読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休日金欠日記!

こんちは!
ついに所持金がキャラメル2粒だけになったARuFaです。
ええ、そうですね。破滅です。
大学への交通費や食費、その他雑費などは全て自分で出していたのですが、特にバイトもしていない僕のお金がついに今日底をついてしまいました。
最終的にお金が無くなったのはコンビニでジュースを買った時・・・
会計を済ませるとサイフに9円しかない状態になったので、いっそのこと潔くその場で残りの9円を募金してやりました。
で、その様子を後ろで近所のおばあさんが見ていたらしく、「あら立派!」と声をかけられたので、
 
俺 「サイフの中身を全て募金しました。これで恵まれない子供達が幸せになってくれれば僕も幸せです。」
と言うと、「あらぁ〜ちょっと待って、これ、これあげる!」と、キャラメルを2粒もらいました。
今までずっと金欠生活を送ってきた僕ですが、所持金がキャラメルになったのは初めてなので、現状に反して現在は非常にワクワクしています。
このままでは来週から学校にも行けず、駅員にキャラメルを手渡して何とか電車に乗せてもらうしかないのですが、そんな事をしたら刑務所行きの特急電車に乗車せざるを得ないので、何とかしなくてはいけません。
はたして僕はどうなるのか。頑張りますので是非とも応援よろしくお願いします。
また、これを見ている石油王の方がいらっしゃったら、キャラメルをあげるので2億ください。
 
さてさて、そんなボンビーベイビーな僕は本日14時に、自分の寝言に驚いて起床しました。
俺 「・・・茶色い方かよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
俺 「えっ何!?・・・びっくりした・・・ああ、14時か・・・」
夢の内容こそ覚えていませんが、どうであれ「茶色い方かよ!」というツッコミはどうかと思います。
そんでもって多分これは高確率で下ネタでしょう。夢の中でまで下ネタとは、自分の深層心理が怖くなってきました。
そんな感じで夢の中の自分に落ち込みながらも僕がリビングへ向かうと、リビングには誰もいませんでした。
寝起き時にはツッコミの件で気付きませんでしたが、冷静になってみると死ぬ程お腹が空いていたため、僕は「すき家」へ行く事にしました。
ただ、寝起き直後の頭がボーっとしているにすき家に行ったため、
 
店員 「いらっしゃいませ〜」
俺  「牛丼の並をつゆだくと・・・あと、味噌汁のつゆだくで。」
店員 「・・・申し訳ありません、お味噌汁のつゆだくと言うのは・・・当店では・・・あの・・・」
俺  「えっ、僕そんなこといいました!? すみません!」
店員 「いえ・・・それでは・・・」
・・・と、『味噌汁のつゆだく』というただの大盛りの味噌汁を注文しそうになってしまいました。
その上無意識だったので自分で注文したことを覚えておらず、まるでもう一人の自分の人格がしょうもない注文をしてしまったかのようでとても恥ずかしかったです。
店員さんも「しょうもな。」みたいな顔をしていたので、「わざとじゃないんです!」と言いたくもなりましたが、これ以上迷惑をかけるとカラーボールを投げつけられそうなので大人しくすることにしました。
そして、牛丼のつゆだくと味噌汁を美味しくいただき、会計を済ませた後に僕はコンビニへ行きジュースを購入・・・
そこで記事の冒頭で書いたように所持金がキャラメルになり、キャラメルを握り締めながら僕は家へと帰りました。
 
俺 「・・・牛丼を食いに行って、キャラメル握り締めて帰ってくるとは。」
人生とはわからないにも程があります。もうちょっとわかりやすくしろよ!牛丼を食いに行ったら札束握り締めて帰って来るぐらいに!
しかし、そんなことは強盗でもしない限り無理なので、家に帰った後僕は、コンビニでもらったキャラメルを舐めながら学校の課題をしました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
そして夕方頃。僕が課題を終えたタイミングとほぼ同時に、先日通販で購入した目隠し用のサングラスが家に届きました。
 

付けてみました。全体的にカーブして顔にフィットしているので、真横から見ても隙間から目が見えることはありません。
これでリアルタイムに目隠しをすることができるので、動画の目隠し加工をしなくて済むので非常に助かります。
ちなみにこのサングラスの支払いは、母に借金をして済ませました。
「親に借金してまで買うべき物なのか」と聞かれれば首を横に振らざるを得ませんが、必要なのです。多分。
そしてその後、僕はサングラスをかけたまま部屋の掃除をし、夕食を食べて今に至るという感じです。
結局掃除はサングラスのせいで視界が悪くて掃除ははかどらず、逆に部屋は若干汚くなりましたけどね。
 
やらなきゃよかった
みなさんは、掃除をするときにはサングラスは外しましょうね。
それでは、今日はこのへんで失礼いたします!
ではまた!