読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我慢の結果

 
今日の昼・・・僕は道を散歩していると・・・
 
あっ!
突然の尿意が。 とってもおしっこがしたくなりました・
ですが、ここには公衆トイレなどがありません。
なので僕はその尿意を我慢することに。
 
その後もおしっこを我慢しながら散歩をしていたのですが、
テクテク
あ! 
とてもうんこをしたくなってしまいました。

ですがやっぱり周りに公衆トイレは無く、僕は右往左往。
前と後ろからの便意に、僕はもう負けそうです。
自分の中でいけない物がどんどん溜まっていくのがわかります。
 
ギリギリのピンチの僕がトイレを探しながら歩いていると、
あ!

良い感じの広場を見つけました。
ここなら人通りも少ないですし、僕の中に積もり積もったモノを外に出せるかもしれません。
あたふた
ですが僕も人の子。 一般常識はしっかりと持っているつもりです。
こんな広場で野グソや立ち小便をするだなんて、なんだか戸惑ってしまいます!
ううーん!
 
〜3日後〜 
 

すっかり夜になってしまいました。 
僕はもう限界です。 あれから3日間もうんことおしっこを体に溜め続けてしまっていますからね。
 
特に尿意が大変です。 膀胱が噴火しそうです!!
俺 「もうだめだ!!」
気が付けば僕は、暗闇の広場でズボンを下ろしていました。
このへん。
そして、溜めにためた僕のおしっこを、思い切り放出してしまったのです。
 
俺 「うわあああああああああああああ!!!」
 

 
ドッ
 
 
横からの図
 
 

 
自分でもビックリするくらい出ました。
 
俺 「ふう・・・」
とりあえず尿意は治まりました。 が、
俺 「今度はうんこが・・・」
そう、尿意の次は、3日分の便意がどっと押し寄せてきたのです。
俺 「やばいやばい!!」
そして、気づいたときには僕は空に向かってお尻を突き出していました。
こんな感じ
 
そして、僕は思い切り踏ん張ってしまいました。
俺 「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」
 

 
バーン
 
遠くから見た図
 
 

 
とんでもないモノが出てしまいました。 CGとかではないです。
とにかく、溜めに溜めたモノを体から出した僕はとってもスッキリしました!
 
いえーい!
 
みなさんは、できるだけ我慢はしないようにしましょう。
いきなり公衆トイレが爆発してしまっても困ってしまいますからね!
とりあえず僕はズボンどころかパンツが焦げてしまってお尻をヤケドしたので、
3日間我慢したモノなどは、水の中などですることにしました。
 
では! 今日はこのへんで!
ではまた!