読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『オモコロ ふしぎ発見』というイベントに出演してきました!

こんちは!
最近、「着る毛布」という物が我が家に届き、最高の生活を送っているARuFaです。
 

若干の魔法使い感がありますが、この着る毛布、本当に最高なんですよ。
着るだけで非常に暖かいため暖房がいらず、電気代が浮くことはもちろんなのですが、
 

このように、下に何も着なくても十分温かいんですよね。
これならば、今まで冬が来るたびに裸で震えていた僕も、無事に冬を越すことができます。
もはやこの「着る毛布」が僕の命を救ったと言っても過言ではないため、これからはこの「着る毛布」を神として崇めつつ、丁寧に神棚に飾って、僕自身は凍死したいと思います。
 
さあ、そんな不器用な僕は、昨日、新宿にて開催された『オモコロふしぎ発見』というイベントに出演してきました!
本日は一日後になりますが、そのイベントについて書かせて頂きたいと思います!
 
【12月6日】

まずはイベントについて説明させて頂きますと、現在僕の会社ではお笑いサイト「オモコロ」を運営しておりまして、僕もそこで記事をいくつか書いているのですが、今回はその「オモコロ」が主催するイベントに出演させて頂ける事になったのです。
タイトルは『オモコロふしぎ発見。気持ちいいくらい「世界ふしぎ発見」をパクった内容なのですが、僕を含めた数人のミステリーハンター達がクイズ形式の動画を上映し、解答者がそれに答えるという形式のイベントです。
 

というわけで、僕も今日のためにクイズ動画を数日間かけて製作していたのですが、夏休みの宿題を冬休みに終わらせるくらい作業効率の悪い僕の動画が完成したのは、当日の早朝
夜通し泣きながら動画制作をしていたのですが、映像が完成した途端パソコンが動かなくなってデータが消えてしまい、その時はあまりのショックに「アザーッス!!」と叫んで椅子ごとぶっ倒れました。
 

で、これがその時の写真です。ショック過ぎて撮りました。
この画面は通称ブルースクリーンと呼ばれ、パソコンが死んだ事を表すメッセージなので皆さんも覚えておきましょう。この画面を見たらゲームセットだと思って下さい。
・・・そして、何とか動画が完成した後、僕は家に帰って仮眠を取ることに。
思い返してみると、今までイベントがある度に徹夜をしているような気がします。
布団に入った僕は、「今度からはコツコツ作業を進めよう」と反省しながら眠りにつき、そして白熊に殺される夢を見て4時間後に起床しました。
 

さあ、仮眠から起床したのは午後12時。
イベントの開催は夜からなのでまだまだ時間はありますが、イベント当日というのは落ち着かないもの。
なので僕は、家にある「PON!」のクリアファイルで遊んでいたりしました。
 
【PON!のクリアファイルでの遊び方】

PON!のクリアファイルは、こんな感じで背景と人物が分かれているので、
 

何かが大爆発している写真等を印刷して、クリアファイルに挟み込むと、
 

「リアクションが下手かよ。」と突っ込みたくなるクリアファイルになるんです。
以上です。
皆さんからすれば「大丈夫?」の一言に尽きると思いますが、この時の僕は寝不足と緊張で精神状態が不安定だったため、
他にも鹿のフンの写真をクリアファイルに挟み込んでは、「クケケ」と不気味に笑いながら時間を潰していました。よろしくお願いします。
 

・・・そして僕はイベントのリハーサルのため、16時半頃に家を出発。
 

自宅の前には何者かによって米が撒かれており、謎の景気の良さを感じながら僕は会場へと向かいます。
もしかしたらこれは、早朝まで動画制作をしていた僕に対する天からの恵みかもしれませんね。だとしたら次は怒ります。
 

さあ、そして電車に揺られること数十分。イベント会場のある新宿に到着しました。
休日ということもあり人通りは非常に多く、さらにクリスマスが近いこともありカップルも多い気がします。
つまりは地獄ということなのですが、ここでくじけてしまっては朝まで動画を作っていた意味がないため、僕は頭の中で笑点のテーマを流して気を紛らわせながらイベント会場までズンズン進みます。
 

そして何とか無傷の状態で到着したのは、今回のイベントの会場である新宿ロフトプラスワン
楽屋に行くと僕と同じように緊張した出演者達が集まっており、「怖いね、怖いね」と言いながらお互いを励まし合っていました。
やはりイベント前の出演者というのは、多かれ少なかれナーバスになるようです。
 
(友人が撮影)
・・・そして、そんな異様な空気の中でリハーサルは進み、ついにイベントがスタート!
チケットはすぐに売り切れてしまったようで、会場はすぐさまお客さんでパンパンに。
僕の出番は一番最初ということで、早々に舞台に登場してクイズを出題しました。
 

写真一番左端でパソコンをいじっているのが僕です。
僕の動画は、「ケツから屁のシャボン玉を出すことができるのか!?」というもので、ケツからシャボン玉を出すまでのドキュメンタリー映像を満員のお客さんの前で上映しました。
解答者である地獄のミサワさんや、ダ・ヴィンチ恐山さんからは「しょーもなさすぎる」という声と共に、会場からは悲鳴が飛び交うという非常に素晴らしい出来の動画となりました。
 

そして肝心のクイズは、「このケツからシャボン玉を出す動画を実家の母親に見せた際に、母親が一言目に言った言葉とは?』というもの。
 

解答者は「知るかよ!!」と叫びながら何とか答えを出していましたが、見事に全員不正解でした。
(ちなみに母が言ったのは「これやったことあるよ。6歳の時」でした。)
この動画は、ブログ用に再編集して後日アップする予定なのでお楽しみにして頂ければ幸いです。
そして、思う存分酷い動画を流して出番を終えた僕は、お客さんの拍手と共に退場。
暴動が起きるのではと心配していたのですが、そんな事もなく、優しいお客さんで安心しました。
 

そして自分の出番を終えた後は楽屋に戻り、他の人の動画を見てはゲラゲラ笑ってイベントを楽しみました。
他の人の動画やクイズも非常に凝った演出がされており、とても面白かったです。腹抱えて笑ったのは久しぶりでした。
そのどれもがここでは言えないくらい酷い物なので、紹介できないのは残念ですが、気になる方は是非次のイベントにいらして頂ければと思います。
 

約2時間のイベントは大成功に終わり、お客さんにも恐らく満足して頂けました。
この後、打ち上げとして朝5時まで居酒屋でドンチャン騒ぎをし、2日連続の徹夜をして僕の長い一日が終わりました。
以上が僕のイベントレポートなのですが、やはりイベントというのは、とても楽しいですね!!
確かに準備期間は大変ですが、お客さんに笑ってもらえると「やってよかったな!」という気持ちになります。
今回はチケットが早く売り切れてしまったため、ブログで告知が出来なかったのですが、
次のイベントでは早めにブログで告知いたしますので、是非皆さんにも来て頂ければ幸いです!
それでは、今日はこのへんで失礼致します!
ではまた!