読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の日

こんちは!
みなさんは、昨日の5月5日が何の日かおわかりでしょうか?
そうですね。 5月5日は『子供の日』ですね。
この日は、子供が強く、丈夫に育つように兜をかぶったり、ショウブという草をお風呂に入れたりする風習があります。
僕の家でも、去年まではお風呂にショウブを入れたりしていました。 そう、去年までは・・・
実を言うと、今年の僕の家では子供の日をまるで祝っていないんですよ。
去年まではお風呂に入れたショウブの葉っぱで
俺 「うひょwwwwショウブの葉っぱチクチクしすぎだろwwwむしろかゆいわwwww」
などど、遊んでいたのですが、今年はそれが皆無でした。
と、いうことで今日は1日遅れの『子供の日』を祝おうと思ったのですが、
普通に子供の日を祝ってもつまらないな。と、思い、
もう、開き直って5月6日を『大人の日』ということで自分の中で決定し、
『大人の日』として、今日を祝うことにしました。
子供はいつの間にか大人になってしまうものです・・・子供の日を祝うのを忘れた親へ、それを見せ付けてやります。
と、いうことで今日は、1日中、大人な振る舞いをしてやろうと思います。
 
1. 服装など
まずは服装です。
服装とはとても大事なもので、服装一つで大人と子供の区別をつける人さえいます。
とりあえず、今の服装を見てみましょう。

さっきまで、別の撮影をしていたのでとんでもない格好です。 これは子供っぽいですね。
ちなみに、股間のお面は友達のビット君が僕の家に置いていった物です。勝手に使ってごめんね。
服装を直す前に、髪型を直します。 髪型も色々と重要ですからね。
ちなみに、今の髪型は伸び放題のモジャモジャヘアー。その上雨による湿気でクルクルしてしまっています。
だめヘアー
こんなんじゃ一人前の大人として恥ずかしいので、きっちりと大人っぽい髪型にしてみましょう。
お約束
とりあえず、ポピュラーな大人の髪型の「七・三分け」にしてみました。
それと、見にくいですがオプションとしてメガネもかけました。
 
髪型を直したら、さっそく服装を大人っぽくします。
立ち幅跳びで2m68cm跳んだ足
この、子供っぽい服装を大人っぽく変えてみます。
ちょうど良く、祖父から大人っぽい服をいただいたのでそれを着て、大人っぽい服としました。
それがこちら。
 
どことなくデリシャス
スタイリッシュですね。 それとなくスマートに見えます。
ちなみに、ズボンのお尻に猫の毛が異様に付着していました。
なぜ尻だけに。
俺 「あせらないぜ・・・・?」
が、もう体の芯から『大人』な僕はそんな事ではあわてません。
スマートにガムテープでお尻をペタペタして毛を取ってやりました。
俺 「ふふふ・・・ぎょう中検査みたいだぜ。」
クールな大人ジョークも飛びます。素晴らしいですね。
 
 
2. 家族を見守る
大人たるもの、常に家族を優しく見守らなくてはいけません。
そして時には激しく叱り、 時には優しく抱きしめなくてはいけないのです。
そんな事を思っていると、中学2年生の反抗期真っ盛りの長女がクッキーを作っていました。
僕はそれを優しく見守ってあげることにしました。
・・・
長女「・・・・・・・・・」
俺 「・・・・・・ふーん・・・・」

長女「・・・・・・・・・」
俺 「・・・・・・・・・っへぇー・・・・」

長女「・・・・・・・・」
俺 「・・・・ほぅ・・・・・」
怒られた。
怒られました。
 
長女「邪魔なんだよ! 見てんじゃねぇよ死ね!! 気持ち悪いんだよ!」
俺 「またまたそんな冗談を・・・これは小麦粉かい?」
くんくん
ブホッ
・・・
長女「死ね!!!!」
俺 「平安だね。まさに。」
喜んでもらえてよかったです。
 
 
3. 自動販売機で買い物
大人たるもの、自動販売機でのマナーもしっかりとしているものです。
相手が機械だとしても、大人のマナーを貫き通す僕の生き様をしかと見てください。(意味わからん)
テクテク
ここは、最近出来た新興住宅街の自販機です。 品揃えは良い感じです。
大人な僕は、コーヒーを買うことにしました。
コンコン
まず、軽くノックをします。いきなりお金を入れると、自動販売機にセクハラとして訴えられるかもしれませんからね。
千円
ノックをしたらお金を入れます。
ポチ
お金を入れましたら、コーヒーのボタンを優しく押しましょう。
この時、強く押してしまうと、自動販売機から
自販機「エッチな人は嫌い!死ね!」
と、言われ、欲しくも無いドクターペッパーを30本程出してきますので気をつけましょう。
ガタンッ
商品が出ましたら、きちんとお辞儀をします。
礼儀
そして、決め台詞を言って終了です。
俺 「お釣りはいらねぇよ・・・・商品もな・・・・」
帰ります。
そうなのです。本当の大人とは、お釣りだけでなく、品物さえも受け取るのを放棄するのです。
これで、次に来た人に「お、ラッキー」と思わせてあげることができますからね。
常に、自分が全体の奉仕者であることを確認しましょう。
んなことできるか。
が、まだ大人になりきれなかった僕は、商品を受け取ってしまいました。
そして、家に帰ってコーヒーをスマートに飲みました。
ゴクリ
アイスでした。
ホットがよかったです。
 
 
4. ラムネチャレンジ
大人たるもの、何事にもチャレンジする精神を忘れてはいけません。
そんなチャレンジ精神を忘れないため、僕はあるチャレンジをすることにしました。
ラムネ
俺 「このラムネを・・・・鼻に入れます。」
このラムネを鼻の穴に一つずつ入れてみようと思います。
ぐい
ぐい
チャレンジ成功!
俺 「だから、なんだ。」
ポロっと本音が出てしまうのも大人の証拠ですね!
 
 
5. 二人羽織(ににんばおり)
やはり大人たるもの、『応用力』が大切になってきます。
と、いうことで今回は、その応用力を試すために二人羽織をしてみようかと思います。
二人羽織→一人が肩にはおった羽織の背中にもう一人がもぐり込み、両手を袖に通して、手探りで前の人に飲食をさせたりする芸。
この二人羽織は、後ろにいる人が前にいる人の腕の代わりになり、前の人に食べ物を食べさせるというものでして、
その性質上、後ろの人は視界がゼロなため、うまく前の人に食べ物を食べさせられないのです。
そんな中、今回僕が食べるものはこちら!
湯気むんむん
お茶漬けです!
本当はおでんがよかったのですが、あいにく用意できませんでした。すみません。
早速僕は弟を風呂場に呼び、二人羽織をすることに。
あーん
グオッ
弟 「どのへん?」
俺 「もっと上!!!」
・・・
ジュ
俺 「あっちゃぁあああっああっああああ!!!」
それでもなお押し込む
結果こうなる
その後、レンゲからこぼれた汁が腹にかかったりでヤケドをしました。怖い怖い。
結局、二人羽織は成功できませんでした。応用力はまだまだなようです。
 
 
 
結論
自動販売機で商品を受け取ってしまったり、二人羽織ができなかったりと、僕は大人になりきれませんでした。
結局のところ、僕はまだ子供なようです。
それでも僕は、立派な大人になってみせます!!
そのためにも、子供という『現在』をしっかりと生きてみたいと思います!
今日は、人生についてよく考えさせられた一日でした。
では、今日はこのへんで!
ではまた!