読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運の力を鍛えよう! 「確率1/4、地獄の風船ゲーム!」

こんにちは、ARuFaです。
突然ですが、みなさんは運が良い方ですか?
僕ですか? 僕は、死ぬほど悪いです。むしろ死んでないのが奇跡です。
転んだ拍子に頭からガラスに突っ込んだり、飛んできた野球ボールがアゴに直撃したり、
挙句の果てに、かくれんぼ中に色々あって尻でガラスを突き破り、尻から人の家にお邪魔したこともありました。
ちなみにこれらは全て実話です。本当に。
 
さて、そんなクソ並に運の悪い僕は、運の良い人が羨ましくて仕方ありません。
きっと運が良い人は、穴を掘れば油田が沸き出、砂場で遊べば砂金が出るのでしょう。
ああ羨ましい。ああ妬ましい。お金が欲しい。マンションが欲しい・・・
と、いうことで、そんな欲にまみれた僕は、本日あるチャレンジをすることにしました。
名付けて、『運トレーニング』で、ございます。
「運」を「何かしらの不思議な力」とすれば、運の力も筋肉同様に鍛えることができるはずです。
ここは一丁、「運トレーニング」にチャレンジをして、運気を上げたいと思います。
断っておきますがウンチトレーニングではありません。「運トレーニング」ですからね。
わかったら早くそのオムツをしまってください。早く。
 
【チャレンジ内容】
今回、僕の運を鍛えるためにチャレンジするのはこちら!
 

『確率1/4! 割るな臭い風船ゲーム!』
用意されたこちらの4つのカラフルな風船・・・
この4つの風船のうちの1つには、死ぬほど臭い空気が入っております。
そして4つの風船を順番に割っていき、最後に臭い風船だけを残すことができれば成功というわけです。
しかし、もしも臭い空気の入った風船を割れば、地獄絵図は免れません。
 
ちなみに、臭い風船はこのようにして作りました。
 

腐った卵と、
 

賞味期限が去年のヨーグルトと、
 

2年前から冷蔵庫にある謎のビンの中身と、
 

1年前から冷蔵庫の奥底に眠っていた謎の物体を・・・
 

容器に入れて、5日間熟成させました。
 
〜5日後〜
 
うわああああ
さすがに5日間も熟成させると、中身がそれはそれは恐ろしいことになります。
そうしましたら容器の中身をスポイトで吸いだし、それを風船の中に入れるのです。
 
チュゥゥ
本当は中身も見て頂きたいのですが、そうすると多分記事がR-18になるのでやめておきます。
どのくらい臭いのかというと、フタを空けた瞬間に我が家がパニックになりました。
 

ちなみにこのエキスが入った臭い風船は友人に作ってもらったため、僕はどの風船が臭いのかはわかりません。
  
わかりません。
はたして、僕は無事にこのチャレンジを成功させることができるのでしょうか。
 
 
【挑戦開始】
 
次男、俺、次女
一人は嫌なので、次男(左)と次女(右)にも付き合ってもらいました。
やはり奇跡というのは、追い込まれた状況下の中で起きるものですからね。背水の陣です。
それでは早速風船を選び、割りましょう!
 
・・・
「・・・まずは、この赤色から割ります。」
まあ、焦らずに一つずつ地道に削っていきましょう。時間はあります。
 
「えーい!」
 
シュッ
  
パーン
割りました。はたして結果やいかに。
 

 
 
!?
 

 

 

 

一発で当てちゃった。
 
〜ここからは、あまりの臭さに苦しむ僕等の姿をご覧下さい〜
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
  

 
 

 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
以上です。
すみません。ちょっと楽しくなっちゃいました。
最後の方とか、一種のパーティーかと思いましたもん。
・・・いやでも臭いのは本当で、臭いのエキスが服に飛び散ったのですが、まだ臭いが落ちませんからね。
 
ぐったり
馬鹿みたいに暴れるもんですから、臭いを吸い過ぎてみんな死にそうになりました。
それにしても、1発で1/4の確率を引き当てるとは・・・
これはむしろ、逆に運が良いのかもしれませんね。
そう思うと、強運と悪運は表裏一体の紙一重なのでしょう。
そう、つまり僕は運が悪いと思いきや、知らず知らずのうちに運が良かったのです。
なあんだ、心配して損しちゃいましたね。
じゃあ何であんな馬鹿みたいなチャレンジをしたのかが、いよいよわからなくなりますが、そこは触れないでください。
とりあえず僕は運が良かったということで、これから宝くじで3億円を3本当ててきますね!
みなさんも、もし自分の運が悪いと思ったら、このチャレンジをしてみてはいかがでしょうか?
では、今日はこのへんえ失礼します!
ではまた!