兄弟喧嘩

こんちは!
今日はですね・・・長女と喧嘩をしました。
今日はそのことを書こうかと思います。
文字ばかりで長いですが、よかったら見てくださいね。
 
 
それは、今日の夕方に起きました。
毎週土曜日は、僕のピアノのレッスンがあります。18時30分からです。
そのため、僕はその日だけは頑張ってピアノの練習をします。
んで、僕は12時頃から16時くらいまでずっとピアノの練習をしていたんです。
俺「さすがに、4時間も練習しっぱなしはやべぇだろ。うんこしたいし。」
さすがに4時間はキツかったです。
んで、僕はリビングへ行き、休憩をすることに。
ふと、テーブルの上を見ると、ピアニカがありました。
小学校や、幼稚園で弾いたことがある人にとっては、とても懐かしい物ですね!
ちなみに僕は「鍵盤ハーモニカ」と言っていました。地域によって呼び方が違うみたいですね。
懐かしくなった僕は、そのピアニカで「夏影」というエロゲの曲を弾いていました。
俺「あー、何か悲しくなってきた。泣く泣く。」
すると、母がやってきて、
母「わたしにも弾かせてー!」
と、いい、母はなんだかよくわからん曲を弾いていました。
すると今度は長女が怖い顔をしてこっちに来ました。
長「ああー!!!何使ってんの!!!??弁償しろ!!!勝手に使うな!!!」
と、いきなり怒鳴り始めました。びっくりした。
んで、事情を聞いてみると、そのピアニカは長女の物で、俺と母が口をつけたことに怒っているみたいです。
〜では、僕達の会話を聞いて、誰が一番悪いのかを選んでください〜
 
長「まじで死ね!!今すぐ吹くやつ買って来い!!」
俺「やだよ、面倒くさいしー」
長「糞兄貴!!!死ね!!!まじで死ね!!!死ぬか買って来い!!!!」
俺「だから、寒いし、面倒だしさー。しかもそこに起きっ放しにする方が悪いじゃん。」
長「練習しようと思ったの!!」
俺「でもさ、そんなに誰にも口をつけてほしくない物を、置きっぱなしにする方にも非があると思うよ。」
長「ふざけんな!お前が100%悪いだろ!!!死ね!!!」
俺「お母さんも吹いてたよ。 俺50%」
母「私50%」
長「お母さんも!!!買って来い!!!!」
母「しょうがないじゃんー、洗えばいいでしょー?」
長「お兄ちゃんが口つけたから嫌なんだよ!!!金払え!!弁償しろ!!」
俺「嫌だよもー・・・このせんべい美味しいね」
長「いい加減にしろこのっ!!!!」
と、言って長女は、ハサミ、カッター、鉛筆などがいっぱい入っているペン立てを投げようとしました。
そんなことを気にせずに僕がせんべいを食ってると、長女は泣き崩れてしまいました。
長「もうやだ・・・お兄ちゃんお願いだから死んで・・・本当に一生のお願いだから・・・」
俺「え・・・・えええ・・」
実の妹に泣きながら死んでくれと言われたらさすがの僕も落ち込ん・・・大爆笑しました。
俺「wwwwwwwwwwっをえfのえfj:w「おうおうぇj」うぇjwwwww」
長「本当に死ね・・・・てか早く新しいの買ってこい!!!」
俺「やだー・・・・」
母「近くのホームセンターに売ってるよ。」
俺「お母さんも吹いたじゃん。だからお母さん買ってきてよ。」
母「え、だって車ないもん。」
長「もう嫌だ・・・お兄ちゃんと一緒に暮らしたくない・・・」
俺「そこまで言われるとは・・・」
母「だってあんた、部屋汚いじゃん、長女との相部屋なのに。」
長「そうだよ!汚いんだもん!なんか猫のうんこみたいな臭いするし!」
俺「だってあれ、お前の買ってる猫の体臭じゃん。俺悪くないじゃん。」
長「うるせぇよ!!!!マジで買って来い!!!」
俺「だからさ・・・お前自身は100%悪くないって言えるの? 起きっ放しにしてさ。」
長「勝手に使ったお前が100%悪い!!!死ね!!!!」
俺「そんなに勝手に使われて泣くような大切な物をケースにもしまわないで置きっぱなしにするなよ。」
長「勝手に使うほうが悪いだろ!!」
俺「じゃあ、もし俺が今ホームセンターに吹き口を買いに行ったとして、」
長「うん。」
俺「そんな一緒に暮らしたくない俺が買ってきた吹き口を使いたいのか?」
長「え・・・・・いいから買って来い!!」
俺「新しい吹き口をお前が見てない事を良いことに、お尻にこすりつけた後、お前にわたすかもよ?」
長「・・・もうやだぁ・・・・吹き口買ってきた後死ね!!」
母「ひどいwwwwwwwwww」
俺「wwwwwwwwwwwwwwww」
んで結局、僕がホームセンターに新しいピアニカの吹き口を買いに行くことに。
まあ、実際俺の方が95%くらい悪いですし、妹の年を考えると、思春期になったみたいなので。
ここは、兄として、大人な行動をするべきかと。
僕もいつまでも子供じゃありませんよ。自ら口喧嘩で負けたりもするようになったんですよ。成長。
これからは、色々と妹や弟達を見守らないといけませんよね。
 
 
 
俺「でも負けたのは悔しかったから、わさび塗ろ。あと雑草も詰めておこう。」
やっぱガキでした。うへへ。