読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お手軽スキージャンプ

こんちは!
皆さんは、スキージャンプをしたことがありますか!?
・・・多分、無い方がほとんどだと思います。
その理由は、恐怖心だったり、負担する料金のことだったりと、様々です。
スキージャンプはとても楽しいウィンタースポーツです! やったこと無いけど!
今回は、簡単にスキージャンプの楽しさを知るために、お手軽なスキージャンプの方法を考えてみました!
これを見た後、あなたはきっとスキージャンプをやってみたくなるでしょう・・・
では、どうぞ!
 
まず、最低限用意するものは、ダンボール、ハサミ、ガムテープのみです。
家に来て漫画を読む後輩はいりません。
まあ、この材料からして既にスキージャンプもクソも無いのですが、続けていきます。
このスキージャンプは、友達などと一緒にやると面白いかと思います。
僕の場合は、後輩のビット君と一緒にスキージャンプをすることにしました。
んで、材料をそろえたら、ダンボールで、スキー板を作ってください。
スキージャンプはスキー板が命ですからね。多分。
重量、幅、長さ・・・・全て完璧なスキー板を目指してください。
んで、僕が作ったスキー板がこちら。

一般的な形のスキー板です。 板の裏側には、摩擦を少なくするため、ガムテープのツルツルした面を貼っています。
次は、ビット君のスキー板です。
スノーボード
彼は、少し機転を利かせ、スノーボードを作ってしまいました。スキーだっつってんだろ。
と、いうのも材料のガムテープ不足のため、やむを得なくスノーボードにしたそうです。
こんなことにならないためにも、材料は多い方がいいですね。5トンくらいは欲しいところです。
あ、言い忘れましたが、少しでも気分を出すために、それっぽい格好をしたほうがいいかと思われます。
それっぽい格好
これでもう、あなたは立派なスキーヤー。 見るもの全てが雪。 気分をもう那須高原です。
では早速、雪の降り積もるゲレンデへと繰り出しましょう。
  
〜移動中〜 (ワゴン車で、友達と歌いながら移動という設定)
 
車に揺られること9時間、やっとゲレンデへ到着しました!!
近所の公園
ゲレンデに到着したら、今回のスキージャンプの台を探します。
俺 「まあ、スキージャンプ台のあるゲレンデなんで、そうそう無いよなwww」
ビット「そうっすねwwwあるわけ無いですよねwwww」
俺 「あるわけn・・・あったー!!」
ビット「どっひゃー! 嬉しい!!嬉しい!!!」
ありました。
お手軽スキージャンプは、このジャンプ台を使います。
料金はなんと無料!!! これはお金の無い学生でも簡単に利用できますね!
では、改めてジャンプ台を見て見ましょう。

注目すべきはその高低差です。
うおおお
なんと高低差は約2m!! ・・・なんと恐ろしい高さ。どうりで無料なのに人がいないわけです。
そして、さらに注目すべきは着地地点です・・・
ひぃぃい
なんということでしょう・・・説明はいりませんね・・・恐ろしすぎます・・・(何かが)
俺 「今回は、家に遺書を書いてきたぜ・・・」
ビット「俺は、大好きな寿司を腹いっぱい食べてきたぜ・・・」
2人とも命がけです。
 
では、さっそくスキージャンプ開始です!
今回は2人で勝負をします。 より高く飛んだ方の勝利! 商品も出ます!
では、それぞれの目標を聞いてみましょう。
俺 「ビット、前はどの辺まで飛べると思う?」
ビット「まあ・・・・・あの辺までは余裕だろ?」
彼の指す方向・・・
それは地平線・・・
ビット「そういうお前はどうなんだ?」

俺 「僕は顔面毛だらけヤンス! 毛だらけ星人でヤンス! ヒゲ剃りは死活問題でヤンス!!」
ビット「おい!!気をしっかり持て!! 恐怖心に負けるな!!」
俺 「・・・はっ! ・・・悪かった・・・で、なんだって?」
ビット「お前は、自分がどのへんまで飛べると思うんだ?」
俺 「俺は・・・あそこまでかな?」
彼の指したのは・・・
無限なる空・・・
ビット「お互い頑張ろうぜ!」
俺 「おう!!」
では、勝負スタートです!!

先攻後攻は、コイントスで決め、先攻は僕になりました。
 
うおお
俺 「こえー!!!超こえー!!!」
意外と高さのあるジャンプ台に、おびえていましたが、
よっしゃ!
『飛ぶ』と心に決め、いざスタート!
シュパァァ
物凄い速さで坂を下り、そして・・・
踏み切って、
ジャンプ!!
これはいいジャンプです。 お手軽スキージャンプ界に衝撃が走ります!
そして、着地!
ズザッ
ドガシャァ
着地は失敗してしまいました。 お手軽スキージャンプでは、着地がとても難しいのです。
でもまあ、これは飛距離の勝負なので大丈夫です。
はたして記録は!?
うおおおお
記録は1m20cm!!!!
なんと、お手軽スキージャンプのワールドレコードを塗り替えました!!
そうなのです、お手軽スキージャンプは、飛距離もお手軽なのです。
そりゃそうですよね、これで100mも飛ばれちゃ逆に困ります。もはや事故です。
2カメの映像でワールドレコードの瞬間をもう一度!
シュァァァ
踏み切って・・・
飛翔!
そして着地
グッシャァ
素晴らしいジャンプでした! もはや鳥! じつはもう鳥なんじゃないのか!?
 
  
では次に後攻、ビット君のジャンプです!
イメージトレーニング
ビット君は、スノーボードを作ったのですが、今回はスキーでジャンプをします。
と、いうのも、スノーボードでチャレンジをしたのですが、
なんだこれ
こんなヘタレジャンプをしたもんですから、審判が大激怒。
セカンドチャレンジが許されたのです。
では、ビット君、よろしくおねがいします!
す・・・
俺 「あの低い構えは!・・・ローポーズ!」
ローポーズとは、体の耐性を低くすることです。 この技を習得するには20年の修行を必要とします。
そしてローポーズから
スタート!
風を切る音を立てながら、坂を滑り降り、
踏み切って・・・
スッポーン!
俺 「あ・・・あの軌道は!!!!!」
そして着地、
ドガシャァ
やはり、着地は失敗してしまいました。テレマークとか無理。
そして、期待の記録は・・・

なんと、1m40cm!!! さらにワールドレコードを塗り替えました!!
歓喜
ビット「やった!!俺が!!!俺が世界だぁあああああああああ!!!!」
では、二度目のワールドレコードを別カメラでもう一度!
低く滑り・・・
踏み切って
飛ぶ!!
素晴らしいフォームです。これは凄い!!
そして着地!
ズッシャァ
あまりの衝撃に、スキー板は大破してしまいました。
無残
 
勝負は、ビット君の勝利という結果で幕と閉じました。
俺 「・・・負けたよ。素晴らしいジャンプだったぜ。」
ビット「たまたまいい風をもらっただけさ、お前こそ凄かったよ。」
お手軽スキージャンプの後には、必ず熱い友情が結ばれます。
 
そして、家では約束の優勝商品が贈られました。
わーい
ジャンプなだけに
よかったね、ビット君。
部屋に魚卵をボロボロと
 
いかがでしたか!?
とてもお手軽で楽しい、お手軽スキージャンプ
あなたも新しいウィンタースポーツに挑戦してみてはいかがでしょうか!?
では、今日はこのへんで!
ではまた!