読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢再現

こんちは!
いきなりですが、病気の時に寝ると、悪夢を見るとよく言われますよね?
僕も、昨日熱を出してしまったんです。寝てるとき、夢をみたんですが、悪夢のような夢でした・・・
今回の日記は、俺の見た夢を再現してみようと思います。
完璧と言ってもいいくらい内容を覚えているんで、かなり忠実に再現してみたつもりです。
では、見てください。どうぞ!
 
 
 
・・・
気がつくと、そこは、広い広場・・・
あぁ・・・
俺「あぁ・・・部長も酷いよな・・・残業残業って・・・何なんだよ残業マンかよ。」
そこに俺が現れました。会社にいったことも無いのに、会社帰りのようです。
それと、なぜかズボンの上からパンツをはいていました。きっと気が狂ったんです。
!?
俺「お!なんだこれ!!なんだこれはああああああああああああああ!!」
落ちているものを見つけました。これはまさか・・・
そのまさか
俺「これはッッ!!!!スーパーブクロォォォォォ!!!」
夢の中の僕は、スーパー袋が大好きのようです。実際、俺もなぜか大好きです。
ひょおお!!
俺「これで!俺は会社に行かなくても家族を食っていかせられるぞおおお!!」
この世界ではスーパー袋は、3億円以上の価値があったような気がします。本当に嬉しかったです。
俺が、喜んで小躍りしていると・・・
!!!!!
そこには、スパッツ(ベージュ)を履いた女性が!!!
美代子さん!
俺「みよこ・・・さん?・・・美代子さんじゃないか!!!!!」
美「みちーこ!!」
その女性は俺が小学校の頃に好きだった、美代子ちゃんでした。
実際の美代子ちゃんも、夢でこんなことになっているとは思ってないでしょう。
フレンドリー
俺「いやぁー!久しぶり!元気だった!?」
美「久しぶりぶりー!元気すぎてスパッツ(ベージュ)をズボンの上からはいちゃった!」
元気そうで何よりです。
再開のダンス
あまりにも嬉しかったので、再開のダンスを踊ったのを鮮明に覚えています。
すると、美代子さんが急に叫び始めました。

美「いーーーーーち!!!!」
この叫び声を聞いた瞬間、アントニオ猪木のあのかけ声だと僕は察しました。

俺・美「にぃーーーーーい!!!」

俺・美「さあああああああああん!!!!!!!!!」
本気ビンタ
俺「ダァァァおぶっ!!」
しかも目
目にキレイに入ったような気がします。あのときは驚きました。
それにはさすがの俺も怒りました。
ちょっと!
俺「ふつう、1、2、3・・・と、来たらダー!でしょ!?」
美「いや、私の家ではビンタだったよ。うん。」
俺「それ、どうかしてるよ!普通ダー!だって!」
美「いや、ビンタだね。たまに死人が出てたもん。」
こんな感じで、一歩も引かない言い合いをしていると・・・
ガラ
なんか、変な人が出てきました。
どしゃ!
あまりに驚いたので、指差しちゃいましたよもう。しかもズボンの上からパンツをはいています。
しかも、よく見るとそいつは、小学校の頃、友達だった孝平くんでした!
俺「こうへい・・・?孝平だろ!?」
こ「ソウ、ボクコウヘイ!!!!」
なんかカタコトなので、多分違いますが、夢の中の俺は大喜びでした。
再開のダンス
美「じゃあ、私は手拍子をするわ!!」
と、言って美代子さんが、手拍子をしてくれました。感動しました。
美代子ノリノリ
そして、みんなで踊っていると、2人が急に叫びました。

美・こ「いーーーち!」
その声をきいた瞬間、俺はアントニオ猪木のかけ声だと、すぐに察しました。
さっきもこんなことあったような気がした事も察してしまいましたが、その辺は無視しました。

美・こ・俺「にいーーーーい!!!!」

美・こ・俺「さあああああああああん!!!!・・・・・」
ビンタ+腹
俺「ダァァ!ごはッ・・・お前またかこの野郎wwwwwwwwwwwwww」
死ぬ
それには、また俺も怒りましたよ!また目に入ったんですもん!
が、口に出すのは止めました。
実際考えてみたら、少数派は俺です。間違っているのは俺なのです。
俺「俺が間違えてた。ごめんね。」
美「いいよ!気にしないで!」
こ「ウン。イイヨイイヨダイジョウブ」
和解もし、仲直りのダンスを踊っていると・・・いきなり何かが現れました。

俺「?」
誰だよ
今までは、みんな小学校の頃の友達だったんですが、今度は知らない人でした。
ただ、共通していることと言えば、パンツをズボンの上にはいているということでした。十分な気がします。
美「あ!!知美ちゃんじゃん!!」
コ「ホントダ!トモミー!」
なんと、美代子さんや、孝平くんの友達だったみたいです。
俺「友達の友達は・・・・友達だ!!!!」
と、いうことで、みんなでまた再開のダンスを踊りました。
皆好き勝手
それにしても美代子さんは張り切りすぎです。飛んでますよ。
すると、またみんなが叫び始めました!

美・こ・知「いーち!」
その瞬間僕は、このかけ声がアントニオ猪木の(以下略)
そして、「ダー!」ではなくて、「相手を殴る」ということも忘れてませんでした!

美・こ・知「いーち!」

皆「にいいいいいいいいいいい!!」
俺は、孝平を蹴ることに決めました。一番ムカついたからです。
3・・・ゴフッ
俺「さあああ・・・ハゴッ!!!!!!」
やっぱ俺が間違ってた
みんなの「やってやったぜ」的な視線がなんとも言えませんでした。
うわあああ
倒れこんでいる俺をいい事に、みんな踊りまくってます。
そして、のしかかってきました。
ぎゃあああああ
俺「ぎゃあああああああああああああ」
そして、ここで目が覚めました。
その時、頭の痛みはなく、元気でした。
きっと、あの友達がウィルスを倒してくれたのかも・・・しれませんね。(低確率)
その後は、ちゃんと学校にも行けました。
そんなかんじで僕は今でも元気です!
それと、この夢は本当にみた夢なんで信じてください!もらしてなかったのが不思議なくらいです!
ではまた!
 
 
おまけ
がごごごご
崩壊