読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1000円札握りしめてフリーマーケットに行ってきた

こんにちは、ARuFaです。

突然ですが、皆さんは普段どのようにして休日を過ごしていますか?
家族で外出するも良し、好きな本を読むも良し、何もせずにゴロゴロするも良しという、何をしようと全て許される休日
少し気合の入った方は、日帰り旅行に行ったりカーテンを燃やしたりすることもあるとは思いますが、今日は一つ僕に提案をさせてください。
 

フリーマーケットに行きませんか!?」
いらなくなった物やガラクタなどが格安で販売され、まさかの掘り出し物にも出会うことができるかもしれないフリーマーケット
聞いたことや経験したことがある方でも、休日に「よしフリーマーケットに行こう!」と決断する方は少ないと思います。
まあ、旅行や趣味と比べたら、どうしても優先順位が下がってしまいますからね。
・・・しかしそんなフリーマーケットも、前もって使える金額を決めておくだけで何倍も楽しむことができるということを皆さんはご存知でしょうか?
スポーツもルールがあるからこそ面白いように、フリーマーケットも自分の中でルールを決めて参加すると、より楽しむことができるのです。
そこで今回僕は、そんなフリーマーケットの楽しみ方を皆様にお伝えすべく・・・
 

1000円でフリーマーケットを満喫したいと思います。
100円玉に換算すると10枚分の価値であり、500円玉にするとたった2枚分でしかない1000円・・・。
果たしてこの1000円だけでどれだけの商品を購入することができるのでしょうか!?
・・・それを検証すべく、今回僕はフリーマーケットが開催されている東京都小金井公園にやってきました。
 

小金井公園は都内でも最大規模の公園であり、その大きさは東京ドーム17個分
わかりやすく畳で換算すれば約48万4800畳、大きめのしいたけで換算すれば約5120万個分という広大な土地。
かくれんぼなんてしようが物なら確実に仲が悪くなるであろうこの公園の広場で、本日はフリーマーケットがあるようなのです。
 

ちなみに今日のフリーマーケットの情報は、インターネットで調べて見つけました。
調べてみてわかったのですが、フリーマーケットって基本的に毎日どこかで開催されているんですね。
特に土・日・祝日は若干引くくらい開催されているので、是非皆さんも調べてみるといいと思います。
 

というわけで、電車とバスを1時間乗り継いで小金井公園に到着した訳ですが、先程も書いたように園内は吐きそうになるほど広いため、案内板を頼りにフリーマーケット会場を探します。
 

こちらがその案内板。
公園内のどこでフリーマーケットが開催されているかは調べるのを忘れたのですが、適当に広場を当たっていけば見つかるでしょう。
 

とりあえず、この鳥のフンの落ちている広場を目指していきたいと思います。
もしかしたら本当に巨大なフンがあるだけの広場かもしれませんが、それはそれで行く価値がありそうですからね。
 

というわけで目的地の広場へと向かった訳ですが、実際に歩いてみると小金井公園の広さを改めて感じることができました。
平たく言えば遠過ぎです。殺す気か。歩死(ほし)させる気かって、おい。これが本当のトホホな話ですねって馬鹿。
・・・まあでも、これでずっと同じような光景の道が続いていれば飽きてしまうのですが、
 

このように小さい池があったり、
 

売店があったりなどしたので、飽きることもなく長い時間歩くことができました。
そして歩くこと十数分、何とかフリーマーケットっぽい人だかりを発見!
  

まあ、これだけの人だかりでフリーマーケットじゃなかったら逆にメチャクチャ怖いんですけど、一応近付いたらフリーマーケットの会場で安心しました。
 

フリーマーケット会場到着!
 

それではここから検証のスタートです。
果たして1000円という金額で、どれだけの物を購入できるのでしょうか!?
早速売り場を物色していきましょう!
 

こちらはオーソドックスなブースですね。子供服の古着や装飾品などを格安で販売しています。
すぐに身体が成長して着れなくなってしまう子供服などは、フリーマーケットには出店されやすいのでお子さんが居る方は是非行ってみてはいかがでしょうか。
 

また、このような骨董品を販売しているブースもあります。もしかしたらお宝に出会えるかもしれませんね。
 

日本人形が"Fits"と書かれたケースに押し込まれていたのですが、「全然フィッツしてねぇな」と思いました。
普通のお店ではあり得ないような商品の陳列方法を見ることができるのも、フリーマーケットの醍醐味かもしれませんね。
 

さあ、そんな中一つの財布が僕の目に止まりました。
最近サイフが半分に割れてしまったので、新しい物が欲しいと思っていたのです。
そこで店員の方に値段を聞くと、このサイフは『200円』とのこと・・・
かなり迷ったのですが、さすがに1000円のうちの200円をサイフに使ってしまうのは得策ではないと思ったので、このサイフは諦めることにしました。
 

やはり使える金額が1000円だけとなると、どうしても気持ちが慎重になってしまいますね。
この調子で、本当に必要なものだけをしっかりと判断して購入していきたいと思います。
さあ次はこのブースで・・・って・・・え?
 

 
 

 

なにこれ?
なんでしょう、めちゃくちゃデカいフライドチキンみたいな物が売っていました。
とりあえずお店の人に「これは何ですか?」と聞くと、「よくわかりません」との答えが帰ってきました。なにそれ。
一応値段を聞いてみると、『950円』というとんでもない値段を言われる始末。
1000円しか使えない現在の僕にはまるでお話にならない値段です。残金が50円になってしまいますからね。
というか、こんな巨大なフライドチキンの置物を950円で買う人なんているのでしょうか。
 

 

 

 

 

 

 

 

買いました。
 

あとなんか「ジョイ!」って鳴るかっこいい剣が50円で売っていたので、それも買ってちょうど1000円を使い切ったので帰りました。
 

 

10kgありました。
・・・そしてこちらが、今回のフリーマーケットの成果となる戦利品です!

いやぁ〜! いい買い物をしましたね!
まさかこんな巨大なフライドチキン、もしくはプテラノドンの手羽先が950円で買えるとは驚きです!
 

それに、こんなにかっこいい剣が50円で買えるとも思いませんでした。
まあ、スイッチを押すと「ジョイ!」と鳴るのですが、5回に一度の割合で「チーン」と葬式みたいな音が鳴るのが玉にキズですかね。
 

そして驚くべきはこちら。
みなさんよーく見てみて下さい。フライドチキンのこの部分、何かに見えてきませんか・・・?
 

 

 

そう、ゴリラと完全に一致するのです。
人面犬や人面魚などの新ジャンル、『ウホチキン』の誕生と言っても過言ではないでしょう。
これにより僕は、フライドチキンとゴリラを950円で購入したということになります。こんなお得なことはありませんね。
深夜にお腹が減った時や、ゴリラ欲が高まった時にはこのフライドチキンを眺めて過ごしたいと思います!!
いやぁー! フリーマーケットって最高ですね!!
皆さんも是非、休日にはこの最高のフリーマーケットを体験してみてはいかがでしょうか!?
フリーマーケット最高〜〜!!!
 
 
 

 

欲しい人あげます。