読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「こどもの日」なので子供の頃からの夢を叶えてみた

こんにちは、ARuFaです。

f:id:Arufa:20150506200937j:plain

本日5月5日は「こどもの日」

日本中の子供達がカブトをかぶり、鯉のぼりが宙に舞い、柏餅が次々と爆発するアメージングな一日です。

さて、こどもの日と言えば、みなさんには子供の頃に抱いていた夢はありますでしょうか?

「野球選手になりたい」「ケーキ屋さんになりたい」など、子供の頃の夢というのは誰しもが持つもの・・・

かくいう僕にも、「大人になったらこれがしたい」という夢がありました。

それがこちら、

 

f:id:Arufa:20150506200947j:plain

「ナルトを腹いっぱい食べたい」

これです。

 

f:id:Arufa:20150506200948j:plain

ナルトといえば、ラーメンにちょこんと入っているあの食材。渦巻状の模様が可愛く、僕は小さい頃からナルトが大好きでした。

・・・しかし、一般的なナルトはラーメン一杯につき1~2枚しか入っておらず、僕はこの圧倒的な量の少なさに小さい頃から不満を抱いていたのです。

「・・・大人になったらナルトを腹いっぱい食べてやる」

そして幼心にそう決心した僕は、この野望を胸に秘めながら成長し、そしてついに今日という日を迎えました。

と、いう訳で「こどもの日」の今日は、僕の子供の頃からの夢を叶えるべく、ナルトを腹いっぱいに食べてみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150506234451j:plain

f:id:Arufa:20150506200939j:plain

さあ、そんなわけでナルトを4本分買ってきました。これが全て自分のナルトだと思うと非常に興奮してきます。

このままでは興奮のあまり身体が爆散しかねないため、早速食べていくわけですが、

まずは長年の夢だったあの食べ方をやってみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150506200940j:plain

かぶりつきです。

通常は輪切りにして食べるナルトですが、まずは豪快に食べてみましょう。

ちなみに、今の僕はこうやって一本のナルトを持っている時点で興奮しているのですが、開封時にはこれよりもさらにテンションが上がる光景を見ることができたので、ご報告させて頂きます。

それがこちらなのですが・・・

 

f:id:Arufa:20150506200946g:plain

これ、ヤバくないですか?

今まで輪切りでしか見たことが無かったナルトが、手元でニュ~ッと飛び出してるんですよ? 感動して涙が出そうですし、多分この動画、一生見れる気がします。

 

f:id:Arufa:20150506200941j:plain

さあ、それではひとしきり感動したところで、いよいよナルトにかぶりついてみたいと思います。

果たして、ナルト単体の味やいかに・・・?

 

f:id:Arufa:20150506200943j:plain

「うおおおおーーーッ!!!」

 

f:id:Arufa:20150506200944j:plain

もぐもぐもぐ・・・

 

f:id:Arufa:20150506200945j:plain

「んっふ。」

すごい。幸福度が凄い。なんだこれ。

夢が叶ったという喜びもさることながら、もっと別の幸福感が腹の底から湧き出てくるんです。そりゃ自然と表情もほころびます。

味はほとんどカマボコなのですが、普段少ししか食べられない物を口いっぱいに頬張る贅沢な嬉しさったら無いですね。

たかが200円で「嘘だろ」ってくらい最高の気分になるので、ナルトが危険ドラッグ指定を受ける前に是非皆さんもお試し下さい。まだ合法です。

ちなみに、別の贅沢な食べ方として、カップラーメンにナルトを一本丸ごと入れてみたのですが、

 

f:id:Arufa:20150506234436j:plain

こちらは現代アートみたいになってしまったので、普通にかぶりつくのが一番だと思います。

 

f:id:Arufa:20150506234452p:plain

f:id:Arufa:20150506234455j:plain

さて、お次もちょっと贅沢なナルトの食べ方を試してみたいと思います。

ナルトといえば、やはり特徴的なのは渦巻形の模様ですよね。

こちらはナルトを輪切りにした際に見える模様なのですが、それではナルトを縦に切った時には、果たしてどんな模様が出るのでしょうか。

 

f:id:Arufa:20150506234437j:plain

こういうことです。

歴史的に見ても、渦巻き模様を生かすために輪切りにされる事が圧倒的に多いナルト・・・。

それを縦に切った断面は、僕の中での「意外と見たことがない物ランキング」ベスト2位にずっと君臨していたので楽しみで仕方ありません。(1位はクジラです)

そもそも縦に切ったナルトなんて、今回のように丸々一本を購入しなければできないことですからね。

あえて渦巻き模様を楽しまずに縦に切る・・・嗚呼、なんて贅沢な食べ方なのでしょう・・・

 

f:id:Arufa:20150506234438j:plain

というわけで、早速切ってみたいと思います。

何故だかとても悪いことをしているような気がして手が震えてきましたが、一思いにやってしまいましょう。

 

f:id:Arufa:20150506234439j:plain

くたばれーーーッ!!(?)

 

f:id:Arufa:20150506234454j:plain

うおおおおおお!!

 

f:id:Arufa:20150506234441j:plain

いかがでしょう! これがナルトを縦に切った時の断面です! 

あの自慢の渦巻き模様は見る影もなく、その断面にはアクアフレッシュのような縞模様が浮かんでいます。

笑っちゃうくらい想像通りでしたが、実際に見てみると感動モノですねこれ。

 

f:id:Arufa:20150506234442j:plain

小さい頃からずっと気になっていたことだけに、心に抱えていたモヤモヤが晴れてとても清々しい気分です!

たった一本でここまで人を幸せにできるなんて、ナルトのポテンシャルたるや計り知れません。

ちなみに、ネット上でいくら探してもナルトの縦切り画像は出てこなかったので、もしかしたらこれが日本初公開の写真かもしれません。

あと、この後は普通にかぶりついて食べたのですが、食べる際の縦に切るメリットはこれと言ってありませんでした。

今後は普通に輪切りにして食べたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150506234449p:plain

f:id:Arufa:20150506234456j:plain

もしかしたら、これがナルトの一番贅沢な食べ方がコレかもしれません。

・・・そう、ナルトの赤い部分だけを食べてみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150506234446j:plain

やはりナルトが「ナルト」たるゆえんは、この赤い模様にあると思うんですよね。

言わばこの赤い部分こそがナルトそのものであり、周りの白い部分は消しゴムである可能性すらあります。

つまり僕が何を言いたいのかというと、「ナルトは赤い部分が一番美味しいんじゃないか?」ということです。

 

f:id:Arufa:20150506234443j:plain

というわけで、包丁とピンセットを使ってナルトの赤い部分だけを抽出することに成功しました。

それでは早速食べてみましょう!

果たしてナルトの赤い部分は、何か特別な味がするのか~~~~!?

 

f:id:Arufa:20150506234444j:plain

 

f:id:Arufa:20150506234445j:plain

普通。

はい。

 

f:id:Arufa:20150506234450p:plain

f:id:Arufa:20150506200947j:plain

すみません、あまりにも唐突な小見出しに「何だ何だ」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと説明させて下さい。

僕は冒頭でナルトのことを「一杯のラーメンに対して少ししか食べることができない」的な感じで説明したと思うのですが、実はそれに近いモノが他にもありました。

・・・それが、ポケモンヌードルピカチュウかまぼこです。

 

f:id:Arufa:20150507014154j:plain

まず、こちらが「ポケモンヌードル」。16年前から発売されているベストセラー商品です。

そして、そんなポケモンヌードルの中に入っているのがこちら・・・

 

f:id:Arufa:20150507014155j:plain

ピカチュウかまぼこ」です。

こちらは可愛らしいピカチュウの絵柄のかまぼこ。食べたことがある人はわかると思うのですが、ポケモンヌードルといえばコレのイメージが強いですよね。

 

f:id:Arufa:20150507014800j:plain

で、こちらもナルトと同じく、1つの商品に対して少ししか入っていないんです。

大体1つの商品に3~5枚程だったと思います。

そしてここから気持ち悪い話になってくるのですが、僕、ずっとこれを集めていたんですよね。

 

f:id:Arufa:20150507014157j:plain

「いつかこれを大食いしたい」と思って、貯ピカ(ピカチュウかまぼこ貯金の意)していたんです。

恐らくこのチャンスに食べておかないと一生貯ピカすることになると思うので、

今回はこちらのピカチュウかまぼこも、ナルトと同じように贅沢に食べてみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150507014802j:plain

というわけで、通常の10倍ピカチュウかまぼこを1つのカップに入れ、お湯を注いでみました。

あとはこのまま3分待てば、通常の10倍のピカチュウがひしめくポケモンヌードルが完成します。

 

~1時間後~

 

f:id:Arufa:20150507014158j:plain

すみません、完全に昼寝をしました。

3分の待ち時間のところを1時間も寝かせてしまったため、中にいるピカチュウ達もさぞお怒りのことでしょう。

果たして中身はどうなっているのか? 開けてみましょう・・・

 

f:id:Arufa:20150507014159j:plain

 

f:id:Arufa:20150507014801j:plain

うわあああああああ!!!

何ということでしょう。圧が、圧が凄すぎて直視できません。

 

f:id:Arufa:20150507014201j:plain

あれだけ可愛かったピカチュウですが、これだけ集まると恐怖の対象にすらなりますね。少なくとも僕は若干の恐ろしさを感じています。

肝心の麺はピカチュウによって全く見えなくなってしまったので、このピチュウ海(ピカチュウの地中海の意)から麺を掘り出して食べてみましょう。

 

f:id:Arufa:20150507014200j:plain

 

f:id:Arufa:20150507014202j:plain

グワッ

 

f:id:Arufa:20150507014203j:plain

ズッ

 

f:id:Arufa:20150507014204j:plain

デロリ・・・

最高にキモい食べ物になってしまいました。何だこれ。

 

f:id:Arufa:20150507014205j:plain

あと、味はまあ普通に伸びたカップラーメンという印象だったのですが、麺を大体食べ終わった後にカップの中を見ると、

 

f:id:Arufa:20150507014207j:plain

 

f:id:Arufa:20150507014208j:plain

「ピカ・・・ピカ・・・」

地獄みたいな光景になっていたので、トラウマになりました。

 

f:id:Arufa:20150507014209j:plain

・・・いかがでしたでしょうか。

今回は「こどもの日」ということで、子供の頃からの夢を叶えてみた訳ですが、ナルトはまだ良かったにしてもピカチュウかまぼこはメチャクチャ怖い結果になってしまいました。

『夢は叶えると現実』という言葉がありますが、現実になってもいい夢と、そうでない夢があるということかもしれませんね。

皮肉にもこどもの日に、また一つ大人になってしまった気がしました。

それでは今日はこのへんで。

ではまた。