読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必見! 『モテ護身術』をマスターしよう!

どうもみなさんこんにちは。
『モテ護身術』師範代、ARuFaと申します。
 
 
【モテ護身術】・・・護身術にモテ要素を取り入れた、全く新しい護身術。
・・・犯罪がはびこるこの現代社会。自分の身は自分で守ることが大切ですね。
そのためにあるのが『護身術』。華麗な身のこなしで自分の身を守ります。
しかし私はふと思いました。「はたして守るだけで良いのか」と。
確かに護身術で身を守ることは大切かもしれません。しかしそれはあくまでその場をしのぐためだけの一時的な手段です。
しかし、その場で相手を自分に惚れさせたならばどうでしょう。
人間、惚れた相手には危害を加えません。つまり相手が自分に惚れている限り永続的に危害は加えられないのです。
『モテ護身術』とは、そんな人間の心理をたくみに利用し、自分の身を守りつつ相手を自分に惚れさせる術です。
これをマスターし、あなたもモテ系護身術マスターになりましょう。
ちなみに師範代である私は、生まれて一度も女性と付き合ったことがありません。
ですが、これから紹介するモテ仕草は、Googleでちゃんと調べたやつなので大丈夫だと思います。
 
 
【手をつかまれたら】

さあ、まずは暴漢に手を捕まれた時の対処法です。
一般的な護身術では、捕まれた手首を回転させて抜けだしますが、モテ護身術はそこにモテ要素を組み込むのです。
それでは、ご覧ください。
 
 

http://www.youtube.com/watch?v=k2EUWtrvd_A
 
 
・・・いかがでしょうか。
手首を回転させて逆に相手の手首をつかみ、そこから相手のアゴに手を当ててキス。
このように流れるような動作で、そのイタズラな口をふさがれてしまったら相手は惚れるしかありませんね。
しかし、暴漢の全てが手をつかんでくる訳ではありません。
次のモテ護身術に参りましょう。
 
 
 
【取っ組み合いになったら】

取っ組み合い。それはどうしても力の差が現れてしまうもの。
しかし、そんな時にもしあなたがコートを着ていた場合、非常に幸運と言えるでしょう。
それは何故か。それを知るには是非とも動画をご覧ください。
 
 

http://www.youtube.com/watch?v=3axDx-6SmjM
 
 
・・・相手の手を握り、自分のポケットに入れてみました。
こうするとキュンとするとGoogleには書いてあったのですが、幾分相手が男だったため、何も感じませんでした。
座禅してんじゃないの? ってくらい無心でしたね。
なんか冬の日とかに相手に「寒い?」って聞いた後にやるといいんですって。知らんわ。
まあともかく、毎日コートを着ているとは限りませんね。
なので次は、服装に関係無いモテ護身術を紹介致します。
 
 
 
【後ろから抱きつかれたら】

人間、背後からくる的には気付くことができません。
そのため、暴漢も後ろから抱きつくことが多いのではないでしょうか。
そんな時一般的な護身術では、手を上に振り上げた勢いで抜けだすそうですが、モテ護身術はそこにモテ要素を入れます。
こんな感じです。
 
 

http://www.youtube.com/watch?v=X2mC1eQc-tU
 
 
手を振り払った後、逆に相手の肩をつかんで甘い言葉を叫んでやりました。
これには相手も驚きを隠せず、夕陽のように赤面してしまいました。
そして夕陽のように赤面させればこっちのもの、あとは近くにいる柔道部員に「あの夕陽に走れ」とか言っておけば万事解決でしょう。
しかし、もしかしたら近くに柔道部員がいないかもしれません。
そんな時はより確実な、次の方法で対応しましょう。
 
 
 
【連続攻撃で倒す】

もうね、倒しちゃいましょう。ええ。
「攻撃は最大の防御」という言葉があるならば、護身術者が攻撃したっておかしくありません。
いっそのこと、連続攻撃で倒してしまいましょう。
そんでもって、相手に惚れさせてしまえばいいのです。
 
 

http://www.youtube.com/watch?v=vpdX7Kk6ipo
 
 
連続攻撃の後に、メールで「鈍感。」と送ってやりました。
まさに時間差攻撃とツンデレのコラボレーション。
散々攻撃しておいて、「それは好きの裏返しなんだゾ」というメッセージを後から送れば、もう相手は骨抜きです。
骨を抜かれた相手はクラゲのようになってしまうので、その時に股間を3000発くらい殴れば息絶えると思います。
連続攻撃のやり方は自分で調べて下さい。多分Googleにあります。
 
 

・・・いかがでしたでしょうか。
護身術の守り! そして一瞬で相手を骨抜きにする攻撃!
この二つを兼ね備えた『モテ護身術』は、まさに非の打ちどころのないスーパー護身術と言えましょう。
しかし何より大切なのは、護身術を使わなくても良い時代が訪れること。
ということで、世界の平和をこの場を借りて願いまして、私の最後の挨拶とさせていただきたいと思います。
あと、この「モテ護身術」は、実践じゃなくて合コンとかで使うと良いと思います。
では、今日はこのへんで失礼致します。
ラブ&ピース。