読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短めライブ参戦日記!

こんちは!
秘密裏に行っていた過酷なトレーニングを経て、完璧な肉体を手に入れたARuFaです。
 

はいはい。
 

頭切れてるし。
いや、あのですね、聞いて下さい。男は誰しもマッチョなナイスガイに憧れるものなんです。
なので僕も気持ちだけでもマッチョになろうと、マッチョな外国人の画像に自分の顔を合成してみたのですが、明らかにミスマッチなんですよこれ。
憧れのマッチョ姿が自分の顔とミスマッチというのは、非常に悔しいものです。
何かの間違いかと思い、別の外国人の方でも試してみたのですが、
 

やっぱり全然合わないんですよ。っていうか何だこの写真。
そもそも僕が頭の切れている写真を選んでしまっている時点でゲームセットな気はしますが、それにしたって僕の顔とマッチョなボディは合わな過ぎです。
近々筋トレを始めようと思っていたのですが、ここまで筋肉が合わなくなってくると体を鍛えるモチベーションも上がらないのでまた今度にすることにしました。
 
さて、そんな僕は本日、母と一緒にクロマニヨンズというロックバンドのライブに行ってきました。
クロマニヨンズというのは、かつて「ザ・ブルーハーツ」のメンバーだった甲本ヒロト真島昌利を主要メンバーとして結成されたロックバンド。
僕の母がそのクロマニヨンズのファンであり、僕もよく聴くため本日のライブは非常に楽しみにしていました。。
ライブというのはアーティストに実際に会うことができるだけでなく、好きな楽曲を生の音で大音量で聞くことができますからね。そりゃもう最高なわけです。
そのせいで本日の僕は朝からテンションが高く、ジッとしていることができずに常にソワソワしていました。
おかげで朝8時から「太ももを振動させていかに太く撮影できるか」という頭のおかしいチャレンジを一人で行っていたほどです。
 
ブルブルブルブル
その時の写真がこちら。太ももを振動させて太く撮影したところで何が起こる訳でもなく、「あ、太い。」という自己満足感と少しの切なさしかその場では生まれませんでした。
 
駅にて
んでもって、母と一緒に家を出て、ほぼ徹夜明けの状態なのに元気いっぱいでライブ会場に向かい・・・
 
水道橋
そして、会場である東京ドームシティに着いた時には、徹夜明けの反動で死ぬほど眠くなりました。
一時は本気で眠く、入場列に並んでいる時などは意識が朦朧としていましたが、ライブが始まるとその眠気は遠くの彼方(フロリダくらい)まで飛んでいきました。
 
俺 「うおーーーー!!」
ライブが行われていた2時間は、人に揉みくちゃのモンダミンにされて汗だくになりながら、爆音の音楽で暴れまくっていました。
途中、隣の人のヒジがアゴにヒットしたり、前の人の後頭部がアゴにヒットしたりと、何かとアゴにダメージが蓄積されましたがそれもライブならではですね。
 
ライブ後
熱気あふれるライブが終わった後には、体から湯気を立たせながら家へと帰りました。
久しぶりのライブに参加し、思いっきり叫び暴れることができて本当に楽しかったです。
本来ならばもっと細かいところまで記事として書く予定だったのですが、何分あまり寝ていない上に騒ぎ過ぎたので、もう眠気が限界なため、短めですがこのへんで失礼いたします!
本日は久しぶりにライブに行く事ができてとても楽しい一日でした。また機会があれば色々なライブに参加したいです!
それでは今日はこのへんで!
ではまた!