読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【小話】手作り工房の悪夢

※本日は学校の課題に追われており時間がないため、今回の記事では僕の体験した小話をさせて頂きます。
『手作り工房の悪夢』
先日、暇潰しに雑貨屋に行ったのですが、その一角に「手作り工房」というコーナーがありました。
手作り工房
そのコーナーには、可愛いキャラクターのパネルと、そこにハメ込めるような小さなひらがなのパネルがたくさんあり、
可愛いキャラクターのパネルに、自分の名前や好きな文字をハメ込んで、自分だけのオリジナルパネルを作れるとのコーナーでした。
そこで僕も「何か面白い言葉のパネルでも作ってブログにアップしよう」と思い、そのコーナーに立ち寄ることにしたのです。
 
俺 「どんな言葉を入れようか・・・」
僕がワクワクしながらキャラクターのパネルを選んでいると、僕より前に来たであろうお客さんが作ったと思われる作品が奥の方から出てきました。
それに気付いた僕は、「ふふ、どんな可愛い作品を作ったんだろう?」と思いながらその作品を手に取ってみたのですが、
それが、これでして。
 
 
よこづな
鼻水吹きました。
何だよこれ! 反則だよ!!こんなミスマッチ反則だよ!!
静かな店内で「オボゥッ」って、ボディーブローを食らったボクサーみたいな声出しちゃったじゃねーか!!
このキャラクターで、このポージングで、この言葉・・・完全に負けた気分です。
同じキャラクターのパネルを選んで、「しかばね」としようとしていた自分が恥ずかしくなりました。
 
俺 「・・・・」
見知らぬ誰かに敗北した僕は、自分に罰を与えるために「しかばね」の文字を入れ替えて「ばかしね」とし、自分に自分で罵声を浴びせて涙を飲みました。
嗚呼、恐ろしき手作り工房・・・きっとあの「よこづな」を作った人間は、このファイトクラブ(手作り工房)の常連でありボスなのでしょう。
そうとも知らず、あんな殺伐とした弱肉強食の世界に、遊び半分で足を踏み入れてしまった自分の愚かさたるや・・・
下手をしたら命を落としていたかもしれませんからね。今僕がこの話をできていることが奇跡のようなものなのです。
その後僕は「ばかしね」と並べたパネルを今一度入れ替え、さらに"ば"を足して「しばかねば」という文字を作って自分を奮い立たせました。
自分自身をしばき鍛え、「よこづな」を打ち負かすような物凄い作品を作り、この手作り工房の王として君臨するのです。
待っていろよ・・・よこづな!!!
貴様は、必ず俺が倒す!!!!!!!
 
・・・と、いうことで、「よこづな」を倒すべく、自分で新たな4文字を考えてみました。
 

体中穴だらけだし。
 
 

すごい怖い人。
 
 

病院行け。
 
 

違う。
 
 

絶対違う。
 
 

末期。
 
 

悟り開いちゃった。
 
 

恐ろしい。
 
 

ドラゴンボール集めた人。
 
・・・ハァハァ・・・いかがでしょうか。
しかし、だいぶ良いところまで行っていますが、何だか惜しい気がしますね・・・!
あと一歩・・・あと一歩が足りない気が・・・畜生!!!!!!
僕はまだまだ修行が足りないようなので、もっともっと精進し、いつかよこづなを倒したいです。
みなさんも是非、お時間ありましたらコメント欄にて「○○○○」の中に入る4文字の言葉を考えてみてください。
やってみる程に「よこづな」の恐ろしさがわかると思います・・・
 

是非!!