読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間戦車になろう

いつの時代も、男というのは強いものに憧れるものです。
そして、いつの時代も少年は『戦車』に一度は憧れるものです!
僕もその少年の一人です。18歳だとしても少年の心は忘れないのです。
今日はそんな心を持つ僕の友人のもぐら君と一緒に、手作りの戦車を作り上げました!
まあ、手作りの戦車というだけで、そのクオリティはたかが知れているのですが、
設計担当のもぐら君と、メカニカル担当の僕の力を合わせた結果、
手作りとは思えないような戦車が完成してしまいました!!
それがこちらです!!
 
 
制作時間30分
見てくださいよこの完璧なフォルム!
遠近感を狂わす穴
メカニカル部分は、文字通り僕担当です。
俺在中
しかも、ちゃんと砲撃も打てるんです。
その上ただの砲弾ではなく、超最新科学式の砲撃です。
とりあえず、ここでは撃てないので広い公園に移動することに。
 
折りたためる戦車
準備完了
砲撃は、まだテスト射出さえもしていなく、これが始めての砲撃でして・・・
戦車の制作スタッフも気合が入ります。
ふふふ・・・
ちなみに何故、体格の良いもぐら君ではなく、僕が戦車内に入っているのかといいますと、
規格外
砲撃室に入らなかったんです。 現実って怖い。
では、早速砲撃をしてみたいと思います。
ウィウィウィウィ
今回使用する、最新鋭の砲弾がこちらです。
一発30円で
砲弾名を通称『K−MURI玉』です。
ちなみに、的となるのはこちら
どうも
このブログのマスコットキャラ『ルジョンド=和田』 型の的です。 気合が入りますね。
では、この砲弾をセットして、いよいよ砲撃開始です!
しゅうぅう
ズボ
火をつけた、煙玉をダンボールの中に入れて・・・
よいしょ
煙玉をこぼさないように、そっと煙玉の入ったダンボールに顔を入れます。
死ぬ
早速、目と呼吸器官を煙でやられましたが、ここは耐えます。
シュモモモモ
視界はゼロで、呼吸もできません。 その上煙が熱くて死にそうです。
そして、この状態でどのように砲撃を撃つのかといいますと、

このように、自分でダンボールの横腹をぶち叩き、
バンッ!
ボフッッ・・・
このように、煙の砲撃を撃ちます。
ファァア・・・
ファサァ・・・
煙は標的に対する直接的なダメージはありませんが、少しでもこの煙が標的に触れれば大丈夫なのです。
この理由は後々説明しますね。
お゛え゛ぇ゛
俺 「ブベバブブブブブ!!!!」
そんな事よりも、煙玉の煙がどうしようもありません。 息がやばいです。
この戦車の唯一の欠点は、たまに砲弾の煙玉が飛んでいってしまうことです。
砲弾ポロリ
こうなったらこの砲弾は諦めましょう。 セコい考えで砲弾を素手で拾ってしまわないようにしましょうね。
もったいない
ジュ
ビックラ
俺  「熱ぎゃぁああああああああああああああ!!!!」
もぐら「はっはっはっはっは!」
 
実は今日は、風がとても強くてですね・・・
煙を打ち出すこの砲撃にとっては最悪の天候でした。
場所を変えて、煙を打ち出しても・・・

ボフン
ファァア
風により、標的に届く前に煙が消えてしまいます。
が、先程に命中させた煙が効いたのか、
この時の煙で
標的に変化が出てきました。
しゅうぅぅ
そうなのです、標的が燃え出しました。
実はこの煙。 とても『特殊』な煙でして・・・
触れた物質の、分子やら原子やらミトコンドリアやらを、一斉に振動させることが出来るのです。
物を構成する分子などが、一斉に振動すると、とんでもない摩擦熱が生まれます。
それによりこの標的は、燃え出したのです。
シュゴオオオ
こんな感じに
本当は、もっと派手に爆発するはずだったのですが、地味だったのでかっこいい理由をつけておくことにしました。
スポン
高笑い
今回は、風の強さ、そして威力の弱さなどが問題でした。
やいのやいの
と、いいますか、屋外で使う戦車なのに風に弱い戦車だなんて、お話になりませんね。
結果的には、この戦車の実験は失敗してしまいました。
ショック
それと、操縦者の身があまりに危険なのも問題ですね。
修羅場でした。
この失敗を次へといかすために、日々、精進していこうかと思います!
では、今日はこのへんで!
ではまた!