読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口臭撃破ジュース

こんちは!
実は今日の昼、にんにく料理を食べたため口臭がとんでもないことになっているARuFaです。
もうこの臭いはとてつもないもので、口からの臭いだけで部屋中の空気を全てにんにく臭にしています。
母親も僕そばにくるなり、
母 「あんた、地中に帰りなさい」
と、僕そのものをにんにく扱いする始末。 その上長女は僕を見て、
長女「やめて! 磁場が狂う」
と、僕の周りの時空が歪んでいるとさえ言ってきました。 この家族は狂っています。
 
このままでは家を、そしてこの国を・・・はたまたこの時空から追放されてしまいます!
が、それは絶対に嫌なので僕は、口臭を消すことに。
俺 「臭いといえば・・・ジュースだな。」
そう、ジュース! ジュースで臭いを消すべきなのです。
「臭い」は口や胃から発せられるもの。 ジュースという液体ならそこをまんべんなくカバーできます。
と、いうことで僕は自分の口臭を華麗に断ち切ってくれるジュースを作ることに。
 
〜10分後〜
 
とりあえず僕は、家にある『口臭を無くしてくれそうなもの』を集めてみました。
 
精鋭達
では、家の中にいた精鋭達の紹介をさせてもらいます。
 
頼れる兄貴分
まずはこの「大麦若葉青汁」、つまりは青汁です。
やはり臭いをとるなら植物! そして植物の飲み物と言えば青汁ですものね!
 
 
調味料の革命児
お次は「酢」です。
臭いは雑菌からも発生するもの。 寝起きの口が殺人的に臭いのもそのせいです。
雑菌を滅菌しれくれる酢なら、消臭効果も期待できます。
 
 
包容力の塊
「牛乳」です。
牛乳は色々な成分を包み込む性質があります。
つまり、臭いの成分をつつみこみ、固い封印をしてしまおうということです。 今回のジュースの要ですね。
 
 
強力な味方
口臭と言えばコレ、「ブレスケア」です。
もはやこれだけでもいいんじゃないのかと、今は絶対に考えてはいけないことさえも想像させてしまう、恐ろしい薬です。
これがあれば間違いありません。
 
 
魅力の変化球
そしてこれ、「芳香剤」です。
芳香剤というのは、お部屋のニオイをとるお薬で、よくトイレなどにもあるアレです。
てっきりキッチンにあるかと思ったのですが、空でして・・・
なんでや
なんでだろうと、周りを探したら三角コーナーにあったので、そこから拾ってきました。
救出
今回はこれを食べたいがためににんにくを食べたようなものなのです。
 
 
清涼感の塊
最後は清涼感の代表格、「ミント」です。
やはりミントを食べたときのあの清涼感ったらないですよね!
あのスーっとした香り・・・想像しただけでも臭いが消えそうですよね! (調べたら全然違うただの草でした)
 
これらの材料で、口臭撃破ジュースを作っていきます!
 

まずは、青汁の元に牛乳をそそぎ、ベースとなる青汁を作ります。
 

でーん
この青汁は飲みやすいと評判らしいのですが、実際に飲んでみたところ、
 
ゴク・・・
ふわぁぁ
めちゃくちゃ美味しかったです。 逆にまずそうな表現をすると、できそこないの抹茶みたいです。
俺 「この青汁で臭いが消えればいいのにね。」
ごもっとも。
 
 
次にこの青汁に、遅れてやって来た「黒ゴマ」を投入します。
道が混んでてさー
やっぱり黒ゴマは何にでも効きそうな雰囲気がしますもんね! 消臭効果のある炭も黒いし! 
こんな感じに
黒ゴマを入れるとこんな感じになりました。 まだ美味しそうです。
 
次に、ここに酢をダバダバと入れます。
ダバババ
酢を入れたとたんになんだか、青汁の香りが激変しました。 とてつもなく酸っぱい香り。
かき混ぜると、ゴポゴポとしたから気泡が浮いてきます。

 
そしてそこに、
ボボボボ
ブレスケア、
ザバババ
芳香剤をいれ、
最後に、ミント(のような雑草)を乗せれば『口臭撃破ジュース』の完成です!
 
素敵!
なんと素敵な色合いなんでしょうか・・・。
 
上から
上から見ると、まるでカエル住みつく沼のような感じです。 食欲を誘いますね! 誘いません。
では! さっそく飲んでみましょう!
 
 
くんくん
まずは、自分の口臭の臭いを再確認。
ガフッ
やっぱり臭かった。 これはもうジュースを飲むっきゃないですね!
 
では、まず臭いから嗅がせていただきます。
では・・・
 
くんくん
オウッ
これはなかなか複雑な香りです。 上手く説明できませんが、酢にまみれた大草原のような香りがします。
・・・っ
そして、何故か臭いを嗅いだとたんに首がツりました。 なにこれ怖い。
 
それでは早速飲んでみたいと思います!!
俺 「いただきます!」
にっこり
まずは、味見ということ少しだけ口に含ませます。
グビリ
・・・
 
うおおおおお
とんでもない! とんでもないですよこいつは!
首もツった。
 
なんといいますか、「ジュース」だというのにヘタなスープよりも具だくさんといいますか、
とにかく、固形物が多すぎて舌触りが死ぬほど悪いです。 へどろ食べてるみたい。
黒ゴマの塊を感じ、そして球状の芳香剤、そして牛乳と酢が反応して固まり、気持ち悪いの極みです。
味は、飲み込めないほど酸っぱく、それでいてクリーミー。
固形物が多くてそのままでは飲み込めないので、噛む必要があるのですが、
それをしていると素敵なお味が口いっぱいに広がって口が拒絶します。
 
・・・・が、そんなことを言っていても僕の口臭は消えません。
首も治ったところで、
ここは男らしく、一気に飲んでみたいと思います!
 
俺 「いただきます!!!」
ゴクゴクゴク
 
だめだこれ
無理でした。 芳香剤と酢がやばい。
俺 「お゛げぇぇええっぇえぇ・・・・  \キュポォ/  」
お腹の中からなんだか可愛らしい音が聞こえました。 なんかいる。
バウンド
さよなら。
そして画面外へ。
 
その後、水で薄めたり、肉じゃがと一緒に飲んだりで、なんとか全部飲みました。
自分の口臭を確認してみると・・・
 
俺 「・・・・あれ!?・・・・あ・・・・・消えてる!! 消えてる!!!!!!!」
なんと、口のにんにく臭はキレイさっぱり無くなっていました!!
びっくり!
さすがにあれだけ苦しんで臭いが消えてなかったらもう普通にモンダミンした方がいいわって思いますしね!
素敵な警告
お腹はめちゃくちゃいたいけどね!! TASUKETE!!
 
みなさんはお口が臭くなっても食べられないものは食べないようにしてくださいね!
では! 今日はこのへんで!
ではまた!