読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARuFa温泉TV

 
みなさんこんにちは!
温泉求めて3千里・・・いや、温泉里! どうもARuFaです!
温泉レポーター
 
さて! 今日は千葉県の某市にやってきております!
ちなみにこの日の朝、ここ千葉県では大雪が降っておりました。

ロケができるか不安でしたが、なんとか雪は降り止み、今こうしてここに立っているというわけです!
これも温泉の神様がもらたしてくれた恵みなのでしょうか!?
ちなみに気温は3℃
 
そして今日ここに来たのは他でもありません。
なんと・・・この近くに隠れた露天風呂があるらしいのです!
露天風呂は草津だけじゃない! 千葉にも隠れた露天風呂があるとは・・・とっても感動ですね。

 
 
 
さて・・・確かここらへんにあるという情報でしたが・・・どこでしょうか・・・?
  
店主「いらっしゃいませ。 お待ちしておりました。」
レポ「あ!! あなたが露天風呂の店主さんですか!?」
店主「はい。 ようこそ!」
店主さん
 
レポ「あの・・・さっそくですが、噂の露天風呂というのは・・・どこに・・・?」
店主「はい! こちらです!」
店主さんに案内された先には、とても素晴らしい露天風呂が!
 
 
素晴らしい
 
なんと立派な露天風呂でしょう!

リポーターもびっくり
 
浴槽は丸い形でとてもカラフル。 身体がワクワクしてくるデザインです。
そしてお湯は、100%水道水!! 直接蛇口からという男前で粋な計らいです!

聞く話によると、毎朝店主が真心こめて水を貯めているらしいのです。

この辺が『こだわり』と、いうものなんでしょうね。 小さい露天風呂の特権というものでしょうか。
ちなみに水温は4℃。
水温4℃は金魚が冬眠する温度で、すこし冷ためですが気温が3℃なので1℃上。十分ですよね!
では! さっそく入ってみましょう!
 

レポ「では! さっそく入ってみます!」
 
ちゃぷ・・・
レポ「あー!! いいですねぇ!!!」
よっ
こら
しょ
レポ「あ゛ー!!! 最高です!!」
店主「ありがとうございます。」
 
レポ「なんと言っても景色が素晴らしい!!」

レポ「こんな景色をお風呂に浸かりながら見れるなんて・・・僕は幸せ者です!」

レポ「ちなみに、この露天風呂の効能はどんな感じなんですか?」
店主「はい、『全身しもやけ』となっております。」
レポ「それは素晴らしい!! くぅ〜! 二重丸!!」
すると、店主さんが気を利かせてくれ、こんなものを持ってきてくれました。
 
店主「サービスのサイダーでございます。」
店主めっちゃ厚着
なんと! 店主さんから冷たいサイダーのサービス!

暖かいお風呂に入りながらのサイダー・・・もう言う事なしですね!
 
レポ「わあ! ありがとうございます!」
わあ!
 
レポ「3℃という気温の中、4℃の露天風呂に入り、サイダー・・・・くぅうー! 3重丸!!」

 
みなさん! 今回の露天風呂はいかがでしたか!?
千葉にもこんなに素敵なお風呂があるんだなぁ。 と、とても嬉しくなりました!
では! 今日はこのへんで!
また来週の放送をお楽しみに!!

レポ「さようならー!!」
 
 
 
舞台裏へ