読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもやりたくて「ブリーフをガチガチに固めたフリスビー」を作ってみた

こんにちは、ARuFaです。

f:id:Arufa:20150618005638j:plain
突然ですが、皆さんには「理由抜きにどうしてもやりたくなってしまったこと」が頭をよぎった経験はありますでしょうか?

例を挙げるのであれば、無性にゆで卵が食べたくなったり昔の漫画を読み返したくなったりなどがそうかと思います。

・・・我々人間は、いわば知的好奇心の塊。説明しきれない衝動に体が突き動かされるという事があっても何ら不思議ではないはずです。

かくいう僕も先日、『とあること』をどうしてもやりたくて仕方なくなってしまいました。

それがこちら・・・

 

f:id:Arufa:20150618005639j:plain
「ガチガチブリーフのフリスビーを作りたい!」

・・・これです。

いや、わかりますよ。「いきなり何を言っているんだ」と画面を閉じたくなるあなた気持ちもわかります。しかし待ってください。

見てみたくないですか? ガチガチに固めたブリーフのフリスビーですよ?

『ブリーフをガチガチに固める』というだけでも人生で経験するかどうかわからない事なのに、それをフリスビーにするとなれば、その経験はきっと人生の大きなターニングポイントになると思うんです。

・・・というわけで今回は、この自分の初期衝動に身を任せて、『ガチガチブリーフのフリスビー』を作ってみたいと思います。


f:id:Arufa:20150618211543p:plain

f:id:Arufa:20150618210510j:plain
さあ、そんなわけで『ガチガチブリーフのフリスビー』、 略して「ガチブリス」を作るためにまず用意したのはこちらのブリーフ。

まずはフリスビーを作るにあたって、こちらのブリーフをガッチガチに固める必要があるので、とりあえずボンドを塗りたくってみることにしました。

 

f:id:Arufa:20150618005630j:plain
で、実際にブリーフにボンドを塗りたくってみたわけですが、何なんですかこの光景。

こんな事をするのは生まれて初めてですし、そしてこんな事をされるのはブリーフからしても初めてでしょう。

まさに初めて同士の体験。さながら若い恋人同士が、恥じらいながらも手を繋ぎ始めるような奥ゆかしさがありますね。ありません。

 

f:id:Arufa:20150618005632j:plain
さあ、そんなことを考えつつ、僕はブリーフにボンドを塗りこんでいきます。

ちなみに現在の時間は深夜3時・・・。

草木も眠る時間帯に黙々とブリーフにボンドを塗り込む男というのは、恐ろしいことこの上ありません。

 

f:id:Arufa:20150618005631j:plain
そしてボンドをブリーフに塗り込み終えたら、次はそれを深夜3時のベランダに干しました。

恐らくこのまま放置しておけば、朝にはボンドが乾いてブリーフがガチガチに固まっているはず!

・・・とはいえ、こんなことをするのは初めてなので確信は持てません。

もし固まらなかった場合、僕はただの「深夜にボンドまみれのブリーフを干す変態男爵」となり、町内を追放されることは確実。

そのため、その日の夜はなかなか寝つくことができませんでした。

 

~翌朝~

 

f:id:Arufa:20150618005633j:plain
さあ、次の日の朝になりました。

果たしてブリーフは、僕の思惑通りにガチガチに固まっているのでしょうか・・・?

早速触ってみましょう。

 

f:id:Arufa:20150618005634j:plain
「・・・あっ!」

 

f:id:Arufa:20150618005635j:plain
「ああっ!!!」

 

f:id:Arufa:20150618005636j:plain
「ガチガチだーーー!!!」

予想を超えるガチガチ加減でした。指で弾くと「カンッ」と軽い音がするほどです。

こんなガッチガチなブリーフは今まで見たことがありませんし、そしてこれからも見ることは無いでしょう。

さあ! 後はこの『ガチガチブリーフ』がフリスビーとして飛ぶのかを確かめるだけ!

早速、近くの公園へ行って投げてみましょう!

 

f:id:Arufa:20150618210512j:plain

f:id:Arufa:20150618210515j:plain
・・・というわけで、近所の公園に来ました。

 

f:id:Arufa:20150618005637j:plain
さっきまで晴れていたのに、ガチガチブリーフを出した瞬間にメチャクチャ曇ってきたのが怖くて仕方ありませんが、早速投げてみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150618210515j:plain
果たしてこのブリーフはフリスビーのように空を飛ぶのか!?

そして、僕の夢見た『ガチガチブリーフのフリスビー』は実現するのか!?

・・・いざ!

 

f:id:Arufa:20150618210511j:plain
「せーっの!!」

 

f:id:Arufa:20150618210516g:plain
バォォォォーーーーンッ!!

 

f:id:Arufa:20150618210513j:plain

めっちゃ飛んだ。

 

f:id:Arufa:20150618210518j:plain
めっちゃ飛んだ!!!

すみません、思っていたよりも飛んでしまったのでリアクションにタイムラグが生まれてしまいました。

いや、本当ビックリするくらい飛びました。飛距離にして20m程です。

今までずっと下着だと思い込んでいた物が、空中を高速回転して飛んでいく様子はまさに衝撃的。概念が覆るというのはこのことを言うのでしょう。

以上のように『ガチガチブリーフのフリスビー』は大成功!

まさに一つの夢が叶った瞬間でした。感無量です。

 

f:id:Arufa:20150618210521j:plain
そしてさらに、実は「ガチガチブリーフのブーメラン」も平行して作っていたので、こちらも飛ばしてみたいと思います。

果たしてこのブリーフは、ブーメランのようにしっかりと僕の手元に戻ってきてくれるのでしょうか・・・!?

・・・いざ!

 

f:id:Arufa:20150618210523g:plain
バォォォォーーーンッ!!

 

f:id:Arufa:20150618210524g:plain
ズギュォォォーーーーンッ!!

 

f:id:Arufa:20150618210522j:plain
なぜかフリスビーより飛びました。

 

f:id:Arufa:20150618210519j:plain
「フリスビーより飛ぶんかい!!」

 

f:id:Arufa:20150619000034j:plain
驚きました。「ブリーフフリスビー」よりも「ブリーフブーメラン」の方が飛ぶとは予想外です。

この分野には、まだまだわからないことがたくさんありそうですね。興味のある方は是非とも研究してみてはいかがでしょうか。

 

f:id:Arufa:20150618210534j:plain
さあ、それでは最後に、この「ガチガチブリーフのフリスビー」で実際に遊んでみましょう!

相手は会社の先輩。このためだけに理由を説明せずに呼び出しました。

僕が手に何を持っているかは、一切伝えていません。

 

f:id:Arufa:20150618210536j:plain
「じゃあ、投げますよ~!」

 

f:id:Arufa:20150618210535j:plain
「え? なに? 何を投げるの? よく見えないんだけど。」

 

f:id:Arufa:20150618210533j:plain

f:id:Arufa:20150618210532j:plain
「はい!」

 

f:id:Arufa:20150618210528j:plain
「え!? 何!? 何それ!? 何それ!!?」

 

f:id:Arufa:20150618210529j:plain
「何これ!? 何これ!!?」

 

f:id:Arufa:20150618210530j:plain
うっわーーーーーッ!!!

 

f:id:Arufa:20150618210531j:plain
何これーーーーー!!??

突然ブリーフを投げられると、脳が処理しきれなくて何が飛んでいるのかが全くわからないそうです。

 

f:id:Arufa:20150618210537j:plain
いやぁ~! 今回は、ブリーフの新しい可能性を発見することができましたね!

実験も大成功でしたし、どうやらブリーフにはまだまだ使い道がありそうです。

というわけで、僕はこれからもブリーフの使い道を探してみたいと思います!

 

f:id:Arufa:20150618210538j:plain

「ブリーフ最高~~~!!!」

 

 

f:id:Arufa:20150618210539j:plain

f:id:Arufa:20150618210544j:plain

f:id:Arufa:20150618210545j:plain

f:id:Arufa:20150618210546j:plain

f:id:Arufa:20150618210547j:plain


f:id:Arufa:20150618210540j:plain

f:id:Arufa:20150618210541j:plain

f:id:Arufa:20150618210542j:plain

f:id:Arufa:20150618210543j:plain
「ぽぉ~いぴぃ~~!!」

こちらからは以上です。

お久しぶりの更新! ~メチャクチャたくさん記事書いてました~

こんちは!

都内某所で、一日に何人もの有名人やハリウッドスターとジャンケンができる場所を見つけたARuFaです。

f:id:Arufa:20150610001759j:plain

そして、それがこの場所なのですが、説明するよりもまず実際にやってみたいと思います。

 

f:id:Arufa:20150610001800j:plain
ジャーンケーン!!

 

f:id:Arufa:20150610010624j:plain
ポン!!

 

武田鉄矢

f:id:Arufa:20150610001810j:plain

 

役所広司

f:id:Arufa:20150610001802j:plain

 

ジャッキー・チェン

f:id:Arufa:20150610001807j:plain

 

トム・クルーズ

f:id:Arufa:20150610001809j:plain

 

ペ・ヨンジュン

f:id:Arufa:20150610001808j:plain

勝率100%です。ビビるほど勝てます。

 

f:id:Arufa:20150610001803j:plain

いかがでしょうか。

この場所の正体は、東京の日比谷駅にある、有名人の手形が地面に埋め込まれている広場。

 

f:id:Arufa:20150611002303j:plain

なぜ有名人の手形が地面に埋め込まれているのかは、この土地の所有者の性癖だと思うので深く追求しませんが、ともかくここならば様々な有名人とジャンケンをすることができるのです。

しかも全員考えなしに「パー」を出しているので、一度のチョキだけで名だたる有名人に快勝できるため気持ち良いったらありません。

ただし、調子に乗っていると、

 

f:id:Arufa:20150610001805j:plain

 

f:id:Arufa:20150611002302j:plain

ドラえもんに負けるので気をつけて下さい。

 

・・・さて、そんな僕ですが、長らく日記の方を更新できず申し訳ありませんでした。

 

f:id:Arufa:20150611002308j:plain

皆さんの中には日記の更新を楽しみにして下さっていた方や、僕の身を心配して下さっていた方もいらっしゃったようで、大変ご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

 

f:id:Arufa:20150611002304g:plain

見ての通り僕はいつもと変わらず元気です。

特に病気などもしておらず、今日もこうしてレオタード水着の新しい着方を発明していました。

 

f:id:Arufa:20150611002305g:plain

また、あまりに日記が更新されなかったため「いよいよ警察に捕まったのでは?」と心配してくださった方もいらっしゃったようで、メールボックスには大量の『捕まったんですかメール』が届いたりもしました。

 

f:id:Arufa:20150611002306g:plain

しかし僕は健全な青年。警察にお世話になるようなことは何一つしていないのでご安心下さい。

 

f:id:Arufa:20150611002307g:plain

・・・それでは何故、ここまで更新がストップしていたのか?

それは何を隠そう、お仕事の締切が立て続けに連続で入っていたからです。

僕は現在ライターとして連載記事などを書く仕事をしているのですが、数ヶ月に一度くらいの頻度で全ての連載の締め切りが一同に集まることがあるのです。

僕はその現象を自分の中で「ワールド・エンド」と呼んでいるのですが、今回はそれよりもさらに凄い量の締め切りが僕に襲いかかってきてしまいまして・・・

やむなく日記の更新をストップして、記事を書きまくっていたのでした。

・・・しかし、そんな締切の嵐も一段落したため、今回の記事では僕がこの数日間の間に書いた記事を一挙に告知させて頂きたいと思います。

色々な場所に行って様々なことをしてきたので、暇過ぎて辞書を読破しようと思った時などに見てください。

 

 

【検証】野菜にストレスを与えるとウマくなるって本当なのか!?

f:id:Arufa:20150611002227p:plain

http://omocoro.jp/kiji/56466/

「野菜は育てる過程でストレスを与えるとウマくなる」という噂を耳にしたので、実際にミニトマトにストレスを与えてみた記事です。

どんな方法でミニトマトにストレスを与えたのか、そして味の結果などは記事をご覧ください。もうやりたくありません。

 


【発明】料理の写真をより美味しそうに撮るカギは「あえての低画質」にあった

f:id:Arufa:20150611034007j:plain

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/2344

美味しそうな料理の写真が好きなので、全く新しい方法で料理を美味しそうに撮影する方法を考えた記事です。

記事の撮影中、隣でバーベキューをしていた酔っぱらいの大学生が「何焼いてるんですか~」と絡んできたので、「父親の金玉です」と答えたら「やべぇッスね…」と言われました。

 


外でケンカしてる猫のテンションをグラフ化した

https://youtu.be/EcAKi3_ujyg

これは仕事でも何でもないのですが、ちょっと前に作った動画です。

全てにおいて忠実なグラフです。

 

 

【秘境】徳島県の山奥に隠れた、村人よりもカカシが多い集落に潜入してきた

f:id:Arufa:20150611034008j:plain

http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/0003

徳島県にはB級スポットがたくさんあるらしいので、実際に行ってきた記事です。

この記事だけはメチャクチャに長いので、牢獄に入れられた時など、時間に余裕がある時に見ていただければそれで大丈夫です。

 

・・・いかがでしたでしょうか?

以上が、今のところリリースされた僕の出張記事になります!

とはいえ、これは氷山の一角・・・まだまだこれから公開される記事が出てくるのでその時はお知らせさせていただきますね!

時間にもっと余裕ができればこの日記でもどんどん記事を書いていくので、その時は是非とも呼んで頂けると幸いです。

 

f:id:Arufa:20150611034009p:plain

また、僕はツイッターもしており、記事が更新できない日でも小ネタくらいならつぶやいているため、是非ともフォローして頂けると幸いです!

ARuFa (@ARuFa_FARu) | Twitter

 

ちなみにこれまでのツイッター内では、

f:id:Arufa:20150611002301j:plain

スイカバーを15個連結させて輪切りのスイカバーにしたり、

 

f:id:Arufa:20150611002252j:plain

スマホを透明にしたり、

 

f:id:Arufa:20150611042314p:plain

ベビースターラーメンの中に針金を入れるとかっこよくなることを発見したりなど、「暇なの?」と言われるようなことばかりしています。

と、いうわけで、今回は告知だけになってしまいましたが、久しぶりに日記が更新できて嬉しかったです!

そろそろ仕事の方も一段落してきたため、またちょくちょく更新を始めていくつもりですので、何卒よろしくお願い致します!

では、今日はこのへんで!

ではまた!

 

僕の会社での日常とリュックサックの日記

こんちは!

先日の日曜日、会社に忘れ物をしたので休日にオフィスへ行ったのですが、

 

f:id:Arufa:20150519003247j:plain

休日ということもあって誰もオフィスにおらず、ふと「今なら好き放題出来るんじゃないか?」という気持ちが一瞬芽生えたARuFaです。

とはいえ、僕も分別のつく大人。何が正義で何が悪なのかはよくわかる人間です。

確かに一瞬は「誰もいないオフィスで好き放題やりたい」という気持ちが芽生えましたが、そんな悪い考えは必死に振り払いました。

 

f:id:Arufa:20150518230027j:plain

・・・しかし、この場に誰もいないからこそできることもあるのではないでしょうか。むしろ今はチャンスなのではないかとも思っています。

・・・とはいえ、まあ・・・だからって好き勝手して良いわけでも無いし、ていうか普通ダメだし・・・でもやりたさもあるし、だけど人間としてやって良いことと悪いことがあるかもしれないし・・・でも、でもでもでもでも~~~~

あああああああ~~~~!!!!

 

f:id:Arufa:20150518230041g:plain

ヨッシャーーーッ!!!

結局やっちゃいました。これはアメリカの木こりのモノマネです。

やっぱり会社に一人で居る時くらい好きなことをしたいですもんね。アメリカの木こりのモノマネをしたくなってしまうのも無理ないと思いませんか。

ちなみに、本当にアメリカにこんな木こりがいるのかはわかりません。本当にすみませんでした。

 

f:id:Arufa:20150519011504j:plain

・・・さて、そんな休日明けの本日、僕は9時に起床して会社へと向かいました。

会社に行く途中には、干からびたハクション大魔王の唇みたいな"ナニカ"が落ちていて「朝から怖過ぎるだろ」と思いました。

 

f:id:Arufa:20150519015128j:plain

・・・一体彼に何があったのか。それはもはや彼自身にしかわかりません。

(この"ナニカ"の前でクシャミをしても何も起こりませんでした)

 

f:id:Arufa:20150518230038j:plain

さて、そんな恐ろしい体験をした後に会社に行くと、隣のデスクであるギャラクシーさんが少し早めに出勤して仕事をしていました。

ギャラクシーさんは今年新しく会社に入社した方、そのためやるべきことが多いのでしょう。

出勤した僕は、隣の席ということもあるので挨拶をしようと思ったのですが、

 

f:id:Arufa:20150518230039j:plain

ギャラクシーさんの手元にあるコレが気になって仕方ありませんでした。なにこれ。まさか、え? マジで?

いや、さすがに会社でペットボトルに・・・え?・・・本当に? 会社よここ?

 

f:id:Arufa:20150518230040j:plain

僕の方が先輩ということもあり、率直に「オシッコはトイレでして下さい」と注意したところ、ギャラクシーさんは慌てて、

ギャラクシー「いや、これ生茶ですよ!」

などと言っていましたが、まさかペットボトルにオシッコをするだけに留まらず、オシッコのことを生茶と呼ぶ変態だとは思いませんでした。

こういうことは今後一切やめて頂きたいので、今度社長に報告しようと思います。

 

f:id:Arufa:20150518230036j:plain

さて、お昼にはそんなギャラクシーさんも含めてイデア会議をすることに。

僕の会社では毎週オフィス内でアイデアを出す会議をするのですが、今回は気分を変えて近くのファミレスで話し合うことになったのです。

やはり新しいアイデアを出すには、環境を変えてみることも大切ですからね。

 

f:id:Arufa:20150518230033j:plain

そして、ファミレスでのアイデア会議がスタートしました。

僕とギャラクシーさんは、持参したノートパソコンを叩きながら発言をし、

 

f:id:Arufa:20150518230032j:plain

そして対面に座る先輩まきのさんは、真剣な眼差しで手元の紙に全員アイデアをメモしていきます。

 

f:id:Arufa:20150518230034j:plain

・・・そして、白熱したアイデア会議は約2時間にも及びました。

長時間に渡るアイデア会議の結果、我々の手元のメモに書き記されたアイデアがこちらです。

 

f:id:Arufa:20150518230031j:plain

スピードウンチ。

 

f:id:Arufa:20150518230035j:plain

・・・そしてアイデアを出しきった我々は、清々しい顔でオフィスへと戻りました。

イデアは生き物です。スイスイ出る時もあれば、いつまでも出ない時もあります。

今回は2時間を完全に無駄にしただけでしたが、これも次への第一歩・・・明けない夜が無いように、いつかアイデアが出る日を夢見て、今日も我々は進んでいきます。

 

f:id:Arufa:20150518230037j:plain

帰りは何故か皆でメガネ洗浄をした後に、お菓子を買ってオフィスに戻りました。

その後は普段通りに仕事をして、19時頃に退社をしました。

 

~~~~~~~~~~

 

f:id:Arufa:20150519011505j:plain

会社の後は、会社の先輩と一緒に登山グッズが売っているお店に行き、リュックサックを買って家に帰ってきました。

いやぁ~、ずっと欲しかったんですよね、リュックサック!

早速使用してみると、こんな感じになりました!

 

f:id:Arufa:20150519003249j:plain

いかがでしょう。やはり思惑通り、適度に電灯の光を遮断してくれました。

じつは家の電灯のヒモを紛失してしまいまして、ブレーカーを落とすか電球を抜くかでしか電灯の灯りを調節できなくなってしまったんですよね。

ブレーカーを落とすと冷蔵庫もダメになってしまいますし、かと言って電球を抜くのも面倒なので、このようにしてリュックサックを買って光量を調節してみたのですが、これでやっと満足に寝れそうです。明るいとどうにも寝れませんからね。

ついでに最近運動不足なので、このリュックサックを背負って今度、山小屋込みの登山にも行こうかと思います。

ただ、僕は部屋が明るいだけで寝れない神経質。そのため山小屋など環境が変わるとなかなか寝れないわけですが、そんな時のためにアイマスも購入したので安心です。

 

f:id:Arufa:20150519011506j:plain

・・・本日はこんな感じの一日でした!

会議をしたり、買い物をしたりと色々あった一日ですが、悩みの種だった部屋の明るさ問題も解決できたので、よく寝て明日も頑張りたいと思います!

それでは、今日はこのへんで失礼致します。

ではまた!