで下さいwwww」
ポイ
・・・
・・・ツン
俺  「何これ!!! え、何これ!? 固い!!凄い固い!!」

腰抜けた
この時、僕の頭の中では、活きの良い毛ガニを想像していました。 凄い怖い
が、落ち着いてもう一度良く触ってみると、
さわさわ
ブンブン
俺  「毛ガニじゃない・・・・うんこか!?」
ビット「違います。」

バゴッ
俺  「ここまで固いとなると・・・・わかった!!」
ボリン
俺  「さつまいも!! 」
ビット「正解です!!」
俺  「よっしゃああはぁん」
答えると同時にかじりついたので、もしさつまいもじゃなくて、本当にうんこだったらと考えると、笑えます。
お゛ぇ゛
喉に詰まりました。
ビット「よく正解しましたね!」
俺  「敗北を知りたい・・・・」
では、次はビット君の最後のターンです。
 
 
最後のビット君のターンに、僕が箱の中に入れるものがこちらです。
ごめんねビット君
オイルとライター。つまり炎です。
ビット君は質量の無いものを触り、正解することができるのでしょうか!?
カチッ
オイルを浸み込ませたダンボールに、ライターで火を放ちます。
ボボウ
さあ、準備は整いました。 目をつぶってしゃがんているビット君に合図を出します。
俺  「もうーいいよー!!」
ビット「よっしゃー!」
気付いてない
気付いてない
気付いた。
ビット「わぉぱぁ!!!!!!?!!」
俺  「早く早く! 触らなきゃなんだかわからないよ!」
ビット「そっかー!」
ボッ
左手死亡
ビット「あちょぅわああああああああ」
俺  「頑張って! まだ、なんだかわからないんでしょ!?」
ボフッ
右手死亡
ビット「あちゃあああああああああああああああ」
俺  「もう見てらんないよ!! 貸して!!」
何故
ボッ

俺  「アツゥゥゥン!!!!!!」
俺離脱
死ぬ
ビット「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃん!!」
そして一通り、お互いの腕毛が消滅したところで消火。
バッシャ
俺  「さあ、答えは・・・!?」
ビット「火。」
俺  「はい、正解。」
負傷者A
負傷者B
俺  「もうやめようね。」
ビット「うん。」
そして、ゲームが終了。
結局、消火の際に「?ボックス」をこれでもかというくらいに踏みつけてしまったので、

これ以上ゲームができなくなってしまい、3つ正解したビット君が勝利しました。
でも、おまんじゅうは僕が全部食べてしまったので、うやむやになりました。
 
確かに面白いゲームでしたが、危険がともなくことを覚悟した方が良いですね!
と、いうことは今日はこのへんで!
ではまた!