読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バナナで実験 日本人の協調性

こんちは!
いきなりですが、みなさんはこのような言葉を耳にしたことはないでしょうか。
「よく日本人は周りに合わせてる。」と。
確かに日本人は、協調性が高く、順応性が優れている素晴らしい人々です。
が、それは裏を返せば、自分考えや行動をあまり主張しない。と、いうことになります。
「出る杭は打たれる」ということわざがあるように、昔から日本人はそうだったのかもしれません。
僕は、その言葉を耳にしたとき「このままでいいのだろうか?」と、思いました。
確かに協調性があることは素晴らしいことですが、もう少し自分を主張する人が多くてもいいのではないでしょうか。
と、いうことで、今日は自分の考えをはっきり貫き通す人を増やすべく、ある実験をしてみました!
 
実験の内容はこうです。

まず、ターゲットの人を見つけ、僕と撮影協力者のビットがそのターゲットの前をさりげなく歩きます。
すると前方にはバナナが落ちているではありませんか!
何故
このように
ターゲットの前方を歩いている僕らは、そのバナナに気付かずに踏みつけてしまい、
T=ターゲット
バナナで滑って転びます。
あいたー
そして、僕らがバナナを踏んで転んだのを見てしまったターゲットは協調性を発揮し、
タ「・・・自分も転ばなくては!!」
と、思ってしまいます。
今すぐにでも転びたいターゲット。
が、その先の地面にセットしてあるのは・・・
  
   
何故
パプリカ
 
まさかのパプリカです。
今すぐにでも転びたい。でも、バナナがじゃなきゃ転べない。それでも転ばなくては・・・・
この極限の状態に陥ったターゲットは、嫌でも自分で考えた行動を起こさなくてはいません。
その時、一体ターゲットはどんな行動をとるのか・・・と、いう実験です。
 
 
それでは、さっそく実験をスタートしてみましょう!
 

僕らは、向こうから歩いてくる人をターゲットとし、さりげなくその前方を歩き始めました。 
傘の人がターゲット
・・・
だだだ
タイミングを見計らい、僕がスタート。
そして・・・
ふみっ
トゥルッ
俺 「うわー!」
ドシャ
死ぬかと思いました。
そして、それと同時にビット君がスタートし、バナナを踏みつけ、転びます。
ズドッ
偶然にも、2人の男が目の前で転ぶ姿を見てしまったターゲット。
が、目の前には転べるバナナは無く、パプリカのみ!
さあ! どうする!!
 
スタスタ
 
スタスタ
タ「気をつけてね〜」
スタスタ
・・・・
・・・・
・・・あれ?
 
おかしい、ターゲットは何もしてくれませんでした。
てっきり、落ちてるパプリカを拾い上げ、
タ「私の股間がパプリカン!!」
などと一発芸をしてくれ、「下オチかよ〜」的なツッコミを入れようと思っていたのですが、どうにもおかしいです。
俺 「急ぎの用事があったんだな・・・」
そうです。 こんなに無反応なのは何か急ぎの用事があったに違いありません。
きっと、イソギンチャクのタイムセールがあったんですよ。
 
 
僕らは気を取り直し、次のターゲットを探しました。今のはノーカウントです。
そして、それから数分後・・・次のターゲットがやってきました。
僕らはすかさずターゲットの前を歩きます。
テクテク
そして、ビット君がバナナを踏んで転び・・・
あいたー
それに続いて僕も転びます。
あいたたたー
さあ、これを見たターゲットはどんな行動をしてくれるのでしょうか!?
 
またいだ。
・・・・?
前から違う人
またいだ。
・・・・・・?
何の反応もせず、ただそのまま歩いていくだけでした。
残された僕らはただ、背中の痛みに耐えながら虚しさを味わっただけでした。
 
 
・・・その後も、何度も何度もチャレンジしたのですが、
 
〜3回目〜
場所を変え、今度は、ターゲットの後ろから急に現れて転ぶことにしてみました。

ダダダダ
ツルリんこ
ズギャギャギャ
が、この僕の転倒を見たターゲットは、歩くスピードを上げてしまい、
バナナの位置とターゲット位置の矛盾
ビット君が登場するタイミングがつかめなくなってしまったため、
ズルッ
・・・ドッ
誰も見ていない中での転倒となってしまいました。
ショック
 
次からはちゃんと前方を歩くことに。
 
 
 
〜9回目〜
なんだかんだで何回も何回も挑戦しました。
今まで無視されるか心配されるかのどちらかだったので、今度こそは別のモーションを頂きたいところです。
そろそろ体力も限界なので、これを最後のチャレンジにすることにしました。気合も入ります。
ターゲットの前方を歩きつつ、気合を入れて走り出します。
うおおおお
届け俺の思い!!
勢い余った
グッシャァアア
見切れるほどに吹っ飛んでしまいました。
それを見たビット君も、続けざまに気合をいれて転倒。
ふみっ
勢い余ってた
ビット君は見切れるどころか画面外へ。
そして、それを見たターゲットは・・・
スタスタ・・・
はい、さようなら。
・・・
超絶無視です。
 
そして、ここで実験は終了。
 
・・・結局、ほとんどの人が無視。 一部の人が心配をしてくれました。
心配してくださるところを見ると、優しさが溢れてきますね。
が、やはり何か変わったことをして欲しかったです。
 
なんだかんだで、自分の意見を主張しろしろ言っていますが、
自分の意見を言わないことが自分の意見なら、それはそれで自分の意見を貫き通しているわけで、
日本人には日本人のいいところがあるというのに、それを無理矢理変えちゃあいけねぇって話ですよね。
もっと早く気付くべきでした。うんこうんこ。
それでは! 今日はこのへんで!
ではまた!
 
 
 
おまけ
最後の転びで
右ひじ超痛い。まさにパプリカ状態。
それと、使用したパプリカはちゃんと食べました。
まっず。
 
 
おまけ2
撮影中は、全然人が来ませんでした。