読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンボールを食べた。

こんちは!
最近世間を騒がせている「ダンボール肉まん」・・・・
嘘だったやら、本当だったらやら・・・もううんざりです!!
でも、なんか結構美味しいらしいですね・・・少し食べてみたいです・・・
でも、肉まんよりももっと美味しい食べ方があるんだと僕は思います。
なので、今日はダンボールを自分なりの方法で食べてみようと思います。
思いついたら速実行。押入れにあった服が入っているダンボールを持ってきました。
服はそのへんに放置
今からダンボールを食べるというのを体がわかっているのか。よだれがでました。
んじゃ、早速調理開始です。
まずは、ダンボールを魚のように解体します。
ゾフョフョフョ!
とりあえず美味しそうな側面、底部分は残し、他は捨てました。
美味しそう!
とりあえず、そのまま食ってみることにしました。
無理だ
噛み切れません。
歯から少し変な音が鳴ったところで調理再開です。
まずは、ダンボールの底部分を用意します。
これです。
それを、細く・・・細く切っていきます。
頑張りましょう。
そして、その細く切った麺状のダンボールをこのくらい用意したら・・・
これが一食分です。
そうしたら沸騰したお湯に突撃させましょう。
さようなら
この状態で3分茹でましょう。
時間がもったいないので、別の料理にも作業を移しましょう。
先ほどの側面部分を用意してください。
これです。
用意したらそのダンボールを細かく切りましょう。
包丁できるのが基本ですが、僕は面倒臭いのが嫌いなのでシュレッダーを使いました。
迷いなく。
「さっきの麺状にするのにもこれを使えばいいじゃん。」とかいうツッコミはやめてください。泣いちゃいます。
んで、シュレッドしたものはこんな感じになります。
ああ美味しそう
シュレッダーが家に無い人は、包丁かカッターで根気よく切ってくださいね。
この作業が終わると、ちょうど3分くらい経っているので、麺状のダンボールをお湯から出してください。
全体的にくたくた
いかにも体に悪そうな甘い臭いがしてきて、くたくたになったらいい感じに茹で上がっている合図です。
お湯から上げたら素早く、冷水にさらしてコシのある麺にしましょう。
シャダバダバダバダ
それにしても生活感あふれる台所ですね。
よく水を切ったら器に移しましょう。
おお
もう器に移しただけでダンボールではなく、そばに見えて来ました。極太そばです。
そうしたら、つゆ、やくみ、をいれて「ダンボールそば」の完成です!
本当に美味そう
素晴らしいですね・・・ダンボールの事なんて忘れてしまいそうです。
んで、お盆に作った料理を並べて完成です!
テッテレー!!
メニューをあらためて見てみましょう。
喉ごしが売り
ダンボール冷やしたぬきそば』です!略して『ダバ』です。
見た目、香りはもう大体そばです!期待できます!
そして、もうひとつ・・・
食感が新しい
ダンボールサラダ』です!略して『ダダ』です。ウルトラマンにそういう怪人いましたよね。
んでは!さっそく食ってみます!
ダバから
俺「ぱく・・・・・・・・・」
俺「・・・・・・・・・・・・・」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・・おふゅっ!」
噛み切れません。
なぜかわかりませんが、そのままかぶりついた時より固くなっています。
・・・とてもじゃないですが噛み切れません。
それでも噛み切ろうとしたので歯が痛くなりました・・・助けて下さい。
次は、『ダダ』を食ってみます。あ、三面怪人の方じゃないですよ。サラダの方です。
シーザードレッシングとともに
俺「いただきます・・・・ぱく・・・・もしゃもしゃもしゃもしゃ」
シーザードレッシングの味しかしませんでした・・・・
なんか、ダンボールそのものには味は無いみたいでして・・・味は調味料しだいということになりました。
しかも、濡らすと歯が折れるというwwwwやってられませんよwwwwwww
と、いうことで、やっぱり肉まんがベストなのかもしれないです。という結論になりましたw
つか、ダンボールは食いもんじゃないですよね。俺が間違ってました。ごめんなさい。
では!今日はこのへんで!
ではまた!