読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホットパンツをはこう

 
左:ビット/右:俺
 
俺 「ホットパンツを、はこう。
 
  
「普通のパンツ」

下着
  
 
「ホットパンツ」

ホットパンツとは丈の短いズボンのこと。ショートパンツに分類される。参考
 
  

 
熱湯
 
電子レンジ
 

 

 
90℃
「HOTパンツ」
 
 

 
俺 「ホットパンツを、はこう。
 
 
十五夜のお月見を先取りし、以下の写真の股間部分にお月様をあしらいました。華麗な月のダンスをご覧ください。
 
 

 
 
俺 「・・・せーの。」
 
グワッ
合図と共に、勢いよくホットパンツをはく二人。
  
反射
俺 「オアギャ!!!!!!!!」
あまりの熱さに、俺の体が宙に浮く。
 
スタッ
俺着地、急いでパンツを脱ぐ。 同時にビット君がパンツをはく。
 
 

ビット「んつぅえ゛ッン゛!!!!!!」
ビット君はパンツをはききる前にあまりの熱さにパンツをおろす。
 
再び
たまらずパンツをおろすビット。 そして何を考えたか再びパンツをはきだす俺。
 
ドスンドスン
俺 「オアギャ!!!!!!!!!」
やっぱり熱かったために、たまらずパンツをおろす俺。 何故か突然跳ねるビット。
何故熱いとわかっていながらも、再びパンツをはいたのかは不明。
 
ドタバタ
暴れる二人。 ホットパンツがからまり、うまく脱げず。このままでは死ぬ。
 
ふざけんなよ
ビットのホットパンツが無事離脱。 しかし俺の顔に貼りつく。
 
俺 「オッチョッツアッチャァッチャア!!!!!!」
助けて
俺のパンツが脱げない。 パニックし過ぎて跳ぶ。
ビット、動かなくなる。
 
ギャース
着地失敗。
ビット、まだ動かず。
 

着地の勢いで、ひっくり返り恥ずかしいポーズになる。 ちょっと泣く。
ビット、動かない。 死んだのではないか。
 
 
この後暴れに暴れ、なんとか足に絡まったパンツを取る事に成功。
しかし、手、尻に軽いヤケド。 死ぬほど後悔した。
 
後悔の意
 
  
Q.何故、こんな事をしようと思ったのですか?
A.「ホットパンツは夏に着るものなのに、名前が暑苦し過ぎだから。」
 
Q.ホットパンツの名前が暑苦しいことと、今回のこの行動は関係あるのですか?
A.「実際のホットパンツは暑苦しい名前をしておきながら熱くはない。なので本当の熱いパンツを作ろうと思った。」
 
Q.一人で実行せず、ビット君を呼んだ事について。
A.「ビットが自身の家の鍵を忘れ、家に入れなくなったそうなので、呼んで全裸になってもらった。反省はしていない。」(ARuFa)
「急に呼ばれて熱いパンツをはけと言われた。」(ビット)
 
Q.感想をお聞かせ下さい。
A.「熱くて何も考えられなくなった。」(ARuFa)
「部屋で二人で裸になるって、俺達は一体どういう関係なんですか。」(ビット)
 
超スピード
この後、親が来ました。
 
 
さようなら、青春。