読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お寝坊日記!

こんちは!
大学のレポートを徹夜で終わらせたのですが、
 
終了直後
命を削った気がするARuFaです。
最近は徹夜をすることが多いのですが、今回の徹夜は歴代の記録に刻まれる程キツかったと思います。
眠気はもちろん、"空腹"という名の悪魔にも襲われましたし、"漫画"という名のテロリストにも命を狙われました。
そう、徹夜でレポートを書いているだけで、身の回りが敵だらけになるのです。
そこで僕は"空腹"という悪魔を倒すためにコンビニでホットドックを食い、"漫画"というテロリストを倒すために少年ジャンプを読破してやりました。
なかなか手強い相手でしたが、あえて欲望に抵抗しないというノーガード戦法で戦いに挑んだ結果、何とかそれらの敵を打ち倒す事に成功し、レポートが完成したのです。
シンプルに言えば、「飯食って漫画を読みつつ徹夜でレポートを書いていた。」ということになりますね。
食事と漫画がなければ多分徹夜をする必要も無かったとは思いますが、それがなければ完成しないレポートもあるという事を皆さんには知って頂きたく思います。
 
さて、そんな徹夜をした僕は、朝食を食べて朝の9時頃に就寝しました。
徹夜をした後の眠気というのは、頭に生クリームを詰め込まれているかのようなモッタリとした感覚で、僕はその感覚が結構好きです。
そんな感覚をもっと味わいたいとは思ったのですが、身体は非常に正直であり、僕は布団の上に寝転がった瞬間に爆睡してしまいました。
目覚まし時計は12時にセットし、僕は9時からの約3時間の睡眠を精一杯寝ることにしたのです。
 
・・・
・・・
 
おはようございます。
・・・そして、次に目がさめたのは16時45分でした。
目が覚めた時には窓の外が夕焼けで真っ赤に染まっていいたのですが、寝て起きて夕方という経験はあまりなかったため、時間がさかのぼって朝焼けが光っているのかと思いましたからね。
若干の絶望感は感じたものの、そこには清々しさすら感じることができ、僕はそれを「睡眠・ハイ」と名付けることにしました。
走り続けるうちに苦しみを感じなくなる「ランナーズ・ハイ」のように、清々しさを感じる程に寝坊すること。それが「睡眠・ハイ」です。
まあ、ただスッキリするほど寝ちゃっただけですが、そんな失敗すらかっこよく言えば自分に言い訳がつくのでオススメです。
・・・さて、そんな僕が歯を磨こうと洗面所に行くと、そこには歯磨き粉と洗顔フォームと同じ並びにこんな物が置いてありました。
 

 

からしです。
なんと古典的でベタな罠なのでしょう。こんなクソゲロみたいなトラップを仕掛けるのは母しかいません。
そこで母に問い詰めてみると・・・
 

母 「遊び心。」
と、よくわからないポーズ&ミニスカートで言われました。50歳なのに何してんでしょうね。
しかし、思えば僕はこの世に生を受けて今までの22年間、からしで歯を磨いたことがありませんでした。
そこで、せっかく母が用意してくれたことですし、実際にやってみることにしました。
 

からしには殺菌作用もありますし、あながち新たな健康習慣としてはアリなのかもしれません。
 

シャカシャカ・・・
 
 

全然ナシでした。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、夕方からは高校の頃からの友人であるシモ君が我が家に遊びにやってきました。
シモ君
本日はシモ君と一緒に遊ぶ約束をしていたのです。
 
シモ 「家に来らのは凄い久しぶりだわ・・・本当にベッドぶっ壊れてるじゃん!」
シモ君が僕の家に来るのは約5年ぶり。その間にこの部屋の雰囲気もずいぶんと変わりましたからね。ベッドはぶっ壊れたし。
 
大喜び
壊れたベッドでここまではしゃぐ人は初めてです。はしゃいだ末にベッドを壊した人もいれば、そのベッドを見てはしゃぐ人もいるんですね。
その後、僕等は談笑した後に特にやることも無くなり、暇だったので2人でニコニコ生放送の配信をしたりして遊びました。
配信ではシモ君が「何故ARuFaに彼女ができないのか」を友人の視点から分析し、僕に彼女ができない理由として『すぐトイレに行く説』を力説。
"膀胱の大きさ=モテ力"という新たな学説を提唱し、「オシッコが止まらないARuFaはモテない。」という結論に至りました。
そのため僕は2歳の頃に卒業したトイレトレーニングを再び行うことを決意。おまるに乗ってオシッコをし、しまじろうのシールを集めなくてはいけなくなりました。
しかし、そんなこどもチャレンジ野郎に彼女ができるか? と問われれば疑問なので、もう一度よく考えなおしてみたいと思います。
 

配信をした後は、シモ君と一緒に1時間ほど歩いてラーメン屋へ行きました。
我が家の近くにはラーメン屋がいくつかあるのですが、運悪くどこも閉まっていたので、散々歩き回って見つけたラーメン屋は砂漠に湧くオアシスのように見えました。
 

最近餃子にハマっている僕は、焼き餃子と海老餃子を注文。ビールと一緒に食べました。
 
俺  「・・・死因は『うま死』です。鑑識に回せーー!!」
シモ 「一個くれてもいいんだよ。」
俺  「絶っっっっっっっっっっっっ対あげない。」
シモ 「心が狭い人は彼女もできないんだよ。」
俺  「あげる。でもお前のラーメンよこせ。」
そんな感じの意地汚い取り合いをしながらも、僕等は夕食を食べました。
そして僕等は夜の0時頃に解散。来週も遊ぶ約束をしたので、これで僕等は1ヶ月間毎週一緒に遊んでいることになります。もはや塾です。
 
家に帰った後は、先日我が家に届いた読者さんからの年賀状を開封し、一枚ずつ読ませていただきました。
ドワァーー!!
年賀状を送って下さった方々、本当にありがとうございます!
まさかこんなに多くの方から頂けるとは思っていなかったので、感謝感激雨あられです!
 
喜びの舞
嬉しすぎて尻が擦り切れるかと思いました。
僕からお返しすることができないのが申し訳ありませんが、この場を借りてお礼申し上げます。
そしてたくさんの年賀状を読ませて頂き、そして日記を書き始め、今に至るという感じです。
本日、寝坊をしてしまいましたが、その遅れを取り戻せるほどの密度の濃い一日なりました!
それもこれも家族や友人、そしてみなさんのおかげだなぁとしみじみ感じています。
明日も楽しい一日を過ごせるよう、頑張りたいと思います!
それでは今日はこのへんで!
ではまた!