読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高カロリー日記!

こんちは!
「自分のケツを『小さいケツ』で隠して、それを『さらに小さいケツ』で隠して…を極限まで続けるとどうなるのだろう」と思って試してみたところ、
  

途中の段階で無間地獄みたいになって恐怖したARuFaです。
軽い気持ちで始めたことが、まさかこんなに恐ろしいことになるとは思いませんでした。
そして、ここから『さらに小さいケツ』で自分のケツを隠し続けてみたのがこちらなのですが、
 

吐きそうになったのでやめました。
この辺で気付いたのですが、小さいケツをさらに小さいケツで隠している限り、理論上はこれに終わりはないんですよね。
まさか『永遠』への入り口が自分のケツにあるとは思っていなかったので、僕は「なんてことをしてしまったんだ」と布団をかぶって震え、一通り怖がった後は風呂入って糞して寝ました。
 
・・・さて、そんな僕は本日、普段よりも1時間早く起床しました。
普段会社に出社するときは9時に起床するのですが、本日は午前中にに他の会社との打ち合わせがあるため、早起きをして家から直接他社に向かう予定になっていたのです。
向かう先は日本の中心、東京駅
しかし僕は殺人的な方向音痴なため、東京駅のような大きな駅で迷う可能性は大。
そのため、事前に駅の構内図を調べてみたのですが、その結果こんな画像が出てきました。
 

ふざけんなって。ふざけんなって、おい。
ダンジョンかよ。日本の中心はダンジョンかよって。まじで。
自由帳にこういう迷路書いてたわ。ワープゾーンとか作ったせいで、最終的につじつま合わなくなって一生ゴールできない迷路になったわ。
・・・あまりの複雑な構内図に、僕の脳は考えることをストップ。
自分で無理をするのではなく、駅員さんにルートを聞きまくることにしました。
 

そして駅員さんに道を聞いた結果、難なく目的の出口から出ることができました。
あれだけ複雑なダンジョンを自分の庭のように案内してくれる駅員さんって心底凄いと思います。駅の中ならボブサップよりも強いのではないでしょうか。
逃げる駅員を行き止まりまで追い詰めたボブサップが、「追い詰められたのはどちらかな…?」と言われて、地の利を活かしてボコボコにされる光景が僕の脳裏には浮かんでいました。
・・・そして1時間後、他社との打ち合わせは無事終了。
帰りには、東京駅にある「きじ」というお好み焼き屋で昼食を食べることにしました。
 

このお店は、僕がずっと「行きたい行きたい!」と言いつつも、行く機会を逃しに逃しまくっていたお店。
たとえ予定を入れても風邪をひいたり口内炎になったりして結局行けず、最近では「初めから店なんて無かったと思った方が気が楽なのでは」と諦めかけていたので、訪れることができて良かったです。
 

そして、出てきたお好み焼きがこちら。この時点で僕は泣いています。
 

それでは早速食べてみましょう。念願のお好み焼きです。
 

あがぉ・・・
 

・・・もはや多くは語りません。全てはこの表情やポーズから感じと取って頂ければ幸いです。
ピースをすると寿命が30年縮む呪いをかけられていることでお馴染みの僕ですが、うっかりダブルピースをして寿命を60年縮めてしまうほどの味でした。
 

一緒に打ち合わせに行った会社の先輩柿次郎さんも、このお好み焼きを食べた直後に、
 

うっかり絶命。
この時、運良く近くのサラリーマンが『死者蘇生』の遊戯王カードを持っていたので助かりましたが、あれが無かったら非常に危険な状態だったと思います。
…という冗談はさておき、こればっかりは本当に美味しかったので是非皆さんも行ってみてください。場所は書きません。
 

昼食を食べた後には、同じ東京駅周辺で仕事の用事があったため、僕はそのまま時間を潰すために当たりを散策することに。
  

店の前を通りかかった瞬間に、窓からすごい勢いで足が飛び出してくる中華屋があったり、
少し歩いた場所には、
 

 

メチャクチャでかいマウスみたいなオブジェもありました。
東京って面白いですね。意味のわからない物があまりにも多過ぎます。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

さて、用事を済ませて会社に戻る際、小腹が減った僕はコンビニでおにぎりを買って会社に戻ることにしました。
買ったのはこちらの『もっちもちいかめし』。おにぎりには珍しく、輪切りになったイカにご飯が詰め込まれているようです。
この美味しそうなヴィジュアルに「これだ!」と思った僕は、即座にこの商品を購入。
会社に戻って早速開封したのですが・・・
 

 

「え?」
 

絵かよ!!!
すみません、もう一回言わせて下さい。
 

絵かよ!!!
 

今年に入って一番絶望したかもしれません。この美味しそうなイカの輪切りは絵でした。
 

そんでもって、そんな僕をあざ笑うかのように細切れにされたイカが中心に配置されていました。
完全に固定概念のお化けに騙されました。「イカ飯と言えばイカの中に入っているだろう」という常識に何の疑いも持たなかった自分が恥ずかしくて仕方ありません。
まだまだ僕は修行不足のようです。これからは色々なことに疑問を持ち、夜には宇宙のことを考えて眠れない日々を送って早死にしたいと思います。
 

さて、夜には会社の先輩である原宿さんと一緒に、最近会社の近くにできた居酒屋へ行きました。
 

特に書くこともないくらい普通に楽しい時間を過ごしてしまったため、ここでは原宿さんの楽しい画像を貼ってごまかしたいと思います。
 





以上です。
そして思いの外酔っ払ってしまい、気付いたら会社で目覚め、急いで家に帰って今に至るという感じです。
本日は色々なことがあり、非常に高カロリーな一日だったと思います。
明日もこれに負けじと高カロリーな一日を送りたいです!
あと最近、空気の美味しさについて検証した出張記事も書いたので、時間のある方は是非見て頂けると嬉しいです!
それでは、今日はこのへんで失礼したいと思います!
ではまた!