読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況報告! カレーとイベント!

こんちは!
手違いで、「俺がウンコを夜空に打ち上げたら『たまや〜』って言ってくれるわけ?」という内容のメールを、大学の先生に送信してしまったARuFaです。
 
これ
やってしまいました。完全にやってしまいました。レッドカードの一発退場ものの失態です。
いや、違うんですよ。本来なら友人に送るつもりだったんです。まあ、友人だからOKということでも無い内容ですけどね。
ですが、アドレス帳では友人の名前のすぐ下に大学の先生(友人と苗字も同じ)の名前があったため、間違えてこのメールを送信してしまいました。
この先生には以前にも同じ友人と間違えて、「しりとりしようぜ! パキスタン!!!」というアホ丸出しなメールを送ってしまって怒られたことがあったので、僕は非常に慌てました。
そしてしばらくして、その先生から返信があったのですが、
 

__________
◎◎さん
こんにちは、△△です。
メール拝見致しました。次の登校日に学校でお待ちしておりますので、研究室にお越しください。
それでは。
__________
・・・という内容で、何だか震えが止まりません。こういうのって、丁寧な文章ほど怖いんですね。
皆さんはメールを送信する際には、相手の名前を確認するようにしましょう。
僕は今週の登校日が怖くてたまらないので、とりあえず先生のところには弁護士と一緒に向かう次第です。
 
さて、そんな僕ですが本日は近況報告をさせて頂きたいと思います。
「ARuFaの日記」という名のこのサイトですが、師走ということもあり、忙しくてなかなか日常生活の事を皆さんにお伝えできていませんでしたからね。
もしかしたら、この数日の間で僕が皆さんに内緒で石油王になっていたり、未確認飛行物体を見ているかもしれない訳です。
こうなってくると噂というものは一人歩きしやすいため、突然見知らぬ人から「よ、石油王!」とか「未確認飛行物体どうだった?」とか言われても困るため、
今日は、僕のここ数日の近況をご報告させていただきます。
・・・果たして、僕はここ数日で石油王になっていたのか!? そして未確認飛行物体を見ることはできたのか!?
今挙げた出来事の可能性としてはもう「変な期待させてスンマセン」と謝ることしかできませんが、是非僕の近況をご報告させてください。
では、どうぞ。
 
 
インドカレー屋で一番辛いカレーを食って泣く】
先日僕は、大学の友人であるラユ君、ダイ君と一緒にインドカレー屋へ行きました。
カレー好きな僕が急に本場のカレーを食べたくなり、「今の時代はカレーぜよ!」と、ラユ君・ダイ君を誘ったのが事の発端です。
 
ダイ君
大きなナンを前に大喜びのダイ君。
何だか、大きなナンと一緒に写真を撮ると誰でもインド人っぽくなりますね。写真だけ見ると、どちらがダイ君でどちらがナンだかわからなくなってきました。
で、まあこの写真を見てもわかるように、その場の雰囲気としては非常にワキアイアイとしていて、とても楽しい雰囲気でした。
・・・ただ一人を覗いては。
 
俺 「・・・うーん、非常に美味しいデスネー」
 

 
俺 「コレハ病み付きになりマスネー」
 

 
俺 「オイシー オイシー」
 
泣いてる
ラユ 「え・・・泣くほど美味しいの?」
俺  「・・・食ってみ。」
ラユ 「え? うん。・・・・ア゛ッッ!!!!
俺  「・・・あれ、ラユも泣いてない?」
ラユ 「かっっっっっっっっっっっら!!!!!
 

・・・そう、僕はインドカレー屋に来れたことが嬉しくて、つい「このお店の中で一番辛いカレーを下さい」と注文してしまったのです。
「日本人の口に合わせなくてもいい・・・本場のインドを体験させてくれ」という熱い思いを、店員さんに伝えたのです。
その結果、上の写真のようなカレーが手元に届いたのですが、一口食べたら目からは涙、鼻からは鼻水、全身からは汗が吹き出し、大変なことになりました。
 
これ
他の2人は甘口の美味しそうなカレーだったのですが、僕のカレーだけは皆よりも赤く、液体っぽくありません。
当然飲み物とティッシュの量は増え、僕の机だけは物で散乱してしまいました。
 
部屋か
ダイ 「俺にも食わせて・・・・・・え゛ッ!!!!
俺  「やっぱり泣いた。」
ダイ 「・・・お前・・・がんばれよ・・・!」
俺  「うん・・・・」
ですがいいのです。これがインドの味なのでしょう。
日本人の舌に媚びないこの辛さこそが、本場のインドのカレー・・・本物のカレーなのでしょう。
僕はインドを感じながら一口ずつカレーを味わい、最終的にはお腹を壊しながらカレーを完食しました。
で、お会計の時にインド人の店員さんと少し話したのですが、普通に「アンナノ、インド人デモ食ベナイヨ〜!」と言われ、いよいよ号泣しました。
今度からは自分の身の丈にあった物を食べよう・・・そう痛感した一日でした。
 
 
 
【『バカ記事大賞2013』にノミネートされる】
普段から馬鹿な記事をたくさん書いている僕ですが、そのかいあってなんと、『バカ記事大賞2013』というイベントにノミネートされてしまいました。
『バカ記事大賞2013』というのは、「デイリーポータルZ」と「オモコロ」というサイトが主催しているイベントで、『日本一バカな記事決める』という内容のイベントです。
そして、そのイベントに僕の「入浴剤で夏を乗り切ろう!」がノミネートされ、作者紹介ということでイベントに出演させていただく事になりました。
 
記事内より
これはその記事内の写真なのですが、この写真がイベントのお客さん全員の目に止まると思うと少し興奮しました。
イベントは、お台場の「東京カルチャーカルチャー」という会場で行われるらしく、僕はお台場なんて全然言ったことがなかったため、非常に新鮮な気分で会場へと向かいました。
お台場付近は、360°全てが知らない物だらけ。僕は大はしゃぎです。
 

知らない!!!!!!!!
 

知らない!!!!!!!!
 

知らん!!!!!!!
 

知らな〜〜〜〜〜い!!!!!
 

知らない駅〜〜〜〜〜〜!!!!
 

知らない〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
 

知ってる!!!!!
 

これも知ってる!!!!!
 

乗ったことある!!!!
 

知らない駅〜〜〜〜〜〜〜!!!
・・・という感じで、会場のある「青海駅」に到着しました。知らない駅です。
途中、パトカーを見つけ、小学生の頃に迷子になってパトカーで家まで送ってもらったというトラウマが蘇りましたが、それにも負けずに僕は辿り着きました。
 

青海駅には"ゆりかもめ"という電車で向かったのですが、ゆりかもめのロゴマークは片目を潰された両津勘吉にしか見えませんでした。
で、青海駅から徒歩5分くらいにある会場、「カルチャーカルチャー」に到着しました。
 

この中にあるそうです。まさか天下の"Zepp Tokyo"の中にあるとは知りませんでした。
 

中はこんな感じで非常に広く、段々と緊張してきてしまいました。
そんな僕をよそに、会場ではリハーサル等が行われます。
 

リハーサルをしたり、出演者の方々と話したりしていたら緊張が解けたのでよかったです。
そしてしばらくして開場時間となり、イベントがスタート。大勢のお客さんの前でバカ記事がどんどん発表されていきました。
 
ドワー!
僕も自分の前になると前に出ていき、自分で書いたバカ記事の紹介をしました。
途中、実演ということで司会者の"セブ山さん"という方が、身体にハッカ油を塗って扇風機に当たり、その寒さをお客さんに伝えてくれました。
 
セブ山さん(左)
左がそのセブ山さんで、右が以前も登場したヨッピーさんです。
これは休憩中の楽屋の様子なのですが、セブ山さんからは強烈なミントの香りが漂っていました。
そしてイベントは大成功。バカ記事大賞は「一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法」に決定いたしました。
僕も自分の出番以外はほとんどお客さんとして見ていたので、凄く楽しいイベントでした!
あと、全然関係ないのですが、
 

青海駅のトイレの扉が、カウボーイの行きつけのバーのようで面白かったです。
「マスター・・・いつものオシッコ・・・」
とか言ってそうだなぁと思いました。
僕も自分の家を構えたら、こういうトイレにしたいです。
 
 
・・・いかがでしたでしょうか?
近況報告とは言うものの、カレーを食ったことと、お馬鹿記事を紹介してもらったことしか書けませんでしたが、これが僕の近況です。
ちなみに冒頭では、「・・・未確認飛行物体を見ることはできたのか!?」という煽り文句を書きましたが、未確認飛行物体っぽいものは先日見ました。
 
なにこれ。
なんか、飛んでました。
まあ、それはいいとして、最近は忙しいですが僕は元気いっぱいです!
夜まで予定が入ってしまったりして、なかなか記事を更新できない日が続きますが、できるだけ休まないよう努力致しますので、何卒温かい目で見て頂ければ幸いです!
今までは一応「毎日更新」の方針でやってきたので、更新ができない日には「死んだのか!?」と、皆様に心配もおかけしてしまって申し訳ありません。
体調を崩さない程度に頑張ってまいりますので、何卒宜しくお願い致します。
それでは今日はこのへんで失礼致します!
ではまた!!