読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もこまぜ

こんちは!
高校生活がだんだん楽しくなってきたARuFaです!
今日、朝寝坊してしまい、朝食を食えなかったんですよ・・・超ショックです。
まあ、昼食をいっぱい食べたんで、中ショック程度で済んだのですが、それまでは腹ペコでした。
なので、俺は考えました。
「もし、すぐに完成して、栄養たっぷりの朝食が作れたら」・・・と。
なので、俺は家に帰り、即実践してみました。
重要とされるポイントは3つです。
①早くできる。
②美味しくできる。
③栄養がある。
④片付けが楽
3つとか言いながら4つ書いてしまいました。イヒヒ。
とにかく、大切なのはこの4つなんです!
①の「早くできる」。これを実現させるのはやっぱり、電子レンジだと思います。
なので、電子レンジを使った料理をすることに。
俺「やっぱ、電子レンジ使う料理は・・・なんだろ・・・」
妹「『もこもこ』とかは?」
俺「何その色々なものを連想させる名前wwwww」
妹「これだよ。」
これか
俺「レンジで・・・2分・・・いいなコレw」
なので、モコモコに決定。
俺「でも、コレ、あんまり栄養なさそう・・・」
妹「なんかで補えばいいじゃん。」
俺「あ、裏に・・・・なんだこれ・・・」
モーニングモコモコ
俺「あ、これ作ろうww」
俺は、このモーニングモコモコを作ることに。
妹「あ、じゃあ私が作り方を読んで説明するから、それに従って。」
俺「おk」

妹「卵とミックス粉を混ぜる。」
俺「はーい」
混ぜた
俺「混ぜたよー!」
妹「はい、じゃあ次いくね。・・えっと・・・・・・・」

妹「ピーナッツ味噌を入れる。んで混ぜる。」
俺「はいよー」
入れる
俺「やったよー。」
妹「はい、じゃあ次は・・・・」

妹「カニカマを入れる。んで、混ぜる。」
俺「なにそれ、栄養満点じゃん。」
入れた
俺「入れたよー、そして混ぜたよー!」
妹「いいねー。んじゃあ次は・・・・」

妹「ゴマをいれる。んで混ぜる」
俺「どのくらい?」
妹「これには、適量だってさ。」
俺「はーい」
ザー
妹「あ!これの下に『調子に乗って入れすぎないでください』だってさ」
大量。
俺「調子に乗った後に言われても後の祭りだ馬鹿。」
妹「ゴマを入れたら次は・・・えっと・・・」

妹「下痢止めの薬を入れる。」
俺「おいコラ待て。本当にそんなの書いてあるの?」
妹「うん。妹を信じて。」
俺「わかった。」
ストッパ
薬箱の中に運良くありました。持っててよかった!ストッパ下痢止め!
俺「次は?」
妹「えっと・・・・・あ、自分でもよくわからない薬を入れる。だってさ。」
俺「何その説明文、俺を殺したいの?」
妹「いや、私が。」
俺「あ、そうなのね。」
妹「この薬でいいんじゃない?なんかラベルはがれてて、いかにもやばそうだよ。」
俺「じゃあこれで。」
死ぬよ。
妹「んで・・・最後にパプリコを刺して、レンジでチンだってさ。」
俺「はいよ。」
あってよかったパプリコ
俺「なんかもう・・・なんでもないや、うんこうんこ。」
んで、レンジで2分間加熱します。
頑張れ!
レンジの前で2分間待っているのもアレなので、パソコンしてました。
〜2分後〜
ピロピ!ピロピ!ピロピロピー♪
俺「あーこの電子音ムカつく。」
妹「中身どうなってるんだろうね。もう完全に殺人メニューになってるけど大丈夫かな?」
俺「ね、だって、ブルーベリーヨーグルトと似ても似つかないのばっかりだったしね。」
んで、レンジから取り出してみました。
俺「ちょwwwwwwwwwwwwwwww」
妹「うぇwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
 
 
 
 
 
 
 
 
 

なんか・・・大変なことにwwwwww
俺「なんぞこれwwwwwwwwwwwww」
妹「食えよ。  食  え  よ  。  」
俺「やりますよ。」
まあ、食っても、下痢止めが入ってるので腹を壊すことは無いでしょう。
 
 
 
・・・・・パク。
 
 

俺「あ、うまい。」
オチ無し。
  
 
ではまた!