読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乾布摩擦で元気いっぱい!

 
朝、6時前。

 
空はまだ日の出前、気温は一桁です。

気温9℃
 
が、そんな早朝の寒い日こそ、真の男は燃えるもの・・・
 
ザッザ・・・
ザ・・
ふんどし
真の男たるもの、パンツなんて横文字な物を身につけません。フンドシです。手作りです。
 
吐きそうだぜイエー
寒すぎて吐きそうですが、男のたしなみ、「乾布摩擦」をしていこうかと思います。
乾布摩擦→ 自分の肌を布でこすり、その摩擦熱で体温を温めること。 健康的。
 
これでこすります。
それでは、レッツ摩擦!
 
ゴシゴシ
ゴシゴシゴシ
 
もう死ぬほど寒いもんですから、神に頼む勢いでゴシゴシします。
 
アゴが寒い
股間が寒い
 
色々なところをゴシゴシゴシゴシしているのですが、何故か一向に温かくなりません。
裏切られた気分
 
この時僕は、昔テレビで見た「身体の温め方」を思い出しました。
俺 「・・・確か、わざと冷たいものに触れると、逆に身体が温まるんだよな。」
そんな事を考えていたら、偶然にも隣に水が入ったバケツがありました。偶然って怖いですねへへっ。
あらま
 
ちなみに水温は8℃でした。
これに、タオルを浸けまして
死ぬ程冷たい
じょぼぼぼ
心の準備
深呼吸をしたら、乾布摩擦ならぬ「濡布摩擦」のスタートです!
 
・・・
俺 「ふんぬッ!!」
 
ビュン
ビシャァア
ぎゃあああ
 
俺 「・・・!!・・・っっ・・・!??!っ?!」
 
それはそれは
厳しい
摩擦でした。
・・・
シュバッ
ビターン
 
が、ここまでしても僕の身体は寒いまま、涙さえも出てきました。
ふざけんな
 
身体を冷やして逆に温めようというならば、湿らせたタオルなどヤワなものではいけないようですね・・・
かくなる上は・・・
 
 

わっしょい

死死
死死死
・・・
 
明らかに心臓が、「だめだよもう!」って怒っていました。
 
あうあう
立とうと思っても身体が凍えて立てません。
 
うずくまる僕と危険地帯
 
ようやく少し回復したので、立ち上がってみると、水のせいなのかオチンチンが見えていました。
  
ポロリんぽ
あってよかったバケツ
 
とりあえずバケツで隠しておきました。
 
 
と、いうことでさようなら
そして僕は、何かをやりきった感動を味わいながら家に帰りました。
 
 
結局、身体は冷えてしまいましたが、
僕の心には、「早朝に乾布摩擦をした」という事実が刻まれました。
これには身体の温度に関わらず、心から『やってよかった!」と思えました。
ありがとう乾布摩擦!! ありがとう冷水乾布摩擦!!
これからも僕は乾布摩擦を続けます! そう・・・何年も・・・何十年も!!!!!
 
 
 
 
 
んなわけねーだろ。
寝込んだ。