読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風日記!

こんちは!
夜道を歩いていたら、謎の生物が電線の上を猛スピードで走って行くのを目撃したARuFaです。
 

こいつです。何者なんですかね。
暗くてよくわからなかったのですが、猫よりも細長く、狸よりも小さく、祖母よりも素早かったです。
正直、目撃した瞬間は猫っぽかったので声をかけて確認しようと思ったのですが、もし「猫ですか?」と声をかけて「違います」と人語で返されたらメチャクチャ怖いなと思ってしまい、声はかけられませんでした。
結局正体は不明のままなので、とりあえず今は黒ゴマの塊に偶然命が宿ったのだと信じこんで自分を納得させているのですが、もし動物に詳しい方がいたら教えてくださると幸いです。
 
・・・さて、そんな僕が書く本日の日記ですが、昨日今日と日本列島を台風が直撃しましたね。
僕の住む関東地方では夜から明け方にかけて台風が直撃し、僕の家では夜通し窓がガタガタと揺れたり、停電が起きたりしました。
そして今年の春から実家を離れて一人暮らしを始めた僕にとっては、今回は生まれて初めての一人の台風。
当然のように心細くなったり、寂しくなったり・・・
 

・・・なんてことはなく、
 

興奮していました。
何ていうか、台風って確かに危険なんですけど、部屋の中にいれば基本的に安全なので何となく「自分は大自然よりも強いのではないか」という気持ちになれるんですよね。
個人的には、それが台風のもたらす『謎の興奮』の正体なのではないかと踏んでいるのですが、
そんな大自然に対しての優越感にふんぞり返りまくった結果、僕の身体はもらい物の冷蔵庫の上で重力を失いました。
ちなみにこれを撮影していた頃には、外で雷がピカピカ光っていたのですが、
僕は雷が光るたびに、
 

「よせばいいのに・・・」
 

「学習しないねぇ・・・?」
と、格上の敵みたいなセリフをぼそぼそ言っていました。
恐らく、こういう自然をナメ切っている奴が映画とかで最初に死ぬのですが、あの時の僕は完全にそういうキャラを演じ切っていました。
もしかしたら台風は人を狂わせる力を持っているのかもしれません。
・・・そしてもう一つ、台風の最大の特徴といえば『暇過ぎる』というものがあります。
特にやることもなく、それでいて大雨が降っているためとても外にも行けず、それでも思い切ってベランダで肉まんを食ってみるも、一瞬であり得ないくらい濡れる始末です。
 

濡れすぎ。ドン引きです。ちょっとムッと来ちゃいました。
いや、いくらなんでも台風だからって、普通肉まんを食べてる人をこんなに濡らします?
逆にベランダで肉まんを食べてる人を見て「よし、ビショビショにしてやろう」って思えるその思考回路が怖いです。おーこわ。
肉まんを食べ終わるまでの1分間でこれですからね。濡らしすぎ。こんな濡らされたのは鴨川シーワールドのイルカショー以来ですわ。やってられませんよ!
・・・という感じで、暇がゆえに台風に対して無意味にブチ切れてみたり、
あとは、暇過ぎてうっかり「前にかけたリュックを一瞬で背中に背負う方法」を開発したりしていました。
 

内側に手をクロスさせてから万歳をするだけで、前にかけたリュックを背負うことができます。
逆の手順をすれば背中のリュックを前に持ってくることも可能なので、無限にリュックをシュバシュバできます。
リュックの中に弁当を入れていた場合は一発で終了すると思いますが、もしも機会があれば是非お試しください。
ちなみにこの動画をツイッターにアップしたら、1万5000RTされて下痢しました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして昼頃、台風が過ぎ去った関東地方には青空が広がりました。台風一過です。
ちなみに前日の夜、寝る間際には「もしかしたら洗濯できるのでは?」という思いから、脱いだ後のTシャツを暴風雨の中に干してみたのですが、
朝起きて見てみたところ、グチョグチョになって洗濯機に張り付いていました。
 

「せめて洗濯機で洗ってくれ」というTシャツの意志なのでしょうか。
そのまま天日干しをしたところ意外といい感じになったので、これからは台風の時にはあえて洗濯物を干すのもいいのかもしれませんね。
 
・・・昨日から今日にかけての僕の一日はこんな感じでした!
そろそろ台風の多い時期になってきますが、台風の日には台風の日なりの一日を過ごして行きたいと思います。
あの巨大なエネルギーを有効活用できれば、ノーベル賞も取れそうな気がしますからね。色々な事を試してみたいと思います!
それでは今日はこのへんで!
ではまた!