読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族の中の歌唱力王は誰だ! うたって検索選手権

【本日の記事はPCでの閲覧をオススメ致します】
 
 
こんちは!
みなさん、突然ですが音楽はお好きでしょうか。
僕というと、もう大大大大好きでして、朝昼晩の3食がモーツァルトでも大丈夫な気がします。
中でも、歌う事はたまらなく好きです。カラオケも良く行きますしね。
そんな僕の家族もみんな音楽好き。
家の中は常に誰かの鼻歌が聴こえており、鼻炎の季節以外に我が家に静寂は訪れません。
では、この音楽好きの僕の家族内で一番「歌唱力王」なのは誰なのでしょうか。
この疑問は、家族総出でカラオケに突撃すればわかる話なのですが、我が家は6人家族。
皆のスケジュールが合う日など滅多にありません。せいぜい2日に1回くらいです。
ですが、そんな多忙な我が家にも、歌の上手さを測る事ができる物があるのです!
 
それはズバリ『うたって検索』です!
 
こちらは、auの携帯についているLISMO Player」という機能の中のサービスの一つ。

これ。
 
何とこの機能、自分の歌声で楽曲を検索することができるのです。

操作は簡単。 ボタンを押して、携帯のマイクに向かって歌うだけ。
こちらがちゃんとした音程・リズムで歌えば、携帯がその楽曲を表示してくれるのです。
このように
 
しかし、少しでも音程・リズムが狂えば、別の曲が表示されてしまいます。
この機能を使って、課題曲とした1曲をそれぞれが歌えば、一体誰が一番歌が上手いのかがわかりますよね!
 
課題曲は、「おさるのかごや」に設定。有名な童謡です。

―――――――――――
エッサ エッサ エッサホイ サッサ
おさるのかごやだ ホイサッサ
日暮れの山道 細い道
小田原ぢょうちん ぶらさげて
ソレ ヤットコ ドッコイ ホイサッサ
ホーイ ホイホイ ホイサッサ
―――――――――――
本編を進める前に是非、1番だけでも聞いてみてください。みなさんは覚えていますでしょうか。
多分、日本一ホイサッサしている曲ですよね。
 
課題曲は歌う直前に知らされるため、歌詞や音程・リズムなどがわからなくても、そのまま歌ってもらう事にしました。
挑戦者は、同じ時間帯に家にいた、母、僕(ARuFa)、長女、次男、次女、ココ(猫)です!
果たして我が家の「歌唱力王」は誰なのか、そして一番の「音痴」は誰なのか!?
今、ゴングが鳴らされる!!!
 
 
【次男】
トップバッターは、次男。
家族一のナヨナヨBOYノ次男は、ゲームと漫画が大好き。
ゲーム時の「あっ! 死んだ!」、漫画読書時の「死んだ。」の回数なら家族一です!
そんな次男の『おさるのかごや」は一体どんなものなのでしょう!
では、お願いします!
 

Download
↑再生ボタンをクリックで、歌声が聴けます。
 
次男「エーサ、エーサ、エサホラサッサ、エーサ、エーサ、エサホラサッサ」
次男「エーサ、エーサ、エサホラサッサ、エーサ、エーサ、エサホラサッサ」
次男「エーサ、エーサ、エサホラサッサ、エーサ、エーサ、エサホラサッサ」
次男「エーs・・・・」
 
お猿、登場せず。
「おさるのかごや」だと言うのにも関わらず、猿が登場しませんでした。
これでは、チャーシューの入っていないチャーシュー麺、いえ、むしろ店の無いラーメン屋です。
 
俺 「いかがでしょう、自信の方は。」
次男「結構イケたと思うよ? これでも音楽の授業で褒められたからね。」
俺 「あ! 結果が出ましたよ!」
 

 
The killers song」 Carolina Marquez
 
童謡とは程遠い、バスの効いたダンスミュージックが表示されてしまいました。
幼稚園児がこれを歌っていたら爆笑します。
 
 
 
【長女】
お次は長女です。
その凶暴さ、攻撃性は家族一です。 この文章を見られたら僕も始末されるでしょう。
本人は童謡には興味が無いと言っていましたが、果たして歌詞は覚えているのでしょうか!?
では、お願いします!
 

Download
 
長女「エーサ、エーサ、エサコラサッサ〜♪」
長女「さからか、ラカサ、マーカラサッ〜♪」
俺 「マッカーサー?」
長女「皿。 エーサ、エーサ、エサコラサッサ〜♪」
長女「マッカーサーさらさら、タラッタ〜♪」
 
マッカーサーがさらさらしていた。
 
ビックリしました。まさかマッカーサーの肌質事情を語りかけてくるとは。
マッカーサー
 
俺 「どうでしょうか? 自信の程は。」
長女「歌詞があやふやでしたが、頑張ったので大丈夫です。大丈ヴ。」
俺 「あ! 結果がでましたよ!
 

 
「She don't know she's beautiful」 Sammy Kershaw

カントリー風の、イケイケギターサウンドでした。
 
俺 「タイトルの『She don't know she's beautiful』を訳すと、」
長女「うん。」
俺 「 『彼女は自分の美しさを知らない』 」
長女「やかましいわ。」
 
あと、全然関係ないですが、風呂上がりの長女がどう見ても「真珠の耳飾りの女」にしか見えませんでした。
 
フェルメール

完全に一致。
 
 
 
【次女】
次女です。 これと言って特に特筆する点がありません。
えーと、なんだろう、あ、何かさっき「もみあげの横がかゆい」って言っていました。
家族で一番もみあげの横がかゆい女の挑戦です!
宜しくお願いします!
 

Download
 
次女「エーッサ、エーッサ、ヨッコラセ!」
俺 「!?」
次女「あらら、アラアラ、春が来た。」
俺 「!?!?」
次女「猿はたくさんいるのかな♪
次女「エーッコラッセーエコラッセ。」
次女「♪」
 
もう好きにしてくれ。
何かもう、春が来たり、ヨッコラセだったり屁こいたり、もうしっちゃかめっちゃかです。
特筆すべき点がありすぎて何だかもう訳がわかりません。若手芸人の集まりみたいな。
 
僕 「自信はありますか?」
次女「全くありません。」
俺 「ですよね。 あ、結果が出ましたよ!」
 

 
「Shooting Star」 David Rush

 
なんだこれ。 元気アフロ。
でも、今までの中で一番「ほいさっさ感」はありますよね。
これは結構ランキングでいう上位に食い込んだのではないでしょうか。
 
 
 
【ココ】
さあ、ある意味一番結果がわからない、ココさんの登場です。
我が家の飼い猫であるココ氏。一体どんな歌声を見せてくれるのか。
と、思いきや「猫は歌えねぇだろ。常識的に考えて。」とココさんに言われたので、
今回はココさんの声を録音したものをつなげた物を歌として、携帯に聴かせてみました。
 

Download
 
俺 「ほら鳴いて。」
ココ「・・・・・・」
俺 「ほら!」
ココ「・・・・・」
俺 「何でいつも鳴いてんのに、こういう時に黙るんだよ。うんこ猫。」
ココ「ニャンニャン!! ニャンニャーン! ん゛ぉ゛お゛!」
俺 「びっくりした。・・・あ、結果出た。」
 

 
「Hanky Panky」 マドンナ

 
あれだけニャンゴロほざいていたココさんが、音楽界のセクシーダイナマイツ、天下のマドンナの歌を歌っていたとは。
これからココさんの事は、猫界のマドンナと呼ぼうかと思います。
3日で飽きます。
 
 
 
【俺(ARuFa)】
さあ、僕の番です。
あれだけ他人の歌につっこんできた僕。これで残念な結果だとしたら笑い者です。
しかし安心してください! 何と僕は童謡大好き人間!
突然見知らぬ他人に「好きな童謡は?」と聴かれても、「あめふりくまのこ」と即答できる程の童謡マニアなのです!
「おさるのかごや」? ふふ、簡単過ぎてヘソでロイヤルミルクティーを湧かせそうです。
では! 幼少期の頃を思い出し、一丁歌ってみましょうかね!
これが僕の「おさるのかごや」です!!
 

Download
 
俺 「エーッサ、エーッサ、エサホイサッサ、おさるのかごやだホイサッサ♪」
俺 「エーッサ、エーッサ、エサホイサッサ、おさるのかごやだホイサッサ♪」
俺 「ホーイホイホイ、ホイサッサ、ピャァ〜〜〜〜♪」
 
やりきった!! やりきりましたよ!!!
さあ! 携帯よ! 速く「おさるのかごや」という表示を!!
お! 早速表示されましたよ!
 
 

 
「One More Drink」 Ludacris

かすりもしない。 
 
俺 「ちっくしょおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
まじかよ
すごくショックでした。
僕はまだまだ修行が足りないようです。
ここは、最後の母に全てをゆだねましょう。
 
 
 
【母】
母は、元保母さん。 保育園で仕事をしていたいわば、童謡のスペシャリストです。
もしもこの世に「童謡力」なる力があるとすれば、母の童謡力の前では、僕などチワワ同然!
足は震え、腰が砕け、おしっこをもらしながら、えっさほいさっさです。
そんな童謡のスペシャリストは、「おさるのかごや」をどう歌うのか。
では、どうぞ!
 

Download
 
母 「エッサ エッサ エッサホイ サッサ おさるのかごやだ ホイサッサ♪」
母 「日暮れの山道 細い道 小田原ぢょうちん ぶらさげて♪」
母 「ソラ やっとこやっこい ホイサッサ♪」
母 「エーサエッサホイ エッサ アラワスレチャッター♪」
 
素晴らしい、素晴らしすぎる歌唱でした!
 
俺 「自信の程は!?」
母 「うーん、まあまあかな・・・」
俺 「あ、結果が出ましたよ!!」
 
 
うおお!
そこには「お猿のかごや」の表示が!
 
これは文句の付けようがありませんね!
 
我が家の歌唱力王はに決定です!!
 
まあ、ほとんど歌詞を覚えているかどうかの勝負でしたね、その点童謡は母に有利だったかもしれません。
いっその事課題曲を「ポケモン言えるかな」とかにしとけばよかったと思います。
ちなみに、我が家の一番の音痴は多分僕でしょう。 ははは! クソ喰らえ!!
 
今度、母にカラオケを教えて頂こうかと思います。
では、今日はこの辺で失礼致します。
みなさんも、是非うたってみた検索で遊んでみては!?
ではまた!