読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティッシュ比べ

こんちは!
みなさんはティッシュを使ったことがありますか?
まあ、「無い。」と、いう人は居ないと思います。居たとしたらもう風呂に入って寝てください。
何かを拭いたり、鼻をかんだり、口に詰めてみたり、止血したり・・・便利ですよねティッシュって。
そんな皆さんの生活におなじみなティッシュ君・・・
みなさんはいくらくらいの値段のティッシュを使っていますか?
僕の家では、5箱で200円という素晴らしいティッシュを使っています。1箱40円ですね。
そんな安いティッシュしか使ったことの無い僕は、今回高価なティッシュを買ってみました。
なので今日は、安いティッシュと高いティッシュ、どちらが使い心地がいいのかテストをしてみます。
 
今回用意したティッシュはこちらの2つ!
安い方
こちら、僕の家に普通にあったティッシュです。
1箱40円のティッシュかと思いきや、もらいもんだそうです。つまりタダなんだそうです。
そして対するは、高価なティッシュ! 「鼻セレブ」です!
高い方
こちら、1箱で230円でした。
なんという値段の差でしょう。 さすがの僕も買うのに迷いました。(12秒程)
値段が高いからといって、使い心地が良い。というわけではありません。
今回のテストはポイント制です。
何種類かの実験をし、そのテストで良い成績を出した方にポイントをつけ、
最終的にポイントの高いティッシュの勝ちです。(?)
では、テストスタート!!
 
 
1. 見た目
ティッシュたるもの、見た目が肝心です。
ティッシュは直接鼻などに押し当てます。見た目が悪いティッシュを顔に近づけたくありませんもんね。
今回は、より見た目がいい方にポイントが加算されます。
 
さっそく並べてみました。

左がタダティッシュ、右が鼻セレブです。
あ、左の方が鼻セレブだったかもしれません。
あれ、いや、右ですね右。輝きが違いますもん。
でも左のティッシュも結構輝いているのでそちらの方が鼻セレブかもしれません。
いや・・・でも、まあ・・・左も・・・ええ・・・
ああもう
こういうのはむかつくので、違う実験をしましょう。
ポイント:タダ 0  鼻セレブ 0
 
 
 
2. 吸水力テスト
ティッシュたるもの、吸水力が命といっても過言ではありません。
次のテストは、どちらのティッシュがより水分を吸収できるのかで争っていただきます。
 
まずは、タダティッシュからです。
あ!
俺「あ、いけね!こぼしちゃった!」
俺「ティッシュティッシュー!」
まずは1枚、水の上に置きます。
はらり
そして、ティッシュが水分を吸いきらなくなるまで待った結果。
おお!!
なんと、全て吸収してしまいました! すごいぞ!タダティッシュ!
 
では次は鼻セレブです。
先ほどと同様、水をこぼします。



俺「あ、いけね!こぼしちゃった!」
俺「ティッシュティッシュー!」

・・・
噛み続けたナタデココみたいになってしまいました。
なんですかこれ、全然水分を吸収しないじゃないですか。
え?ちょ、本当に何ですかこの結果は。
水分を吸わないティッシュなんて、アリジゴクしかいない動物園ですよ全く。
この勝負は文句無しで、タダティッシュの勝利ですね。
ポイント:タダ 1  鼻セレブ 0
 
 
 
3. 耐久性
次は耐久性のテストです。
ティッシュにはある程度の耐久性が必要ですからね。
耐久性の無いティッシュは鼻をかんだら穴が開いてしまいます。
もっと酷いティッシュは鼻をかんだとたん、チリと化してしまいますからね。サラッサラですよ。
今回は、台に固定したティッシュを固定し、そこに重りを乗せていき、
どのくらいの重さまで耐えられるのかで、そのティッシュの耐久性を見ていきます。
ではまずは、タダティッシュからテストスタートです。
固定
今回の重りは、一口カステラです。
うまそう
これをどんどん乗せていきます。

そして、ティッシュがカステラの重さに耐えられなくなってしまい、
ティッシュが破れてしまったのはカステラが8個の時でした。 【記録:8テラ】
 
んでは、鼻セレブの番です。
では、一つ目のカステラを乗せてみましょう。

ズボ
ダンッ
・・・
【記録:0テラ】
なんと鼻セレブは、1つのカステラの重さにも耐えたれず、破れてしまいました。
なんですかこの結果は。さっきの水分吸収テストの結果といい・・・なめてるんですか。
セレブだからって何でも許されると思ったら大間違いです。
ぐっさり
カステラがテーブルに突き刺さってしまい、母に怒られました。
母「ちょっと!何してんのよ!!!」
俺「いや、カステラが刺さっちゃって・・・・」
母「はぁ!? カステラが!?」
俺「うん。」
母「カステラならしょうがないね。」
俺「だよね。」
カステラでよかった。
ポイント:タダ 2  鼻セレブ 0
 
 
 
4. 味
ティッシュは何かと食われます。
暇な時に丸めて口に入れられ、「わー!科学の味!」と言われることもしばしば。
口の中を切ってしまい、口にティッシュを詰め止血され、「わー!科学の味!」と言われることだってあります。
現代のティッシュには味の良さも求められているのです。
では、タダティッシュの方から食べてみましょう。
・・・と、いっても、そのままではさすがにキツいものがあるので調理します。
材料
卵(2個)、塩コショウ、ティッシュを用意し、
ミスった
割った卵に、塩コショウを入れ、かき混ぜまず。(混ぜてから塩コショウの方がいいです。)
うん。
そしてそこに、裂いたタダティッシュを入れてもう一度混ぜます。
ジュワー
焼きます。

形を整えたら、まな板に移します。

それを一口くらいの大きさに切れば、半熟トローリティッシュ卵焼きの完成です。
デーン!
では、頂きましょう。
・・・
・・・
・・・!?
俺「・・・・・・・・・!?!?!?」
美味い!
俺「うんめぇえー!!」
びっくりするほど美味しかったです。
タダティッシュは形が残っているのですが、うまい具合にほぐれ、シャキシャキといい歯ごたえです。
そのシャキシャキ感がたまらず、ついつい箸が伸びてしまいます。
これは美味しい!満点です!!
ぐおおおお
最後にちょっと詰まりましたけどね。
 
では次は、鼻セレブを調理してみましょう。
今回、鼻セレブで作る料理は「寿司」です。
やはりセレブたるもの、寿司ぐらいは食べないといけませんからね。
まずは、寿司のネタを作ります。

お寿司でおなじみ、ガリを用意し、
そこに、ソース、メープルシロップ、塩コショウ、タバスコ、味噌、化粧水を入れます。
そして、それをよく混ぜます。

この時点で鼻から変な汁が出てきてしまったので、鼻セレブで拭きました。
ネタができあがったら、鼻セレブで作ったシャリにネタを乗せ、完成です。

デーン!
これは、期待できますね。
では、さっそく頂きます。
・・・
・・・
・・・
・・・!?
俺「・・・・・・!??!?」
いけない方向
本気吐きしました。
なんていうんでしょうかね・・・全てが面白いくらいマッチしていないんです。
一番いけなかったのはメープルシロップでしょうか。甘さはいけません。
口で息をすると吐きそうになり、鼻で息をすると臭いで吐きそうになるんです。どうしろと。
これは明らかに鼻セレブの負けです。ふざけるんじゃないよまったくもう。
ポイント:タダ 3  鼻セレブ 0
 
 
・・・はい!これでテストは終了です!
結果はといいますと・・・
鼻セレブ 0ポイント
タダティッシュ 3ポイント 
と、いう結果になりました。
アレですね、値段に騙されるなってことですよね。
鼻セレブなんて、味までもがいけませんでしたからね。
でも、料理をしているときに鼻セレブで鼻をかんだのですが、素晴らしいほどの心地よさでした。
鼻セレブなんて、一生鼻をかむ用のティッシュになっちゃえよ! って感じです。それでいいんですけどね。
でも僕は、食用にもなる安いティッシュを応援します。
他にも、温度のテストとかもしたのですが、時間の関係上省略させていただきました。
ご要望がありましたら、また後日、温度のテストのテスト風景、結果も載せますねw
では、今日はこのへんで!
ではまた!
 
 
ティッシュ比べ 番外編