読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の会社での日常とリュックサックの日記

こんちは!

先日の日曜日、会社に忘れ物をしたので休日にオフィスへ行ったのですが、

 

f:id:Arufa:20150519003247j:plain

休日ということもあって誰もオフィスにおらず、ふと「今なら好き放題出来るんじゃないか?」という気持ちが一瞬芽生えたARuFaです。

とはいえ、僕も分別のつく大人。何が正義で何が悪なのかはよくわかる人間です。

確かに一瞬は「誰もいないオフィスで好き放題やりたい」という気持ちが芽生えましたが、そんな悪い考えは必死に振り払いました。

 

f:id:Arufa:20150518230027j:plain

・・・しかし、この場に誰もいないからこそできることもあるのではないでしょうか。むしろ今はチャンスなのではないかとも思っています。

・・・とはいえ、まあ・・・だからって好き勝手して良いわけでも無いし、ていうか普通ダメだし・・・でもやりたさもあるし、だけど人間としてやって良いことと悪いことがあるかもしれないし・・・でも、でもでもでもでも~~~~

あああああああ~~~~!!!!

 

f:id:Arufa:20150518230041g:plain

ヨッシャーーーッ!!!

結局やっちゃいました。これはアメリカの木こりのモノマネです。

やっぱり会社に一人で居る時くらい好きなことをしたいですもんね。アメリカの木こりのモノマネをしたくなってしまうのも無理ないと思いませんか。

ちなみに、本当にアメリカにこんな木こりがいるのかはわかりません。本当にすみませんでした。

 

f:id:Arufa:20150519011504j:plain

・・・さて、そんな休日明けの本日、僕は9時に起床して会社へと向かいました。

会社に行く途中には、干からびたハクション大魔王の唇みたいな"ナニカ"が落ちていて「朝から怖過ぎるだろ」と思いました。

 

f:id:Arufa:20150519015128j:plain

・・・一体彼に何があったのか。それはもはや彼自身にしかわかりません。

(この"ナニカ"の前でクシャミをしても何も起こりませんでした)

 

f:id:Arufa:20150518230038j:plain

さて、そんな恐ろしい体験をした後に会社に行くと、隣のデスクであるギャラクシーさんが少し早めに出勤して仕事をしていました。

ギャラクシーさんは今年新しく会社に入社した方、そのためやるべきことが多いのでしょう。

出勤した僕は、隣の席ということもあるので挨拶をしようと思ったのですが、

 

f:id:Arufa:20150518230039j:plain

ギャラクシーさんの手元にあるコレが気になって仕方ありませんでした。なにこれ。まさか、え? マジで?

いや、さすがに会社でペットボトルに・・・え?・・・本当に? 会社よここ?

 

f:id:Arufa:20150518230040j:plain

僕の方が先輩ということもあり、率直に「オシッコはトイレでして下さい」と注意したところ、ギャラクシーさんは慌てて、

ギャラクシー「いや、これ生茶ですよ!」

などと言っていましたが、まさかペットボトルにオシッコをするだけに留まらず、オシッコのことを生茶と呼ぶ変態だとは思いませんでした。

こういうことは今後一切やめて頂きたいので、今度社長に報告しようと思います。

 

f:id:Arufa:20150518230036j:plain

さて、お昼にはそんなギャラクシーさんも含めてイデア会議をすることに。

僕の会社では毎週オフィス内でアイデアを出す会議をするのですが、今回は気分を変えて近くのファミレスで話し合うことになったのです。

やはり新しいアイデアを出すには、環境を変えてみることも大切ですからね。

 

f:id:Arufa:20150518230033j:plain

そして、ファミレスでのアイデア会議がスタートしました。

僕とギャラクシーさんは、持参したノートパソコンを叩きながら発言をし、

 

f:id:Arufa:20150518230032j:plain

そして対面に座る先輩まきのさんは、真剣な眼差しで手元の紙に全員アイデアをメモしていきます。

 

f:id:Arufa:20150518230034j:plain

・・・そして、白熱したアイデア会議は約2時間にも及びました。

長時間に渡るアイデア会議の結果、我々の手元のメモに書き記されたアイデアがこちらです。

 

f:id:Arufa:20150518230031j:plain

スピードウンチ。

 

f:id:Arufa:20150518230035j:plain

・・・そしてアイデアを出しきった我々は、清々しい顔でオフィスへと戻りました。

イデアは生き物です。スイスイ出る時もあれば、いつまでも出ない時もあります。

今回は2時間を完全に無駄にしただけでしたが、これも次への第一歩・・・明けない夜が無いように、いつかアイデアが出る日を夢見て、今日も我々は進んでいきます。

 

f:id:Arufa:20150518230037j:plain

帰りは何故か皆でメガネ洗浄をした後に、お菓子を買ってオフィスに戻りました。

その後は普段通りに仕事をして、19時頃に退社をしました。

 

~~~~~~~~~~

 

f:id:Arufa:20150519011505j:plain

会社の後は、会社の先輩と一緒に登山グッズが売っているお店に行き、リュックサックを買って家に帰ってきました。

いやぁ~、ずっと欲しかったんですよね、リュックサック!

早速使用してみると、こんな感じになりました!

 

f:id:Arufa:20150519003249j:plain

いかがでしょう。やはり思惑通り、適度に電灯の光を遮断してくれました。

じつは家の電灯のヒモを紛失してしまいまして、ブレーカーを落とすか電球を抜くかでしか電灯の灯りを調節できなくなってしまったんですよね。

ブレーカーを落とすと冷蔵庫もダメになってしまいますし、かと言って電球を抜くのも面倒なので、このようにしてリュックサックを買って光量を調節してみたのですが、これでやっと満足に寝れそうです。明るいとどうにも寝れませんからね。

ついでに最近運動不足なので、このリュックサックを背負って今度、山小屋込みの登山にも行こうかと思います。

ただ、僕は部屋が明るいだけで寝れない神経質。そのため山小屋など環境が変わるとなかなか寝れないわけですが、そんな時のためにアイマスも購入したので安心です。

 

f:id:Arufa:20150519011506j:plain

・・・本日はこんな感じの一日でした!

会議をしたり、買い物をしたりと色々あった一日ですが、悩みの種だった部屋の明るさ問題も解決できたので、よく寝て明日も頑張りたいと思います!

それでは、今日はこのへんで失礼致します。

ではまた!

僕のゴールデンウィークの思い出

こんちは!

f:id:Arufa:20150512212947j:plain

先日、散歩をしていたらハトがいたので、

 

f:id:Arufa:20150512212944j:plain

 

f:id:Arufa:20150512212945j:plain

捕まえて、

 

f:id:Arufa:20150512212946j:plain

 

f:id:Arufa:20150512212950j:plain

持ち運んで、

 

f:id:Arufa:20150512212953j:plain

 

f:id:Arufa:20150512212948j:plain

 

f:id:Arufa:20150512212952j:plain

 

f:id:Arufa:20150512212951j:plain

増やしてから空に放しました。どうも、ARuFaです。

いやぁ、子供の頃から「ハトはどこで生まれてるんだろう?」とずっと思っていたのですが、その謎がやっと解けて良かったです。一旦捕まえて空に放せば、スライムみたいに分裂して勝手に増えるんですね。

小さい頃には、世界中のハトは手品師がハトマジックで増やしているのだと本気で思い込んでいただけに、この事実には心底驚きました。

 

・・・さてさて、みなさん、ゴールデンウィークが終わってしばらく経つ訳ですが、いかがお過ごしでしょうか?

やはり連休明けというのは、何となく身体がダルくなってしまい、学校や会社に精が出なくなってしまう人も多いかと思います。

ちなみにこちらは、連休明けの会社の先輩の様子です。

 

f:id:Arufa:20150513225047j:plain

終わってます

確かに僕も、連休明けの月曜の朝には一瞬だけ「家でずっと寝ていたい」とは思いましたよ。

でも、社会人なので何とか気持ちを切り替えて仕事に行ったというのに、先輩達のこのザマは何なのでしょう。しかもこれ、会議中なんですよ。

この後、この2人の先輩は「メシクイ~~!」と言いながら昼飯を食べに行き、帰ってきたかと思ったら「助けてくれ~~!」と叫んで再びソファーに倒れこんで寝ました。

 

f:id:Arufa:20150514001554j:plain

こういう下痢便みたいな上司の姿を見ていると自分まで怠けてしまいそうになるため、今日の記事では連休気分を完全に抜くためにも、自分のゴールデンウィークの様子をプレイバックしてみたいと思います。

いつまでも連休を引きずらないためには、「ああ、楽しかったな」ゴールデンウィークに踏ん切りを付けることが一番ですからね。

それではどうぞ。

 

5月3日(日)

f:id:Arufa:20150512223138j:plain

この日、僕は東京都は江戸川区にある『船堀』という場所に来ていました。

というのも、ここは僕が生まれてから12年間過ごしていた思い出の地・・・

中学入学と同時に千葉県へと引っ越し、その後に都内で一人暮らしを始めるといった感じで関東地方を転々としていた僕ですが、この船堀は幼少期を過ごしたこともあって思い出深い場所なんですよね。

そこでこの日は、せっかくの連休ということで、生まれ育った故郷を散策してみようとこの駅に来たと言うわけです。

 

f:id:Arufa:20150512223139j:plain

ちなみに、こちらのチンチンみたいな塔は「船堀タワー」という建物で、チンチンではありません。ご注意下さい。

 

f:id:Arufa:20150512223137j:plain

・・・さて、そんな訳で幼少期を過ごした船堀に来た僕。

しかし、ここがいくら僕の思い出の地だとしても、この場所を知らない方にとっては僕がいかに懐かしんだところで「いや、知らんし」の一言だと思います。

そこで今回は、僕の幼少期のエピソードその場所の写真をどんどん紹介していきたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150512223122j:plain

『落ちた川』

船堀の周りにはたくさんの人工の川があり、僕はよくそこに落ちていました。

 

f:id:Arufa:20150512223142j:plain

『漏らした場所』

幼稚園児の頃には、後先考えずジュースを飲みまくったせいで、あらゆる場所で漏らしていました。

 

f:id:Arufa:20150512223123j:plain

『毎日遊んだ公園』

12年間、ほぼ毎日遊んでいた公園です。秘密基地を22個作りました。

 

f:id:Arufa:20150512223126j:plain

『漏らした場所』

 

f:id:Arufa:20150512223140j:plain

『漏らした場所』

 

f:id:Arufa:20150512223141j:plain

『漏らした場所』

 

f:id:Arufa:20150512223121j:plain

『落ちた川』

 

f:id:Arufa:20150512223132j:plain

『漏らした後に落ちた川』

 

f:id:Arufa:20150512223135j:plain

「漏らした場所」

 

f:id:Arufa:20150512223136j:plain

『漏らした場所に咲く一輪の花』

 

f:id:Arufa:20150512223133j:plain

『漏らした場所』

 

f:id:Arufa:20150512223134j:plain

『漏らした場所にいまだに残っていたシミ』

 

f:id:Arufa:20150512223127j:plain

『他力本願な防犯シール』

 

f:id:Arufa:20150512223138j:plain

以上です。

この後、モスバーガー食って帰りました。

 

5月4日(月)

f:id:Arufa:20150514232807j:plain

さあ、ゴールデンウィークも中盤のこの日、僕は『東京園』という温泉施設へ行きました。

この日は、会社の先輩達と一緒に温泉施設で死ぬほどボードゲームをしまくる予定なのです。

 

f:id:Arufa:20150514232806j:plain

東京園は、昭和の香りが残る昔ながらの温泉施設でして、宴会場も格安で借り放題。

そんでもって、僕の会社の人達の9割は、ゴールデンウィークにも関わらず予定が全空(ぜんくう)なため、こういう施設を使って楽しい思い出を作るしかないのです。

 

f:id:Arufa:20150514232759j:plain

今回、我々が使用したのは、こちらの立派な宴会場!

・・・ではなく、

 

f:id:Arufa:20150514232800j:plain

さらに奥まった場所にある・・・

 

f:id:Arufa:20150514232753j:plain

この、人んちみたいな部屋でした。

入った瞬間にメチャクチャ落ち着きました。最高です。

ホテルの部屋のように上品な部屋よりも、こういう部屋の方がリラックスできて気持ちが良かったです。

 

f:id:Arufa:20150514232757j:plain

とはいえ、ちなみにエアコンは完備されていますが、

 

f:id:Arufa:20150514232758j:plain

電源は入りませんでした。

いいですね。こういう力が抜けた感じが好きなんです。

 

f:id:Arufa:20150514232754j:plain

そして部屋の隅には、何故かホテルみたいな椅子が設置してありました。

「そこでホテル感出すのかよ」とは思いましたが、逆にこのとりとめの無さが「人んち感」をアップさせていていいですね。

ちなみに、椅子に座っているベトナムの金持ちみたいな人は、会社の先輩の永田さんです。

 

f:id:Arufa:20150515000959j:plain

そして、その後はありとあらゆるボードゲームを夜までブッ通しで続けました。

僕は頭が悪いので、頭を使うゲームの時には流れについていけず、「なるほど、逆にね~」と言いながらずっとマシュマロのことを考えていました。

 

f:id:Arufa:20150514232804j:plain

そして、何よりボードゲームで強かったのは永田さんでした。

キテレツ大百科みたいなサンバイザーはダテではなく、先を読んだ頭脳プレイでボードゲーム王に輝きました。

 

f:id:Arufa:20150514232805g:plain

あと、異常なくらいポップコーンを食べていたので、キテレツというよりは、一昔前のアメリカのゲーム少年のような貫禄がありました。

そしてお酒を飲みつつ、温泉にも入りつつ、ボードゲームもしつつの最高の時間を過ごし、モスバーガーを食べて帰りました。

 

5月6日(水)

f:id:Arufa:20150515005444j:plain

さて、ゴールデンウィーク最終日には中学校の頃の友達が家に泊まりに来ました。

泊まりに来たのはタクミン君コウ君。2人とも僕が所属していた卓球部の友人で、共に汗を流したり、大会前にお腹を壊した仲です。

この日は夕食として焼き肉を食べ、朝までトランプをする予定・・・

ババ抜き、ポーカー、大富豪などなど、やりたいゲームはたくさんありました。

が、

 

f:id:Arufa:20150515005446j:plain

全滅しました。

こうやって写真を撮ると、僕が毒を盛ったようにしか見えませんが、2人はお酒が入ったこともあり、深夜3時頃に眠ってしまったのです。

そして、3人中2人が寝たとなると、トランプは一変して悲しいオモチャに成り下がってしまうため、僕も寝ることに・・・。

とはいえ、僕の部屋には布団が1セットしかなく、その上部屋は3人同時に寝れるほど広くはないので、

 

f:id:Arufa:20150515005445j:plain

 

f:id:Arufa:20150515005447j:plain

僕は外で寝ました。

 

f:id:Arufa:20150515005450j:plain

さあ、そして翌日・・・

朝露で全身ビッチョビチョの状態で部屋に戻ると、

 

f:id:Arufa:20150515005448j:plain

全然体型の違う人が部屋で寝ていました。

この人は、同じく中学校の友人のモグラ君。夜の内に僕の家にやってきたようです。

本来であれば「コレコレコレ~~~! 家主に言わんか~~い!」と体を八つ裂きにしてもいいのですが、よくよくモグラ君を見てみると、

 

f:id:Arufa:20150515005449j:plain

「ティッシュに正拳突き」というスタイリッシュな寝相をしていたのが面白かったので許してあげました。鼻水になった夢でも見ているのでしょう。

その後、僕は仕事があるので全員を追い返し、二日酔いの状態で仕事に向かったという感じです。

思い返せばその日もモスバーガーを食べました。

 

f:id:Arufa:20150515005451j:plain

・・・はい! 以上が僕のゴールデンウィークのプレイバックでした。

やっぱりこうやって思い返してみると、なんだかんだで楽しい連休を過ごせて良かったですね。

思い出の地へ帰ったり、ボードゲームをしたり、友達と遊んだり等、最高の連休でした・・・

・・・とはいえ、連休ボケなんてしていられません!

明日からまた、バリバリ働きたいと思います!!

 

f:id:Arufa:20150515005452j:plain

明日からまた、バリバリ働きたいと思います!

 

f:id:Arufa:20150515005453j:plain

バリバリ働きたいと思います!

 

f:id:Arufa:20150515005454g:plain

今日、会社休みました。

 

「こどもの日」なので子供の頃からの夢を叶えてみた

こんにちは、ARuFaです。

f:id:Arufa:20150506200937j:plain

本日5月5日は「こどもの日」

日本中の子供達がカブトをかぶり、鯉のぼりが宙に舞い、柏餅が次々と爆発するアメージングな一日です。

さて、こどもの日と言えば、みなさんには子供の頃に抱いていた夢はありますでしょうか?

「野球選手になりたい」「ケーキ屋さんになりたい」など、子供の頃の夢というのは誰しもが持つもの・・・

かくいう僕にも、「大人になったらこれがしたい」という夢がありました。

それがこちら、

 

f:id:Arufa:20150506200947j:plain

「ナルトを腹いっぱい食べたい」

これです。

 

f:id:Arufa:20150506200948j:plain

ナルトといえば、ラーメンにちょこんと入っているあの食材。渦巻状の模様が可愛く、僕は小さい頃からナルトが大好きでした。

・・・しかし、一般的なナルトはラーメン一杯につき1~2枚しか入っておらず、僕はこの圧倒的な量の少なさに小さい頃から不満を抱いていたのです。

「・・・大人になったらナルトを腹いっぱい食べてやる」

そして幼心にそう決心した僕は、この野望を胸に秘めながら成長し、そしてついに今日という日を迎えました。

と、いう訳で「こどもの日」の今日は、僕の子供の頃からの夢を叶えるべく、ナルトを腹いっぱいに食べてみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150506234451j:plain

f:id:Arufa:20150506200939j:plain

さあ、そんなわけでナルトを4本分買ってきました。これが全て自分のナルトだと思うと非常に興奮してきます。

このままでは興奮のあまり身体が爆散しかねないため、早速食べていくわけですが、

まずは長年の夢だったあの食べ方をやってみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150506200940j:plain

かぶりつきです。

通常は輪切りにして食べるナルトですが、まずは豪快に食べてみましょう。

ちなみに、今の僕はこうやって一本のナルトを持っている時点で興奮しているのですが、開封時にはこれよりもさらにテンションが上がる光景を見ることができたので、ご報告させて頂きます。

それがこちらなのですが・・・

 

f:id:Arufa:20150506200946g:plain

これ、ヤバくないですか?

今まで輪切りでしか見たことが無かったナルトが、手元でニュ~ッと飛び出してるんですよ? 感動して涙が出そうですし、多分この動画、一生見れる気がします。

 

f:id:Arufa:20150506200941j:plain

さあ、それではひとしきり感動したところで、いよいよナルトにかぶりついてみたいと思います。

果たして、ナルト単体の味やいかに・・・?

 

f:id:Arufa:20150506200943j:plain

「うおおおおーーーッ!!!」

 

f:id:Arufa:20150506200944j:plain

もぐもぐもぐ・・・

 

f:id:Arufa:20150506200945j:plain

「んっふ。」

すごい。幸福度が凄い。なんだこれ。

夢が叶ったという喜びもさることながら、もっと別の幸福感が腹の底から湧き出てくるんです。そりゃ自然と表情もほころびます。

味はほとんどカマボコなのですが、普段少ししか食べられない物を口いっぱいに頬張る贅沢な嬉しさったら無いですね。

たかが200円で「嘘だろ」ってくらい最高の気分になるので、ナルトが危険ドラッグ指定を受ける前に是非皆さんもお試し下さい。まだ合法です。

ちなみに、別の贅沢な食べ方として、カップラーメンにナルトを一本丸ごと入れてみたのですが、

 

f:id:Arufa:20150506234436j:plain

こちらは現代アートみたいになってしまったので、普通にかぶりつくのが一番だと思います。

 

f:id:Arufa:20150506234452p:plain

f:id:Arufa:20150506234455j:plain

さて、お次もちょっと贅沢なナルトの食べ方を試してみたいと思います。

ナルトといえば、やはり特徴的なのは渦巻形の模様ですよね。

こちらはナルトを輪切りにした際に見える模様なのですが、それではナルトを縦に切った時には、果たしてどんな模様が出るのでしょうか。

 

f:id:Arufa:20150506234437j:plain

こういうことです。

歴史的に見ても、渦巻き模様を生かすために輪切りにされる事が圧倒的に多いナルト・・・。

それを縦に切った断面は、僕の中での「意外と見たことがない物ランキング」ベスト2位にずっと君臨していたので楽しみで仕方ありません。(1位はクジラです)

そもそも縦に切ったナルトなんて、今回のように丸々一本を購入しなければできないことですからね。

あえて渦巻き模様を楽しまずに縦に切る・・・嗚呼、なんて贅沢な食べ方なのでしょう・・・

 

f:id:Arufa:20150506234438j:plain

というわけで、早速切ってみたいと思います。

何故だかとても悪いことをしているような気がして手が震えてきましたが、一思いにやってしまいましょう。

 

f:id:Arufa:20150506234439j:plain

くたばれーーーッ!!(?)

 

f:id:Arufa:20150506234454j:plain

うおおおおおお!!

 

f:id:Arufa:20150506234441j:plain

いかがでしょう! これがナルトを縦に切った時の断面です! 

あの自慢の渦巻き模様は見る影もなく、その断面にはアクアフレッシュのような縞模様が浮かんでいます。

笑っちゃうくらい想像通りでしたが、実際に見てみると感動モノですねこれ。

 

f:id:Arufa:20150506234442j:plain

小さい頃からずっと気になっていたことだけに、心に抱えていたモヤモヤが晴れてとても清々しい気分です!

たった一本でここまで人を幸せにできるなんて、ナルトのポテンシャルたるや計り知れません。

ちなみに、ネット上でいくら探してもナルトの縦切り画像は出てこなかったので、もしかしたらこれが日本初公開の写真かもしれません。

あと、この後は普通にかぶりついて食べたのですが、食べる際の縦に切るメリットはこれと言ってありませんでした。

今後は普通に輪切りにして食べたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150506234449p:plain

f:id:Arufa:20150506234456j:plain

もしかしたら、これがナルトの一番贅沢な食べ方がコレかもしれません。

・・・そう、ナルトの赤い部分だけを食べてみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150506234446j:plain

やはりナルトが「ナルト」たるゆえんは、この赤い模様にあると思うんですよね。

言わばこの赤い部分こそがナルトそのものであり、周りの白い部分は消しゴムである可能性すらあります。

つまり僕が何を言いたいのかというと、「ナルトは赤い部分が一番美味しいんじゃないか?」ということです。

 

f:id:Arufa:20150506234443j:plain

というわけで、包丁とピンセットを使ってナルトの赤い部分だけを抽出することに成功しました。

それでは早速食べてみましょう!

果たしてナルトの赤い部分は、何か特別な味がするのか~~~~!?

 

f:id:Arufa:20150506234444j:plain

 

f:id:Arufa:20150506234445j:plain

普通。

はい。

 

f:id:Arufa:20150506234450p:plain

f:id:Arufa:20150506200947j:plain

すみません、あまりにも唐突な小見出しに「何だ何だ」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと説明させて下さい。

僕は冒頭でナルトのことを「一杯のラーメンに対して少ししか食べることができない」的な感じで説明したと思うのですが、実はそれに近いモノが他にもありました。

・・・それが、ポケモンヌードルピカチュウかまぼこです。

 

f:id:Arufa:20150507014154j:plain

まず、こちらが「ポケモンヌードル」。16年前から発売されているベストセラー商品です。

そして、そんなポケモンヌードルの中に入っているのがこちら・・・

 

f:id:Arufa:20150507014155j:plain

ピカチュウかまぼこ」です。

こちらは可愛らしいピカチュウの絵柄のかまぼこ。食べたことがある人はわかると思うのですが、ポケモンヌードルといえばコレのイメージが強いですよね。

 

f:id:Arufa:20150507014800j:plain

で、こちらもナルトと同じく、1つの商品に対して少ししか入っていないんです。

大体1つの商品に3~5枚程だったと思います。

そしてここから気持ち悪い話になってくるのですが、僕、ずっとこれを集めていたんですよね。

 

f:id:Arufa:20150507014157j:plain

「いつかこれを大食いしたい」と思って、貯ピカ(ピカチュウかまぼこ貯金の意)していたんです。

恐らくこのチャンスに食べておかないと一生貯ピカすることになると思うので、

今回はこちらのピカチュウかまぼこも、ナルトと同じように贅沢に食べてみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150507014802j:plain

というわけで、通常の10倍ピカチュウかまぼこを1つのカップに入れ、お湯を注いでみました。

あとはこのまま3分待てば、通常の10倍のピカチュウがひしめくポケモンヌードルが完成します。

 

~1時間後~

 

f:id:Arufa:20150507014158j:plain

すみません、完全に昼寝をしました。

3分の待ち時間のところを1時間も寝かせてしまったため、中にいるピカチュウ達もさぞお怒りのことでしょう。

果たして中身はどうなっているのか? 開けてみましょう・・・

 

f:id:Arufa:20150507014159j:plain

 

f:id:Arufa:20150507014801j:plain

うわあああああああ!!!

何ということでしょう。圧が、圧が凄すぎて直視できません。

 

f:id:Arufa:20150507014201j:plain

あれだけ可愛かったピカチュウですが、これだけ集まると恐怖の対象にすらなりますね。少なくとも僕は若干の恐ろしさを感じています。

肝心の麺はピカチュウによって全く見えなくなってしまったので、このピチュウ海(ピカチュウの地中海の意)から麺を掘り出して食べてみましょう。

 

f:id:Arufa:20150507014200j:plain

 

f:id:Arufa:20150507014202j:plain

グワッ

 

f:id:Arufa:20150507014203j:plain

ズッ

 

f:id:Arufa:20150507014204j:plain

デロリ・・・

最高にキモい食べ物になってしまいました。何だこれ。

 

f:id:Arufa:20150507014205j:plain

あと、味はまあ普通に伸びたカップラーメンという印象だったのですが、麺を大体食べ終わった後にカップの中を見ると、

 

f:id:Arufa:20150507014207j:plain

 

f:id:Arufa:20150507014208j:plain

「ピカ・・・ピカ・・・」

地獄みたいな光景になっていたので、トラウマになりました。

 

f:id:Arufa:20150507014209j:plain

・・・いかがでしたでしょうか。

今回は「こどもの日」ということで、子供の頃からの夢を叶えてみた訳ですが、ナルトはまだ良かったにしてもピカチュウかまぼこはメチャクチャ怖い結果になってしまいました。

『夢は叶えると現実』という言葉がありますが、現実になってもいい夢と、そうでない夢があるということかもしれませんね。

皮肉にもこどもの日に、また一つ大人になってしまった気がしました。

それでは今日はこのへんで。

ではまた。