読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の我慢強さを本気で調べてみよう!

こんにちは、ARuFaです。
突然ですが僕、最近思うんです。
「ああ、この現代社会に必要なのは『我慢強さ』なんだな」って。
というのもちょっと考えてみてください。今の社会が抱える問題というのは多種多様ですよね。
すぐにキレる若者、各所で相次ぐ不祥事、減らない犯罪・・・
しかし、これらは全て「我慢」をすれば済む話だとは思いませんか。僕は思います。
・・・が、しかし、そのような社会問題は最近になってどんどん多くなってきているのが事実。
そのため僕は、この現代社会には「我慢強さ」が求められていると思った訳です。
つまりこれからは、「我慢強さ」がモノを言う時代が来るはずです!
我慢強く、何があっても大木のようにドッシリ構えている男は、とてもかっこいいですしね。
ならば、これからの時代に備えて、自分がどのくらい我慢強いのかを知る必要があるとは思いませんか?
・・・というわけで今回は、新時代の先駆けとなるべく、弟も誘って自分の我慢強さを調べてみることにしました。
 
 
 
 
 
 
左が僕、右が弟です。
二人合わせて「我慢ブラザーズ」とでも呼んでください。略して「ガマブラ」ですね。
そして、僕らがこんな原宿のストリートスナップみたいな恰好になっているのにも、ちゃんとした理由があるんです。
それを踏まえつつ、早速、僕の我慢強さを調べる方法をご説明します。
 
 
 
 
 

まず、「いきなり何言ってるの?」と思われるかもしれませんが、弟の股間に特殊な装置を付けました。
この装置は、空気が送り込まれると全体が伸びる仕組みになっております。
そして、この装置からは細長いパイプが伸びており、その端を僕がくわえております。
 


 
このように。
つまり僕が、何らかの現象に対して我慢できずに息を漏らした場合には、弟の股間の装置が作動するという訳です。
いわば僕が実行役で、弟がセンサー役と言ったところでしょう。
それが僕たち、「我慢ブラザーズ」なのです。
 
 

・・・とまあそんな感じなのですが、実は僕、正直かなり我慢強いんですよね。
周りの人と比べても刺激に対して桁違いの耐性を持っているので、今回は期待できます。
もっと言っちゃえば、今回弟に付けた装置も、もしかしたら必要ないかもしれません。
こりゃ楽勝かもしれませんな! ははははは!
 
 
〜 一方その頃 〜
 
 

アタシは我慢ブラザーズの妹。突然だけど部屋でこんなものを見つけたの。
先端に柔らかいブラシの付いた棒。一体これは何なんだろう?
 
 
ツルリ
 
 
!?
あっいけない! 手が滑っちゃったァ!!
 
 

 
 
ヒューン
 
 
 

 
 
 
ドッ
んっ・・・
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

「ッツァーーーーーーーー!!!!」
 
・・・
 
・・・・
 
・・・・・
 

はい、あの、取り乱して申し訳ありませんでした。なんか変なブラシが乳首に当たったんです。
まさか急にブラシが飛んでくるとは思っていませんでしたね。ええ。
いやね、しかもちょっと装置に誤作動があったみたいでね。
自分では我慢したつもりだったんですけどね、なんか装置が誤って作動しちゃったみたいで。
・・・まあ、今のは事故ですが、本当に僕は我慢強い男なんですよ。
基本的に何が起きても眉一つ動かしませんからね。多分落雷にあっても無表情なんじゃないでしょうか。
「平成の我慢王」とはこの僕のことですからね! ははははははは!
 

 
 
〜 一方その頃 〜
 
 

なんか、本気で用途がわからない道具を発見しちゃったわ。何よこれ。
 
 
ツルリ
 
 

そんでもって流れるような動作で手が滑っちゃった!!!!
 
 

 
  
ヒューン
 
 
 

「まあ、我慢のスペシャリストである僕にかかれば、なんだってへっちゃらですよ。」
「もう矢でも鉄砲でも何でも来いって感じですね! ははははははは!!」 
 
 
ヒューン
 
 
バチンッ
 
 

あカっ
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

「ッツゥーーーーーーーー!!!!」
 
 
 
 

おいおい
 
・・・
 
・・・・
 
・・・・・
 
 

いや、申し訳ない。お見苦しいところを申し訳ない。ほんとに。
何だかよくわからない道具が飛んできて、僕の股間が挟まれたんです。
しかし、我慢強い僕は反応などせずにいたのですが、どうもまた装置が誤作動を起こしたみたいで・・・。
おかげで弟が5分くらい「アヘアヘ」言って動かなくなってしまいました。いい迷惑ですよ。
・・・ですがご安心を。もう大丈夫です。
今までのはいわばアクシデント、予定に無かったことですからね!
僕らが当初からやる予定だったのは、こちらなのです。
 
 
 
 
バーン
そう、自転車を使って我慢強さを調べるつもりだったのです。
それなのにブラシやら謎の道具やらが飛んできて、ビックリしましたよ全く。
さてさて、僕たち我慢ブラザーズが自転車を使って何をするのかと言いますと、その内容はいたってシンプル。
 
 

高速回転する後輪を、股間を押し付けて止めるのです。
これぞまさに「我慢強さ」を調べるにふさわしい方法ですよね。
これは、先程のブラシや謎の道具とは比べ物にならない程の刺激を伴うことが予想されます。
なので、もしもこれを我慢することができたら、さっきの装置の誤作動は、なんていうか、忘れてください。
さあ、それでは早速やってみましょう!
 
 
グルングルン
自分でペダルを思いっきり回し・・・
 
 
回しすぎた
そして、物凄い音を立てながら高速回転する後輪に狙いを定めて、ゆっくりと近づけていきます。
はたして僕は、股間で後輪の回転を止めることができるのか!?
そして、その衝撃を我慢することができるのか!?
全てはこの一瞬にかかっています!!
 
 

さあ、意識を集中させ、ゆっくりとに股間を後輪に近づけていき・・・
 
 
 
ガッ
そしてついに後輪と僕の股間が接触しましt――――
 
 
 
ギャリィッ
「あ゛ぅッッ」
 
 
浮いた
 
 
 
 
「ッん゛ーーーーーーーーーーッ!!!」
  
 
  
  
  

 
 
 
 
 
 

 
 
 

「ッツィーーーーーーーッ!!!」
 
 
 

「ッん゛ーーーーーーーーーーッ!!!」
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

「ッツィーーーーーーーーーッ!!!」
  
  
  

「ッん゛ーーーーーーーーーーッ!!!」
 
 
 
 

  
  
  
  

  
  
 
  

  
  
  
 
 

「ッツィーーーーーーーッ!!!」
 
 
 
 
 

Say Sey Ho♪ Good morning My friend♪
 
 
 

Ah-hah ♪
 
 
 

Say Sey Ho♪
 
 
 

Good morning My friend♪
 
 
 

I LOVE YOU♪
 
 
 

  
  

  
  
  

???
 
 
 
 

I LOVE YOU♪
 
 
 

  
  

  
  
  

???
 
 
 
 

I LOVE YOU!!!!!!!
 
 
 

  
  

  
  
 
  

Me too♪
 
 

  

 
 
  
  
  
 
 

 
 
 
 
 
 
 
・・・
 
・・・・
 
・・・・・
 
 

こうして僕たちは我慢することをやめた・・・
そう、始めから我慢なんてする必要がなかったんだ。
そう・・・我慢する必要なんて、なかったんだ。
獣に、なるんだ。
〜 fin〜