読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連休だったので実家に帰りました!

こんちは!
新幹線のトイレでウンコをした場合、人間が時速200kmで地面と並行にスライド移動しながら脱糞をしていることになりますよね、どうもARuFaです。
凄いですよね。もしも電車や新幹線が完全に透明だったら、ケツ丸出しの人間が目の前を一瞬で通り過ぎて行くんですよ。
水木しげるなら『妖怪マッハノグソ』と名付けるんじゃないでしょうか。
 
・・・さてさて、先日の土曜日からはお待ちかねのゴールデンウィークが始まりましたね。
大型連休ということで、皆さんの中には旅行に行ったり友達と遊びに行ったりした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
僕はというと、先日の土曜日には久しぶりに千葉県の実家に帰りました
一人暮らしを初めて早一ヶ月が経つ僕ですが、連休くらいしか実家に帰れないということで、ここぞとばかりに帰りまくってやった次第なので、本日の記事ではその事について書かせていただきますね!
果たして、久しぶりに帰る実家の様子は以前とどのように変化しているのか!? 飼い猫達は元気でやっているのか!?
ドキドキの実家の様子をお送り致しますので、是非ご覧ください!
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4月26日(土)

この日、僕は16時に実家の最寄り駅に到着しました。
本当はもう少し早めに実家に帰りたかったのですが、しばらく家を空けるということで掃除や洗濯などをしていたら出発が遅れてしまったのです。
家を空けるとなれば、空き巣が入っても気持ちよく仕事ができるように部屋はキレイにしておくべきですからね。
「急な客人が来ても大丈夫なように、家は常にキレイにしておくといい」と祖母も言ってしましたし、これなら空き巣も喜んでくれるでしょう。
 

最寄り駅からしばらく歩くと、家の近くの畑に差し掛かりました。
久しぶりにこの畑も見た気がしますが、何となく草木が伸びた気がします。
・・・そして、伸びたと言えば僕の弟である次男の背
成長期である次男の身長はそろそろ僕を追い抜きそうなので、追い抜かれていた場合はその分チョップでヘコませないといけません。
というわけで、畑の横を抜けて実家に到着した僕は、チョップの素振りをしつつ玄関のドアを開けて家に侵入。
 
ガチャ
 

部屋には、早速次男がいました。
 

「ただいま。」
 
 

 
 

「ア゛ィィィィイイイイイーーー!!!」
 

「ア゛ィィィィイイイイイーーー!!!」
 

「はーーーーーーーーーーーい!!!!」
 

「ア゛ィィィィイイイイイーーー!!!」
 

「はぁーーーーーーーーーーい!!!!」
 

「おかえり。」
 

「ただいま。」
 
・・・感動の再開でした。
出会って2秒で同時に奇声を上げるというのは発情期の野良猫だけで十分ですが、あの瞬間は嬉しさのあまりどうしても暴れなくてはいけない気がしたのです。
ちなみに次男の身長は僕と全く同じだったので、今回はチョップ無しで済みました。よかったね。
 

リビングを見渡すと、相変わらずの汚さ加減で安心しました。
次男が言うには他の家族はそれぞれ外出中とのこと。しかし「飼い猫は2階にいるよ」という情報を受け、僕は急いで2階に飛んでいきました。
一人暮らしをする前には散々可愛がって懐いていた飼い猫たちですが、僕を覚えていてくれているのでしょうか。
 

息を切らして猫がいると聞いた部屋に行くと、そこには飼い猫であるココさんが寝ていました。
ココさんは我が家で一番古株の猫。つまりは僕と一番長い付き合いの猫です。
 

「うおおおおおーーーーー!!!!!」
久しぶりに再開した僕に、ココさんは一体どんな反応をしてくれるのでしょうか!? 早速起こしてみました。
 

「おい! ココ!! 俺だよ!! 覚えてる!? ねえ!!!」
 

「・・・・」
 

「・・・・・」
 

「へふ。」
 
二度寝
「スゥ・・・・」
 

えっ?
え、何なの? 久しぶりに会った反応が「へふ。」ってなんなの?
そこはせめて「ニャー」じゃないの? 「へふ。」ってどういう感情なんだよ。そんでもって二度寝ってお前。
あまりにも意味不明な反応に戸惑う僕でしたが、ココさんの近くには別の飼い猫であるシロケツも寝ていたので起こしてみました。
 
シロケツ
シロケツは、我が家の飼い猫の中でも一番若い猫。しかし僕に非常に懐いてくれていた猫です。
シロケツならば僕を見て喜んでくれるはずですよね。
 

「おーい、シロケツ! 覚えてる!? 帰ってきたよ!!!」
 
  

「ッコス!」
 
 

えっ?
・・・今度は凄い表情で「ッコス!」って言われました。意地でも「ニャー」とは言わないつもりなのでしょうか。
ッコスって。ッコスって何? 「コロス」ってこと? だからそういう表情なの? 怖いんですけど。
 

何だかどっと疲れました。今日は猫に癒やされるために実家に帰ってきたようなものだったのですが、まさかの反応にショックを隠せません。
ちなみに我が家にはもう一匹ウメという猫がいるのですが、そいつは外出中とのこと。
 
・・・僕はショックをごまかすために、現実逃避として次男の勉強机をあさってエロ本でも隠していないかと探ることにしたのですが、
 

 

 

紙いっぱいにチン毛が描かれたスケッチブックを発見してしまい、さらに落ち込みました。
久しぶりに帰ったこの家には、絶望しかないのでしょうか。
 
・・・と、思ったら家族が一気に帰ってきまして、
 


先日4月21日の誕生日祝いのケーキを、何故か2個もプレゼントしてもらいました。
 

真顔の背後霊が気になりますが、とても嬉しかったです。
 

さらには先程「へふ。」と言って二度寝をしたココさんも僕のことを覚えていたようで、また普段のように甘えてきてくれました。
挙句の果てには、誕生日プレゼントとして『おっぱいタオル』ももらえて感無量です。l
 

・・・最初こそ度重なるショックで絶望のフチに立たされていた僕でしたが、物凄い勢いで幸せなことが起こったので、テンションの差で風邪を引くかと思いました。
その後はのんびりと実家に一泊したのですが、一人暮らしをして初めて実家のありがたみがわかった気がします。
何より、温かいご飯を食べることができたのが最高でしたね。
今現在は一人暮らしをしている家でこの記事を書いているのですが、早速また実家に戻りたくなってしまったので近いうちに帰ろうと思います。
それでは、今日はこのへんで失礼させて頂きたいと思います!
また実家に帰った際には、ご報告させていただきますのでお楽しみに!
では、今日はこのへんで!
ではまた!