読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週間わっしょい地域放送局

 

みなさんこんにちは、ビットです。
今週の「週間わっしょい地域放送局」では、千葉県某所の広場を紹介したいと思います。

こちらの広場は、貯水池であり、水が豊富なためか緑がとても多い広場となっております。
では、さっそく中へ入っていってみたいと思います。

ビット「おじゃましまーす・・・・ん?・・・この臭いは・・」
中に入ると、なかなかのヘドロ臭が私を襲いました。
貯水池だからなのでしょうか、水ハケがとても悪く、土の質は結構悪いものと見られます。
さて、ではさっそくこの広場の利用者の方にインタビューをしようと思います。どこかに利用者は・・・
ビット「お!?あんなところに人がいました!・・・釣り人ですね・・・」

ビット「では、インタビューをしてみましょう!」

ビット「こーんにちはー」

釣り人「・・ん?・・・おお!どこのテレビの人だい!?」
ビット「『ARuFaテレビ』と申しますー」
釣り人「『ARuFaテレビ』? 聞かないなぁ・・・ローカルかい?」
ビット「ええ、千葉県船橋市の限定された地域だけで放送されています。」
釣り人「ドローカルだなおい」
ビット「そういえば、どうですか?釣れますか?」

釣り人「いいサンマが釣れてるぜ!」
ビット「お、立派なサンマじゃないですか!」
釣り人「おう、そいつは大物だぜ」
 

 
ビット「いつから草釣りを始めたのですか?」
釣り人「もう、かれこれ17年間やってるよ。 最高だね。」

ビット「本当は?」
釣り人「今さっき。はじめてやったよ。」

ビット「楽しいですか?」
釣り人「予想以上につまらないよ」

ビット「楽しいですか?」
釣り人「つまらないよ!」

ビット「面白い話をしてください。」
釣り人「この前、精一杯のオシャレをして出かけたら、職質された。」


ビット「面白い顔をしてください」
釣り人「ほげー」


 
しばらくインタビューをしていると、突然釣竿に異変が起きました!

ビット「あれ!?釣り人さん! 竿引いてますよ!」
釣り人「んお!?」

釣り人「凄い引きだ!! 応援してくれ!!」

ビット「この引きは・・・・大物ですね!」
釣り人「これは・・・マグロ・・・マグロだ! マグロの引きだ!!」
ビット「僕も応戦します! ハイ!ハイ!ハイ!(手拍子)」
釣り人「ふごごー」

ビット「カメラさん!もっとズームズーム!!」
カメラ「は、はい!」
はるか遠くの魚影
 
〜40分後〜
 
ビット「約40分間の死闘の末、ついに釣り人さんが、マグロを釣り上げそうです!」
釣り人「うおおお!!!!」
ザバー
ビット「おおっと! 今、マグロが釣り上げられました!大きさは一体!?」
 

ビット「これは・・・立派なテッカ巻きですね」
釣り人「ああ、立派なテッカ巻きさ!」

ビット「これで、2匹目ですね!」
釣り人「そうだな、今日はラッキーだよ!」

 
釣り人「そうだ、お前さん、釣りたての魚って食べたことあるかい?」
ビット「え!?食べたことは無いです!」
釣り人「釣りたての魚ってやつは、市販されているものよりもずっと美味しいんだ!」
ビット「そうなんですか!?」
釣り人「よし、じゃあ俺がさばいて、お前さんに食べさせてやるよ!」
ビット「本当ですか!?ありがとうございます!」
そういうと、釣り人は慣れた手つきでテッカ巻きをさばき、私にくれました。
釣り人「よしできた!さあ食べてみな!」

ビット「では、釣りたてのテッカ巻きをいただきます!!」

釣り人「どうだい!? お店のよりも美味しいだろう!?」
ビット「はい!物凄く新鮮で、緑の香りがします!」
釣り人「だろう!?がっはっはっは!」
広場にいた釣り人は、とても良い方でした。
では、今週の「週間わっしょい地域放送局」はこのへんでお別れとさせていただきます!

 
 
 
 
コメント:自分の周りの友達が急に付き合い始めたので、むしゃくしゃしてやった。反省はしていない。