読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兄弟対抗! 眉毛剃りジャンケン!

2013年、某所・・・
絶対に負けられない戦いが・・・
今始まる!!!!
 

兄妹対抗 眉毛剃りジャンケン!!!
 
さーあ! ついに始まった『兄妹対抗 眉毛剃りジャンケン』
お互いのプライドをかけ、眉毛という名の魂を奪い合うこの禁断のゲームッッッ
ジャンケンをし、負けた方が眉毛を片方を剃り落とすという非常にシンプルなルールだ!
それでは早速、選手紹介を致しましょう!!
 
【長女】

ピッチピチ高校3年生の長女氏。気に入らないことがあるとすぐに暴力をふるうぞ!
情報によりますと、長女氏は怒りのあまり兄に椅子を投げつけて泣かせたというエピソードを持っているらしいです。
ちなみに今日は学校帰りに見知らぬ高校生から「見ろよ、野性のゴリラだぜ」と言われたそうな。
まさに『ジャングルの火薬庫』! コイツァ恐ろしいぜェ!!!
 
 
【ARuFa(長男)】

大学4年生のARuFa氏、22歳だ!
気は優しくて力持ちという巨人のような性格のクセに、身長は小さいのが玉にキズ。
幼稚園の頃の夢は「ペンギンになること」だったらしいが、今でもその夢を追い続けているぞ!
まさに『夢見る巨大ペンギン』! 一体どんなバトルを見せてくれるんだ!!?
 

さあ、選手を紹介したところで、それでは早速二人の怪物に対決をしてもらおう。
ちなみに今回の勝負は一回限りのガチンコ一発勝負。当然、後戻りはできないぞ。
ジャンケンで負けて、片方の眉毛を剃り落とすのは一体どちらなんだ!?
 
・・・
ARuFa「いくぞ・・・」
長女 「来いよ・・・」
 
張りつめる空気・・・そしてついに勝負が始まりました。
 
 
「「最初はグー!」」

 
 
「「ジャンケン・・・」」

 
 
「「ポイ!!」」
 

 

ARuFa:チョキ / 長女:パー
 
・・・よってこの勝負ッ!! 
 

ARuFaの勝ち!
 

長女の負け!
 
・・・と、いうことで長女さんには約束通り、眉毛を片方剃ってもらいましょう。
 

ARuFa「ヘッヘッヘ・・・じゃあ、約束通り眉毛を片方剃ってもらいますぜ・・・!」
 

ARuFa「決めたぞッ・・・こっちの右の眉毛を剃ってもらおうか!! ヒッヒッヒ!!」
ARuFa「まずはその眉毛を拝ませてもらおうかな・・・それっ!!」
 
 

!!?
  

既に無い。
 
 

長女 「どうせ負けると思ってたから、勝負の前に剃っておいた。」
ARuFa 「なるほど。お前面白いな。」
 
 

ARuFa 「俺なんて増毛しちゃったよ。」
 
 
 

ARuFa 「あと、お誕生日おめでとう。
 
 
・・・そう、何を隠そう今日は長女の誕生日でした。
本日はそれを皆様にお伝えするためにこんな企画を提案したのですが、誕生日早々、長女は眉毛を失ってしまいました。
予定では僕がジャンケンで負けて眉毛を剃り、それを長女にプレゼントする予定だったのですが、まさか僕が勝ってしまうとは。
そんでもって、まさか奴が事前に眉毛を剃ってくるとは・・・。さすがは長女と言ったところでしょう。
あまりに展開が速すぎて、何が起こっているのかわからない読者の方もいるとは思いますが、それは僕も同じです。
とりあえず僕は、油性マジックを誕生日プレゼントとしてあげる予定です。
それでは本日は、長女が剃った眉毛を集めつつ、このへんで失礼致します。
 

眉毛、大切に。