読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンタさん必見! 困ったらこれをあげろ!

【ご注意】
この記事には、人によっては気分を害するような画像があるため、閲覧は自己責任で宜しくお願い致します。
 
 
メリークリスマス。ARuFaです。 

本日は12月24日。クリスマスイブでございます。
クリスマスイブの夜といえば、サンタさんからプレゼントがもらえる日。
どんなプレゼントがもらえるのか、とても楽しみな日ですよね。
しかし、サンタさんは全国の子供たちにプレゼントを届けなくてはいけません。
きっとそれはとても大変な作業でしょう。時給で換算すれば1240円くらいの労力なはずです。
しかも、プレゼントを配れるのは1日だけですからね。プレゼントの量も多いに決まっています。
中には、「あの子のプレゼントがまだ決まっていなくて・・・」ということもあるでしょう。
さあ、そんなピンチなサンタさんに朗報です!!
毎年毎年、大忙しなサンタさんの力になれればと、僕ことARuFaが・・・
まだプレゼントが決まっていない子供たちに、ピッタリなプレゼントを発見してしまいました!
 

・・・では、それは何か。
お答えしましょう! そのプレゼントとは・・・・
 
 
バッ
 
ババッ
 
「ワキ毛」です。 
ドーン!
 
おや、おやおやおや? 何ですかその顔は?
・・・なるほどなるほど。サンタさんは、まだワキ毛の素晴らしさに気付いていないのですね?
こんな臭い縮れ毛を子供たちに贈ったら、確実にトラウマ物だと思っているのでしょう?
いいえ、それは誤解です。ワキ毛こそ、最高で最良のプレゼントなのですよ!
では、そんなサンタさんのために僕がワキ毛の素晴らしさをレクチャーしてあげましょう。
 
〜サンタさん必見!ワキ毛講座!〜
クリスマス目前だというのに、子供たちにあげるプレゼントがまだ決まっていないあなた。
そんなあなたは、子供たちに『ワキ毛』をプレゼントしましょう。
ワキ毛は、まさに使い方次第で無限の可能性を秘めています。
3兆程あるその使い道の中から、本日はとっておきの6つをご紹介いたしましょう。
ちなみに、本日使用するワキ毛は無農薬。信頼のある職人が手作業で収穫した安心素材です。
 
収穫風景
 
 
 
【歯磨き後に】
シャカシャカ
近年、歯周病にかかる子供が増加しているのはご存知ですか?
健康な生活は健康な歯から。はたして歯のケアは歯ブラシだけで良いのでしょうか?
やはり、本当に子供のことを思うならば、歯の隙間を掃除する糸ようじが欲しいところ。
しかし、市販されている糸ようじを買うのも面倒ですよね。
そこで登場するのがこちらのワキ毛でございます。
 

使い方は簡単。3〜4本のワキ毛を集めてこよりを作り、
 
ゴシゴシ
それを歯の隙間に入れて、前後させます。
これにより、ワキ毛が歯の隙間の歯垢を取り除き、素敵な歯を維持できるのです。
 
ケア後
白くツルツルの歯。素敵でしょう?
なお、ケア後には歯垢のついたワキ毛」という、世にも恐ろしい物体が生まれるため、間髪入れずに捨てましょう。
 
 
 
【迷路にしてみる】
子供たちは迷路が大好きです。
子供たちの自由帳には迷路が必ず描かれており、無駄にワープポイントとかを作っちゃいます。
さて、そんな子供たちが大好きな迷路は、わき毛でも作れるのです。
 

 
 

いかがでしょう。何とも難しい迷路ですね。
くねくねとして予想のつかない道は、ワキ毛にしか作れないものです。
なお、迷路で遊んでいる際には、鼻息などの風にご注意ください。
 

難易度が跳ね上がります。
 
 
 
【鼻毛にしてみる】
日常生活で、急に鼻毛を伸ばさなくてはいけない時って、意外と結構ありますよね。
そんな時は、ワキ毛を鼻に入れてみましょう。
 
 

見てくださいこの自然な仕上がり。
これならばあなたの鼻毛ライフも、ワキ毛でカバーすることができますよ。
ただ、この世の終わりみたいな臭いがするので、取り扱いにはご注意を。
 
 
 
【扇風機に】
ここに一つの扇風機があります。
 

突然ですが、みなさんは扇風機についたヒラヒラとした紙を見たことがあるでしょうか
夏の家電量販店などではよく見られる光景ですよね。
あのヒラヒラにより、「風めっちゃ出てるから!」感を高めることができるのです。
それにより、扇風機の風がより涼しく感じられるのでしょう。
そんなヒラヒラを、ワキ毛でも代用できるのです。
なあに、作り方は非常に簡単。
 

扇風機の中心に、わき毛をボンドで接着するだけです。
 

完成です。
 

完成です。何で二回も言わせるんですか。
では、早速スイッチを入れてみましょう。
 

http://www.youtube.com/watch?v=ksK0CAxxBss
 
なんですかこれ。
まあ、でもヒラヒラしていましたね。
 
あ、ちなみに面白半分で、ワキ毛をのぞいたまま扇風機のスイッチを押さないようにしてください。
カチッ
 
 
うわあああ
風に乗ったワキ毛に襲われることになります。
口に入った場合、しばらくの間「ンパッ! ンパァッ!」としか喋れなくなるのでご注意を。
 
 
 
【来年の抱負を】
さあ、これが最後の活用法です。
クリスマスというのは年末に行われます。つまり、クリスマスが終わればすぐにお正月な訳です。
となれば、ここで来年の抱負を考えるべきではないでしょうか。
目標のある子供はよく育ちます。子供には夢を! 目標を!
そして、そんな来年の抱負を書くには、やはり半紙にで書くのが一番だと思いますよね。
いえいえ、違うのです。ワキ毛で書く方が断然良い字が書けるのです。
それはつまりどういうことかと言いますと、まずは大量のワキ毛をご用意ください。
 

両脇のワキ毛をフルに使うのです。
そうしましたら、それを割り箸に取りつけます。
 
デーン!
「ワキ毛筆」の完成です。
これで来年の抱負を書く事により、目標に対しての意欲がグンと伸びるというものです。
実際に書いてみました。
 
 

どうです? ワキ毛のように力強い文字でしょう。
こりゃ達成できますよ。来年はきっと良い年になるでしょう。
ただ、半紙が毛だらけになるのでご注意を。
 
 
・・・いかがでしたでしょうか?
ワキ毛の素晴らしさに気付いて頂けたかと思います。
糸ようじになり、迷路もでき、来年の抱負も書ける・・・まさに万能!
近い未来、三種の神器が「テレビ、洗濯器、ワキ毛」になることも時間の問題でしょう。
と、いうことで、さあ、サンタさん!
  

是非、子供たちにワキ毛を!
 

そして僕には彼女をください!
 

ギョーーーーッ
 
 

ギョーーーーッ
 
 

ギョーーーーッ
 
 

 

アバッ
 
 

ギョーーーーーーッ