読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペプシバオバブを!

こんちは!
季節の変わり目・・・そう・・・それは新しい気持ちになれる瞬間でもあります・・・。
が、「気持ち」の他にも新しくなるものがあるのです・・・そう、それは!
ペプシコーラの「味」です!
これまでペプシコーラペプシは、様々な味のコーラを開発していきました。
ペプシブルー、キューカンバー、シソ、あずき・・・などなど!
そのたびにブロガーの僕はいいネタができたぞと大歓喜。 大体はしゃぎまくって頭をぶつけます。
 
さて、そんなペプシから新しく発売されたコーラ! その名も・・・
 
 

ペプシバオバブ
です。 なんじゃそりゃ。
この名前を初めて聞いたとき、正直全く具体的なものが頭に浮かんできませんでした。
友達に「好きな食べ物何?」と尋ねたら、
友達「ビタミンD
と、答えられた時のような衝撃です。
 
バオバブ味ということで、とりあえず調べてみると、どうやらバオバブは『木』の名前だそうです。
俺 「食い物でさえないのかよ。」
ビックリです。
ちなみに、バオバブズールー語「ウムコーモ」、フルベ語では「ボッキ」と呼ばれるらしいです。 とんでもないですね。
 
だそうです。
説明も済んだところでさっそく「ペプシバオバブ」を飲んでみましょう!
果たして、バオバブ味とはどんな味なのでしょうか!?
 
ゴク・・・
・・・?
とりあえず炭酸は強めです。 味はというと、
・・・

・・・!

・・・と、いう感じです。わけわからん。
なんと言えばいいのか・・・。 非常に表現のしにくい味です。
どちらかといえばバオバブというよりかは、密林のジャングルのような味です。
よーく味わうと、漢方のような味がするのでそこでやっとバオバブっぽくなります。
 
ちなみに、僕の妹の長女にも飲ませてみたのですが、
 
髪型で出オチ
ゴクゴク
・・・?

やっぱりこんな顔になっていました。 なっちゃうんですよね。
 
話は変わりますが、僕は新しいペプシコーラの味が「バオバブ味」だと聞いたとき、
頭の中では「具体的な味のイメージ」は浮かびませんでしたが、「具体的な人物」のイメージは鮮明に浮かんでいました。
それは、サザエさんの「イクラちゃん」です。
彼の口癖は「バブー」・・・まさに「バオバブー」そのものです。
なので、このペプシバオバブはもっと子供向けの味で、イクラちゃんくらいの年齢の子供も飲めるものかと思っていました。
 


だというのに、僕の顔はこんなになってしまう始末・・・! これじゃいけません!
なので今日は「ペプシバオバブ」を使って、小さい子供でも食べられる創作料理を作ってみたいと思います!
 
まずは、あの強過ぎる炭酸を抜きます。
小さい子は炭酸に敏感ですからね! コレは極力押えるべきです。
と、いうことで容易したのはこちら。
 
重曹
これを炭酸系の飲み物に入れると炭酸が抜けると友達が言っていました。
友達がいうには、
友達「マジ吹き出るから! まじコーラに入れたら吹き出て焦った! やってみ!」
ということらしいので、前々からやってみたかったんですよね。
んで、やってみると、
 

ドバッ
プシュゥゥ...
・・・
とてつもなくしょぼかったです。 なんですかこれ。
 
・・・
・・・・。
鼻を地味に濡らされただけでした。
 
飲んでも
おえ゛
とても歯ごたえのあるコーラになっていました。 ですが、炭酸は抜けていました。
俺 「・・・しょっぱ。」
そして謎のしょっぱさがありました。 なんとなく科学的な・・・
 
そうしたら、次にコーヒーフィルターでバオバブをろ過します。

でーん
 
ろ過したものを飲んでみると、
ゴクリ・・・

とんでもない味でした。 超科学。
 
 
次に、あらかじめ用意しておいたおかゆに・・・

重曹ろ過バオバブを入れます。
シャバダ
んで、それをぐつぐつ煮込み・・・

子供の主食の母乳代わりの牛乳、

そして、子供といえば定番の卵を入れてぐつぐつします。
ぐつぐつ
そして・・・お鍋の中がアフリカのサバンナのようになったら・・・
 
混沌
バオバブおかゆの完成です!
 
ジャーン!
 
これならきっとイクラちゃんもよろこんでくれるはず!
嫌な予感しかしませんが、さっそく食べてみましょう!
 
いただきます。
俺 「いただきます!」
では・・・
まずは香りを嗅いでみましょう。
 
クンクン
・・・?
!?
俺 「よくよく考えるとお゛ェ゛」
最初はあまりキツイ臭いに感じないのですが、悪魔は時間差でやってきました。
香りはまるでイオウのような香りで、悪く言えば腐った卵の香りです。

では、臭いからしてもう逃げ出したいのですが、このおかゆを食べてみたいと思います。
ふーふー
あーん
モグ・・・
俺 「・・・・・・・・・」
・・・・!?
俺 「・・・・・・・・!?」
大爆笑
俺 「うおwwwwwwwwwwwwwうわあwwwwwwwwwww」
ピクピク
俺 「くwwwwwwwwwwデュフwwwwwww」
あー!
俺 「うおおおおああああー!!・・・・」
 
 
うまい!
美 味 い !
俺 「美味過ぎるwwwwwなんだこれwwwwwwwww」
そう、このおかゆはあまりに美味しいおかゆとなっていました。
適度な塩加減、思いつきで入れた牛乳と卵のハーモニー・・・
そしてなにより、ペプシバオバブのほのかな甘味が食欲をそそります!
笑顔に
その美味しさに、何故か笑顔になってしまいます。
 
ハグハグ
俺 「ハグッ・・・ハグ・・・!」
うおおお
俺 「うまーーー!」
モグモグ
俺 「うまー!!うま、うまーーー!!!」
美味過ぎる

もちろんこのバオバブも、
オボゲェ゛エ゛!!
俺 「まずーーーーーー!!!!!!!!」
 
今度は何故かバオバブがとてもまずく感じてしまうようになってしまいました。
この原因はよくわからないのですが、多分副作用とかそういうのなのでしょうか。
とにかくおかゆは完食! いい夕食でした!
 
今回、バオバブで作ったおかゆは美味しいということがわかり、料理の幅も広がりました。
が、重曹とかを大量に入れているので、小さいお子さんはもちろんのこと、一般の方も食べない方がいいと思います。 っていうかダメ。
これからはコーラは飲料用ではなく、調理用として買う日が来るかもしれませんね!
では! 今日はこのへんで!
ではまた!