読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街中でエッチなものを探そう

こんちは!
 
思春期、それは切ないお年頃。
みなさんは思春期はもうきましたか!? それとももう過ぎましたか!?
僕はもう毎日が思春期みたいなもので、もう毎日毎日興奮しています。
思春期の頃はもう何もかもが「いやらしく」見えてきます。
僕は今となっては思春期レベルも4位ですが、思春期レベル5くらいの頃は、何もかもがいやらしく見えていました。
ひどい時には、何故かオーブントースターに興奮していたことさえあります。末期ですね。
家の中でさえ何もかもいやらしく見えていたあの頃・・・
 
『もしもあの頃のいやらしい目でを出歩いていたら』
 
そう思っていたら、なんだか街へ行ってみたくなりました!!
そう、僕は街の中でエッチなものを探す旅に出ることにしたのです!
 
 
こんにちは
と、いうことで都会の中の都会! 街の中の街! 池袋へやってきました!
いやぁー、都会はいいですね! 人の目が痛いこと痛いこと!
今まで千葉の田舎でやってきたことをこの池袋でやるとここまで変な目で見られるのかと、軽いカルチャーショックを受けています。
まあ、特に関係ないですけどね。
では、早速街中のエッチなものを探してみましょう!!
 
今回探すのは、こちらのビル街!
 
ドーン
 
ではなく、こちらの少し駅から離れた住宅街です。
 
トーン
 
ビル街のようにあまりにも人が多い場所にある「エッチなもの」は、大体そこまでエッチではありません。
住宅街のようにひっそりしている場所の方がレベルの高い「エッチなもの」が存在するのです。
わかりやすく言えば、雑誌の表紙のグラビアよりも、袋とじのグラビアの方がエロいということです。 今世紀最大にわかりやすい例えだと思います。
 
俺 「それでは、街中エッチなもの探し、スタート!!」
俺 「・・・・・」
まあ、一人ですけど。
 
 
テクテク
そして住宅街へ入った僕。
周りを見てみると、もうあるわあるわ。 住宅街はまるでエロスの迷宮(ラビリンス)でした。
 
まずはこちらの写真を見てください。
 

一見どこにでもあるような街路樹の茂みのドクダミ
しかし、そこはさすが都会。 よく見るとえげつなく下ネタを織り交ぜてきています。
このドクダミをズームアップしてみると・・・
 
お尻
見てください! 立派なお尻です!!
どこをどう見てもお尻。 緑色なのでドラゴンボールのピッコロのお尻でしょうか。
僕の住んでいる千葉県のドクダミの葉は星型ですからね、わざわざ品種改良をしてお尻型にしたに違いありません。
これはまさにサブリミナル効果! お尻のサブリミナルです!!
ひゃぁ〜、都会は怖いわぁ〜 おっそろしいでほんま。
 
しかし、こんなものでは終わりません。
僕がキョロキョロと周りを見渡しながら歩いていると・・・
 
俺 「ひゃ!!!!!!」
 
そのあまりの直接的なエロティックさに驚いてしまいました。
だってみなさん、これを見てくださいよ!
 
どう見てもおっぱい
 
どう見ても立派なおっぱいではありませんか! いいのかこれ!!
その上、すさまじく硬そうなおっぱいです。 トゲみたいの生えてるし。
こんなトゲトゲでカチカチのおっぱいが街中にあったらそりゃ驚きますよ!
しかもみなさんよく見てみてください、
 

 
なんと、ピアスまでついています! どこまでエロエロなんだ!!
真っ黒で硬そうでトゲトゲな、イガ栗みたいなおっぱいにピアスまでつけてあんた・・・あんた・・・
親が泣くぞ!
 
このおっぱい、街中を探し回ると色々な種類がありました。
 

スタンダードおっぱい
  

へこんだおっぱい
 

乳輪だけのおっぱい
 

おっぱい三姉妹
 
軽く見ただけでもこんなにおっぱいがありました。 なんてけしからん街なんだ!
 
幸せでした。
おっぱいとたわむれていたら道を歩いていた大学生に大爆笑されました。
 
 
さて、まだまだあります。 この街はとどまるところを知らないのでしょうか。
お次はこちらの街路樹。 熱帯系の植物でしょうか。 
 
街路樹 
この植物の幹の部分をよーく見てみると・・・
 
・・・!!
 
見てくださいこれ!! え、よくわからないって!? じゃあこうしてみましょう!
 
確信犯
どうみても完璧なるお尻ではないですか! どれだけ尻が好きなんだ!!
もう見てるこっちが恥ずかしいですよね・・・パンツを履かせたくなります。
一体どんな肥料をあげたらこんなエロスの塊のような木が育つのでしょうか。
 
 
その後も街を探索すると、どんどんエッチなものが見つけてしまいました。
 

「満」って・・・「マン」ってお前・・・でかでかと「マン」ってお前・・・
 
なんとなしに道を歩いていたら、
 
!?
アウトだろ
地面からちんちんみたいな物が生えてるし
 
偶然発見した猫に声をかけたら、
 
おーい
ぺろり
すごくいやらしい顔されたし

/ぐひょひょ! 姉ちゃん可愛いね!\
 
 
道になんとなく落ちていた謎のモジャモジャでさえ、なんだかエッチでした。
なんだこれ
そして、周りを見ると、
 
真っ赤
ちんちん。
 
 

真っ青
ちんちん。
 
 

ちんちん。
 
 
中をのぞくと
 

空色
ちんちん(付属品付き)。
 
 


直角に曲がったちんちん。その上緑色。
 
 

ハイテクそうなちんちん。
 
 

どちらかというと、おちんちん
 

おちんちんいっぱい。
 
 

ちんちん。
 

ちんちんまみれ。
 
とにかくもうちんちんだらけ!!! 
ここまでくると何がちんちんで、何かちんちんではないのかがわからなくなってきました!
あれもちんちん、これもちんちん、それもちんちん!!
そう! この世界はちんちんで溢れている!! うおおおわああああ!!!
 
うわああああ!!
あああああ!!
 
・・・・
 
・・・・・
 
俺 「・・・ちんちん、最高じゃん!! 最高じゃんちんちん!!
 
ヒャホー!!!
 
そう言い残し、池袋の街に消えていった僕・・・・
そう、僕もすっかりこの街の住人になってしまったのです。ちんちん最高。
みなさんは、僕みたいにならないようにドクダミの葉を見ても「あ、お尻」と、思わないようにしてくださいね!
もし、そう思ってしまったのなら、あなたも僕の仲間ですよ・・・・
 
では、今日はこのへんで!
ではまた!