読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会とケース日記!

こんちは!
先日、友人と一緒に行った居酒屋で、こんな貼り紙を発見したのですが、
 

 

『ゲリ串揚げ』って何よ。ってなったARuFaです。
まあ、これがゲソ串揚げだということはすぐにわかりましたが、一見すると完全に「ゲリ串揚げ」だと思います。
ゲリ揚げだとしても、3本で150円は安いと思いますので是非皆さんも注文してみましょう。相場はわかりません。
  
・・・さて、そんな僕ですが、本日は12時に起床しました。
本来であれば6時頃に起床をして、素敵な早起きライフをモーニングコーヒーと共に過ごし、爽やかな朝日を金玉に当てて落ち着きたかったのですが、実は前日の夜に事件がおきまして・・・。
深夜3時頃、ブログを更新し終えた僕はコンビニに行ったのですが、外出している間に家族が玄関の鍵を誤って閉めてしまったのです。
コンビニへは鍵を持たずに出かけたため、当然家の中には入れず、僕は2月の夜を屋外で過ごすハメになりました。
結局家に入れたのは閉め出されてから1時間後・・・。家に帰っても寒さで寝付けず、結局就寝できたのは朝の5時頃でしたので、その分起床時間も遅れてしまったという訳です。
そんな訳で、僕のモーニングコーヒーを飲むという目標は文字通り夢に消え、断腸の思いでアフタヌーンティーを飲むことに。
 

俺 「いやー、我ながら今日も死ぬほど不味いな。」
・・・僕はコーヒーを淹れるのが殺人的に下手でして、どんな高級コーヒー豆でも僕がドリップすればたちまち不味くなるという才能の持ち主なのです。
その不味さはキリマンジャロも噴火するレベルで、母と次女に至っては僕の淹れたコーヒーを飲んで体調を崩したこともあります。
もしこのブログを読んでいる方で、コーヒーを上手く淹れることができる方がいらっしゃいましたら、コツを教えて頂ければ幸いです。
これ以上、僕のコーヒーの犠牲者を出さないためにも、宜しくお願い致します。
 

さて、そんなコーヒー界のデストロイヤーである僕ですが、15時頃には品川駅で軽い打ち合わせの用事がありましたので、電車を乗り継いで千葉県の辺境の地から都会のど真ん中へと向かいました。
で、その品川駅周辺というのは僕が思ったよりも都会都会している都会でして、
 

俺 「ホグワーツじゃん・・・」
近代的な駅内は、まさに魔法で作られたかのような印象です。
よく、江戸時代の日本から侍が現代にタイムスリップしてくるような作品がありますが、千葉県とかならともかく、品川駅周辺にタイムスリップをしてきたら景観の差で死ぬんじゃないでしょうか。
わかりやすい比較として、僕がよく利用している千葉県の津田沼駅で最近撮影した写真を載せますが、
 

なんかもう、駅前にどこぞの店から来たかわからない『迷いカート』が転がってますからね。
調べてみたら、このカートに書いてある"LABI"という電気屋はここから300m離れたところにあるので、コイツは何らかの手段でここまで来たことになります。
品川駅は近代的な建造物が立ち並ぶ素敵な駅前ですが、かたや我が地元の駅では道端に転がったカートが謎が謎を呼んでおり、そのギャップに僕は驚きを隠せません。
周りをキョロキョロしながら品川駅の改札口を出て屋外へと抜けると、そこには超高層ビルがそびえ立っていました。
 

大き過ぎてカメラに入りきりませんでした。
よく、都会の空は狭いとは言いますが本当だったんですね。
特に、こちらのビルなんかは全体的に鏡張りっぽくなっており、非常にカッチョイイ感じです。
 

こんな大きなビルがあると、是非とも僕のナイスなバディを映してみたくなてしまうというのが男の性なのでしょうか。
是非とも僕がウルトラマンのように巨大化したら、こんな大きな姿見で身だしなみを整えてみたいものです。
 
イメージ
まあ、とんでもないほどの苦情は来ると思いますけどね。
よく、高層ビルの最上階のレストランから美しい夜景を見て、恋人に「この夜景に乾杯。」なんてキザな事をする人がいますが、
その時に運悪く僕が現れたら、僕の『御肉男爵(おにくだんしゃく)』に向かって乾杯をするハメになりますからね。
自分の股間に『乾杯』をされたことは人生で一度もないですが、想像してみたらそれはそれでアリだと思いました。
「百万ドルの夜景」ならぬ『百万ドルの陰茎』という若干上手いことが頭の中でグルグル回っていたため、その後の打ち合わせは心ここにあらずな感じだったかもしれません。
そして、打ち合わせが終わったあとは100円ショップに立ち寄り、最近買ったスマホのケースを購入して家に帰りました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

そして、その100円ショップで購入したスマホのケースというのがこちらです。
安っぽいスライムのような蛍光色が全面に塗られ、その上なんの模様も無いというアレな感じのデザインです。

お店にはこれしかデザインが無かったため、やむを得ずこれを買うしか無かったのですが、個人的にこのデザインはアレなので少々アレンジをしてみたいと思います。
スマホケースの簡単なアレンジ法なので、是非みなさんも試してみてください。
 

まず、簡単な土台(ティッシュ箱)の上にアレンジしたいスマホケースを置き、
 

「ウッキキーーーーーーーー!!!!!」
甲高い雄叫びと小粋なポーズとともに、
 

 

 

「ンマァァァァァァ〜〜〜〜〜!!!!」
思い切り殴りつけましょう。
後先を考えないくらい思い切り殴りつけると良いと思います。僕の場合は箱にケースがメリ込みました。
 
メリ込んだ
でもまあ、やり過ぎるくらいがちょうどいいと思います。
で、このくらい思い切ってスマホのケースをパンチングすると、スマホのケースが大破しますので、
 

これをスマホにはめて・・・
 

若干ワイルドになったところで、
 

このように自作のステッカーを貼り付ければ完成です。
カバーなだけにカバのステッカーを貼ってみました。極刑レベルのダジャレですが、可愛さでカバー出来ましたかね。ってアラマ〜〜〜!
明日からこのスマホケースを付けて生活しますので、電車などで見かけたら是非とも声をかけて下さいね。ついでに5千円下さい。
そして、スマホカバーのアレンジを終えた僕は、手から血を流しながらお風呂に入り、今に至るという感じです。
本日は、都内に出ることもできましたし、素敵なスマホケースをゲットできて良かったです!
ちなみに、明日は一人暮らしをするための家を見てくるため、僕の新居の内装も初公開! かもしれません。
それでは、今日はこのへんで失礼致します!
ではまた!